ホーム | 日系社会ニュース | ラーモス移住地=ナガサキ誓いの灯初めて海外へ=小川さんの平和資料館に分灯=120周年記念、世界平和願う
11月30日付長崎新聞。分灯式で種火を受け取った井上祐見(左)と中嶋代表
11月30日付長崎新聞。分灯式で種火を受け取った井上祐見(左)と中嶋代表

ラーモス移住地=ナガサキ誓いの灯初めて海外へ=小川さんの平和資料館に分灯=120周年記念、世界平和願う

 世界平和の願いを象徴する〃ナガサキ誓いの灯〃をブラジルに――日伯外交樹立120周年を記念して、サンタカタリーナ州ラーモス移住地の草分け、長崎の被爆者の故・小川和己さんが私財を投じて2010年に建設した平和の鐘公園にある「平和資料館」へ、長崎を最後の被爆地とする「ナガサキ誓いの灯」を分灯することになった。9日には聖市内ホテルで「種火到着報告会」と記者会見、12日には現地ラーモス移住地で式典が行われる。この様子はNHK長崎放送局が日伯密着同行取材して放送するという。

 「ブラジル・日本平和の絆交流会」(中嶋年張代表)が主体となり、日伯友好議員連盟(麻生太郎会長)も後援に入って協力を呼びかけ、地元サンタカタリーナ州やフレイロジェリオ市が正式に受け入れ表明した。
 今回、「ソウ・ジャポネーザ」などの移民歌でコロニアおなじみの歌手の井上祐見が〃分灯の使者〃として14回目の来伯、息子「笠戸丸ともやす」も初めて同行する。日本側の分灯式典は11月29日に長崎で、12月1日には河村建夫友好議連幹事長らも出席して在京ブラジル総領事館(マルコ・ファラー総領事)で開催済み。
 井上祐見のマネージャー・中嶋代表は長崎出身。ラーモスを3度訪れ、小川さんから直接に被爆体験を聞き、地元の小学生らと交流を深める中で、《小川さんの願いである「恒久の平和」への想いを繋ぎ、灯していく為に「ナガサキ誓いの灯」を分灯する活動を決意しました》と趣意書に動機が説明されている。
 旅客機に〃火〃を載せることは大変困難であり、当初はジウマ大統領が訪日する際に専用機で運んでもらえないかと交渉するなどの苦労もあったが、灯を電気に変換してランタンとして手荷物で運ぶことになった。
 またパリ経由で来る予定だったため、突然の同時多発テロの発生で空港警備の厳重化が危ぶまれたが、中嶋代表は「平和の灯がテロに屈する形で予定を変更したくない」とあえてパリ経由のまま来伯する。
 その昔、ギリシャで古代五輪中、聖火が灯されている間は全ての戦いが中止されたとの故事から、聖火は「平和の象徴」とされ、人類最後の被爆地長崎に83年、その聖火が贈られた。日本国内では8カ所に分灯されたが、海外は今回が初めて。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 120周年で初期移民を顕彰=若手日系人が「縁」公演2015年9月15日 120周年で初期移民を顕彰=若手日系人が「縁」公演  日系三、四世の若者が「先祖に感謝を伝えたい」との想いから「エン・ラッソス」(水本エリアネ代表)を結成し、先月29日、聖市リベルダーデのFECAP劇場で外交120周年記念公演「縁―運命の絆」を行った。400人収容の会場はほぼ満席になり、観客は若手の新たな試みを温かい目で見守った […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • 今月上旬にはサンタカタリーナを訪れ、ライムンド・コロンボ知事(左)と会談した(州政府提供)2015年7月16日 外交120周年=梅田大使、各知事と対談=リオでは月末に音楽祭  日伯外交関係樹立120周年記念事業ブラジル実行委員会(梅田邦夫委員長=駐伯大使)は8日午後、在聖総領事館で第7回会合を行ない、記念事業に関する状況を確認し、会議後に梅田大使らが取材に応じた。 花火祭り(9月12日、聖市インテルラゴス)はコシノ・ジュンコ氏演出のもと、約45 […]
  • ロゴを背にしたブルーノ・ヒトシさん2015年2月4日 120周年第4回会合=大統領訪日と皇室ご来伯実現へ=日本館改修も記念事業に=練習艦隊数カ所に寄港か=リオも独自に事業進める  日伯外交関係樹立120周年記念事業ブラジル実行委員会(梅田邦夫委員長=駐伯日本国大使)は2日、在聖総領事館で第4回会合を行なった。構成員の日系5団体ら約20人が出席した。会議後に梅田大使、福嶌教輝在聖総領事、山元毅(つよし)在リオ総領事が会見し、目玉企画の花火大会と展示会 […]
  • 梅田大使がブラジルに別れ=W杯、外交120周年、五輪経て=「ありがとう」日系社会に感謝2016年10月1日 梅田大使がブラジルに別れ=W杯、外交120周年、五輪経て=「ありがとう」日系社会に感謝  ブラジル離任が発表された梅田邦夫特命全権大使が先月29日、サンパウロ市にある本紙編集部へあいさつに訪れた。2014年3月の着任から2年7カ月。話題の多かった任期中を「激動の時代」と振り返りつつ、「たくさんのご支援を頂いた」と日系社会に対し感謝を伝えた。  サッカーW […]