ホーム | 日系社会ニュース | 将棋=最強者戦=高嶋六段が優勝、2冠に=小中高大会には42人参加

将棋=最強者戦=高嶋六段が優勝、2冠に=小中高大会には42人参加

優勝杯と大会旗を持つ高嶋ロベルトさん

優勝杯と大会旗を持つ高嶋ロベルトさん

 ブラジル将棋連盟(山田考由会長)は11月29日、『第34回最強者戦』と『小中高等学校将棋大会』を同連盟会館で行い、各大会に18、42人が参加した。最強者戦ではパラー州ベレンから参加した高嶋ホベルト六段(61、二世)が6勝1敗の成績で優勝を果たし、9月に行われた全伯名人戦大会とあわせ2冠を保持することとなった。試合後、高嶋さんは「とても良い大会だった。次の大会も優勝したい」と3冠への意欲をみせた。
 『最強者戦』は初・二、三、四の各段、最強者(五、六段)のカテゴリーに分かれて行われた。10月に家族で渡伯してきたばかりの加藤修仁くん(12、東京)は、日本将棋連盟東京将棋会館道場で初段位を持つことから四段戦での参加となった。3勝1敗の成績で準優勝を果たし、「勝つことは出来たが、一部内容に不満が。次は全勝を目指す」と、当地将棋愛好家達との真剣勝負を楽しんだ。
 『小中高等学校将棋大会』は、将棋入門者向けのどうぶつ将棋の部と本将棋の部に分かれ、年齢別の各カテゴリーで腕を競った。本将棋10歳の部で優勝したフラウビア・イワクラさん(四世)は「とても楽しかった」と大会を満喫。応援に来ていたフラウビアさんの父、サンドロさん(三世、41)は「娘が日本文化に興味を持ってくれていることが嬉しい」と話した。
 優勝者は次の通り(敬称略)。【最強者戦】高嶋ホベルト 【四段戦】大谷正敏 【三段戦】立岩清志 【初・二段戦】石川達也

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • スキヤキ・ド・ベン13日に=美食と陶芸とショーで寄付2019年9月10日 スキヤキ・ド・ベン13日に=美食と陶芸とショーで寄付  一流シェフが最高の料理を提供し、陶芸家・本間ヒデコ氏の器に盛って楽しむ慈善晩さん会――「第13回スキヤキ・ド・ベン 陶芸・アートと食文化の融合」(本間氏監修)が13日(金)午後7時半から、聖市チヴォリ・モファレジュ・サンパウロ・ホテル(Alameda Santos, […]