ホーム | 文芸 | 連載小説 | パラグアイ=入植地調査よもやま話=坂本邦雄 | パラグアイ=入植地調査よもやま話=坂本邦雄=(4)

パラグアイ=入植地調査よもやま話=坂本邦雄=(4)

1950年製のウィリーの参考写真

1950年製のウィリーの参考写真

 なんの事とはない、私がチームの案内、通訳、運転の3役を受け持ったのである。そして、瀬川、田中両技師と街へ出て、食料品店で缶詰、飲み物その他雑多な10日分ばかりの用品を揃え、ジープの後ろの「フタ」を開いて、その上に速成した代用荷台に上手く積み込んだ。
 この他にスコップ、アッチャ(斧)、マチェッテ(山刀)、それに応急医療品や毒蛇血清注射等も用意した。だが、もし、いざ毒蛇に噛まれたら誰が注射を出来るのかな等と思った。
 私は、蛇はゴムの匂いを嫌うと聞いていたので、古タイヤのゴムを打った半長靴を履いて行った。しばらくして用意万端が整い、「サア、明日はイヨイヨ出発だ」というその晩は黒田公使が公邸で吾が調査チームの〃壮行会〃だと申され、晩餐に招いてくれた。
 同席した黒田夫人が、「未開の土地調査は大変でしょう」と、色々ジープの性能などを聞かれ、「皆さん、気をつけて行ってらっしゃい」と、励まされた。
 翌日は一同会社の「虎の子」のジープに乗り込んで東方伯国フォス・ド・イグアスー市対岸のパ国側プレシデンテ・フランコ港町へ向けて勇んで出掛けた。
 その頃は、現在は急成長都市のシウダ・デル・エステと改名された旧プレシデンテ・ストロエスネル市の片鱗さえもいまだ見られなかった時代だった。
 途中のコロネル・オビエド市までの道路はまだ舗装されてない区間もあったが、まずは順調で、次のカアグアス市への道は材木搬出の林道のようなヒドイ道路だったが、我がジープはその威力を発揮し、難なくカアグアスに着き、第一日目の夜をここで明かした。
 しかし翌日からの道程は、政府が建設に取り掛かったブラジルへ向けての新国際道路計画線は伐開中で、とても通れたものではなく、昔からの材木業者の作業道路を辿って行くしかなかった。
 したがい、カアグアスから先のカンポ・ヌエベ(9)への道は大変なもので、途中で突き当たった前日の雨で増水したある川の、丸太を?いで架けた長い二本橋は、軌道が材木搬出トラックの車輪の幅に合わせて出来ていて、しかも半ばで曲がりくねっているのである。
 要はウィリスジープの車輪の幅はトラックよりも狭いので、それを特に曲がった箇所を踏み外さない様に上手く通すのが問題だった。
 そこで、同伴の田中技師がジープを降りて注意深く先導して下れて〃鰻の寝床〃の様な丸木橋を無事渡ったが、瀬川技師は随分ヒヤヒヤしたらしい。
 それからの道もメノニタ植民地の先住入植者で、当時はパラグァイでは無かったキャタピラーの一番大型のD-8ブルドーザーの持ち主が、土木省との契約で原始林を伐開して開いた赤紫土(テラローシャ)の新国道予定線を、がたぴしジープに揉まれながらパラナ河畔のプレシデンテ・フランコの、いまだ電気もない暗い町に着いたのが既に夜更けだった。
 さて、翌朝そこからの行程はモンダイ滝の上流を危なっかしくジープを渡し、一路エンカルナシォンへ南下する予定だった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • パラグアイ=入植地調査よもやま話=坂本邦雄=(6)2015年12月16日 パラグアイ=入植地調査よもやま話=坂本邦雄=(6)  で、ペオンにその辺に寝る場所を適当に用意してもらい、一同牛缶で夜食を済ませ、ペオンには持参のカンニャ酒を振舞ってねぎらい、自分も飲んだ。 パラグァイの地酒カンニャは銘酒でブラジルのピンガに相当するサトウキビの蒸留酒だが、田舎の山の中で飲むとその雰囲気に良く合って、また一味違い […]
  • パラグアイ=入植地調査よもやま話=坂本邦雄=(3)2015年12月11日 パラグアイ=入植地調査よもやま話=坂本邦雄=(3)  ところが、アスンシォン港に着いて上陸し、市内に入っても、いつまでも都市らしい街が見えず、アスンシォン市はまだ遠いのかと尋ねたが「イヤ、ここがアスンシォン市なのです」との返事に、黒田公使もいささか驚いたと言う。 当時のアスンシォン市といえば人口20万人位の都市で、近代的な様相は […]
  • パラグアイ=入植地調査よもやま話=坂本邦雄=(2)2015年12月10日 パラグアイ=入植地調査よもやま話=坂本邦雄=(2)  この超国家主義のフランコ新政権は外国移民の導入に限定的な規制を敷き、前政権との移民政策は対照的に異なり、おりしもブラジルの〃移民二分制限法〃の影響もあってか、同年4月30日付でようやく下りた、日本人農業移民100家族の導入を認める大統領令第1026号には「試験移民」という厳し […]
  • パラグアイ=入植地調査よもやま話=坂本邦雄=(1)2015年12月9日 パラグアイ=入植地調査よもやま話=坂本邦雄=(1)  早いもので、来年(2016)は「パラグァイ日本人移住80周年」を迎えるに当り、様々な記念行事のプログラムの準備が各関係当事者の間で着々と進められている。 言うまでもなくその起源は、戦前の初にして唯一の日系集団計画入植地、現ラ・コルメナ市の開拓に内田千尋初代パラ拓支配人と笠松尚 […]
  • パラグアイ=入植地調査よもやま話=坂本邦雄=(9)2015年12月19日 パラグアイ=入植地調査よもやま話=坂本邦雄=(9)  この少佐の兵科は、元は空軍ではなかったのが、例の1947年の大革命中、政府軍の偵察機の偵察兵として搭乗し任務に当っていたが、ある日パイロットが敵弾で即死した為に、急遽自分で飛行機を何とか操って無事着陸し助かったというエピソードで有名な軍人だった。 それが病み付きで兵科を替えて […]