ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | ZV発見に医療規範変更=保健省が妊娠検査器具配布=小頭症予防に対処呼びかけ

こちらの記事もどうぞ

  • H1N1の脅威止まらず=既に過去2年の死者数突破2016年4月27日 H1N1の脅威止まらず=既に過去2年の死者数突破  【既報関連】保健省が25日、今年のA型インフルエンザ(H1N1)が原因の死者数は、既に14、15年の死者数の合計を超えたと26日付エスタード紙が報じた。 1月以降、4月16日までに確認されたH1N1による死者は230人で、早くも14、15年の199人を上回った。 また、H1N […]
  • W杯予選に虫除けプレゼント=スアレスよりジカ熱の方が怖い2016年3月23日 W杯予選に虫除けプレゼント=スアレスよりジカ熱の方が怖い  25日、サッカーの18年ワールドカップの南米予選、ブラジル対ウルグアイ戦がペルナンブッコ州レシフェで行われるが、この試合に関連し、ブラジル・サッカー連盟(CBF)が異例の発表を行った。 それは、この日、試合会場となるペルナンブッコ・アリーナに来場する観客、関係者、選手、約10 […]
  • ジカウイルス=連邦政府も蚊対策を約束=小頭症の報告例15%増加2015年12月24日 ジカウイルス=連邦政府も蚊対策を約束=小頭症の報告例15%増加  小頭症増加とジカウイルス(ジカ熱)の関係確認などで、保健省が22日、1月末までに全戸訪問を行い、ネッタイシマカの発生源撲滅を公約したと23日付伯字紙、サイトが報じた。 感染症撲滅のための活動を展開中の保健省職員4万3900人と陸軍兵の他、26万6千人を新たに動員、デング熱やチ […]
  • ジウマ大統領=リオの免疫生物学技術研究所を訪問=1千万レアル規模の研究援助も発表2016年3月12日 ジウマ大統領=リオの免疫生物学技術研究所を訪問=1千万レアル規模の研究援助も発表  ジウマ大統領は10日午後、リオ市北部のオズワルド・クルス研究院(Fiocruz)内にある、免疫生物学技術研究所(通称バイオ・マンギーニョス)を訪問した。同研究所はブラジルの主要な免疫学研究センターだ。 ジウマ大統領は午後5時頃、ヘリコプターで研究所のサッカーグラウンドに到着し […]
  • チクングニア=患者数は去年の10倍=死者は20倍優に超える2016年12月13日 チクングニア=患者数は去年の10倍=死者は20倍優に超える  デング熱やジカ熱同様に蚊が媒介するチクングニア熱が猛威を振るっていると12日付グローボニュースが報じた。  チクングニア熱は発熱や発疹、痒み、関節痛など、様々な症状を呈する上、関節痛が長期間続く例も多い。  今年最初の37週間の患者数は23万6287人とされ、昨年同期の2 […]