ホーム | 日系社会ニュース | 紅白餅配布に長蛇の行列=大晦日恒例の餅つき祭り
カサビ元市長も力強く餅つき
カサビ元市長も力強く餅つき

紅白餅配布に長蛇の行列=大晦日恒例の餅つき祭り

 リベルダーデ商工会議所(ACAL、池崎博文会長)ほか、日系4団体主催の『第45回餅つきまつり』が昨年大晦日朝からリベルダーデ広場で行われた。
 無料で振舞われた2万袋の紅白餅を求めて、開始の午前8時を前に1時間程前から列ができた。遂には400メートル程度も伸び、イタウー銀行を過ぎたあたりで折り返しの列ができ、さらに同広場に辿りつきそう勢い。大晦日の聖市の風物詩として定着していることが伺われた。
 正午まで無料の雑煮、茅の輪くぐりや絵馬の販売も用意され、日系や非日系が一緒になって、正月に向けた準備を整えた。
 9時半から行われた開会式には池崎会長、中前隆博在聖総領事、文協、県連、援協、アリアンサほか日系諸団体の代表者が一堂に会した。太鼓の演奏で新年に向けた機運を高めた後、代表者から挨拶があった。
 その後、多くの見物客が集まる中、餅つきも行われた。ジルベルト・カサビ元聖市市長(現都市大臣)も出席、杵を振り上げ、広場には威勢のいいかけ声が響いた。
 一行は会館に移動、「移民送別の歌」「一月一日の歌」などを合唱した後に乾杯、婦人部手製の紅白の餅が入ったおめでたい雑煮を味わった。出汁の効いた品のいい味に、一人3杯も御代わりする人も。厨房は調理と食器洗いで、戦場さながらだった。
 同祭を支えているのは、ACAL婦人部やリズム体操会の皆さんだ。ラジオ体操会も会員50人で前日から一日中餅の袋詰め、当日も餅つきの準備に大忙しだった。鹿又信一会長(のぶかず、80、東京)は、「我々は毎朝この広場を使わせてもらっているから、誰よりも親しみがある。体操とは違う〃運動〃も、たまにはいいもの」と餅米のふかし具合を見つつ杵をふるい、真夏の大晦日にしたたる汗をぬぐった。

image_print

こちらの記事もどうぞ