ホーム | 日系社会ニュース | ■ひとマチ点描■「富め明日、トメアスー!」=ポルキロ店主 佐々木ジェトゥーリオさん(51、二世)

■ひとマチ点描■「富め明日、トメアスー!」=ポルキロ店主 佐々木ジェトゥーリオさん(51、二世)

佐々木ジェトゥーリオさん(51、二世)

佐々木ジェトゥーリオさん(51、二世)

 「富め明日、トメアスー」。そんな特徴的なのぼりが目を引くのは、聖市南部にあるポルキロ『トメアスー』だ。同店では年に数回、パラー州の名物料理『マニソバ』が並ぶ。マンジョッカの葉を1週間煮込み続ける手間のかかる料理だ。「パラー文化を発信したい」と労を惜しまず提供する。故郷を愛する思いからだ。
 トメアスー農業組合の職員だったが、デカセギを機に退職し、日本で出会ったナンシーさんと結婚。深山さんが料理上手だったこともあり、聖市でレストランを始めることに決めた。
 2010年、レストラン開業にあたり「日系人なら『トメアスー』という言葉で移住地を想像して、日本料理屋だと気付くはず」とあえて日本風の店名は付けなかった。きんぴらや納豆などの日本料理、ジャンブーの佃煮やパパイヤの味噌漬けといったコロニア料理をポルキロ形式で約50種取り揃え、「家庭的な味が落ち着く」と客の8割が日系人となるほど、その心を掴んだ。

レストランの外観

レストランの外観

 レジ横にはトメアスー文化農業振興協会のパンフレットや同地特産のアサイージャム、ノニジュースが置かれ、常連客からは「トメアスーの民間大使の様」と親しまれている。
 黒くドロッとした見た目から敬遠されることが多いマニソバだが、「朝夕食べてもいいくらい美味しい」と味には定評がある。マニソバは不定期なので興味のある人は事前に確認が必要だ。(石)

▼レストラン『トメアスー』、住所=Rua Guaraú, 122(聖市プラサ・ダ・アルボレ駅から徒歩2分)、営業時間=月~土曜日の午前11時~午後3時まで、電話=(11)5589・9124。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 一番売れ筋のクレープ・エスペシャルを手に石川さん2015年2月28日 現代日本風商売が次々に=青年たちが果敢に挑戦  うどん、お好み焼き、弁当などデカセギ世代が日本の色々な今風の食文化導入を試み、新しい商売が栄枯盛衰を繰り返している。中でも今回紹介するのは、珍しく日本式クレープの「Hachi」と、デカセギ経験はないがアニメや特撮戦隊モノが大好きでパンク系和風居酒屋「IZAKAYADA」ま […]
  • (左)料理長グスタボさんと(右)ホール長フランキさん2014年11月18日 シュラスコの国にヤキニクを=日系兄弟従兄弟ら4人挑む  「日本の食文化は寿司だけじゃないことを紹介したい」―。そんな想いを共有する日系三世のタムラ・マルシオさんとアレシャンドレさん兄弟、従兄弟のアダルベルトさんに加え、その幼馴染グスタボ・スガワラさんの4人が、今年1月に聖市東部タツアペに日本式焼肉レストラン「TAKASU29」 […]
  • 本紙限定割引有り=カレー屋が居酒屋に!?=目指す日本風の呑み方2015年11月11日 本紙限定割引有り=カレー屋が居酒屋に!?=目指す日本風の呑み方  聖市ジャルジン・パウリスタ区にあるカレー専門店「Kare House」が8月から、木、金曜日の夜間限定で居酒屋営業を始めている。オーナーの池上カシオ智朗さん(42、三世)はデカセギ時代に親しんだ、「何品も頼んでお酒を飲む日本の居酒屋スタイル」を当地で再現しようと、意欲を燃やし […]
  • 自慢のお好み焼きを手に店主の簗瀬さん2014年11月4日 帰伯者が日本の大衆料理導入=お好み焼専門店等を開業=08年大量帰国以後続々と  かつてお好み焼き専門店といえば、聖市エステダンテ街の『道頓堀』が有名だったが閉店して久しい。そこへデカセギ帰りの簗瀬マルセロさん(40、二世)が先月8日、新たに『焼き屋』をオープンした。同店主はデカセギ時代に味わった本場の味を当地で再現しようと奮闘中だ。伝統的で高価な寿司 […]