ホーム | コラム | 樹海 | ミスと汚職で苦しむPB

ミスと汚職で苦しむPB

 原油の国際価格が1バレル30ドルまで落ち込んだ事と、15~19年の投資の320億ドル削減を受け、ペトロブラス(PB)の株価が9%下落、04年以来の低価格となった▼PBは14年からのラヴァ・ジャット作戦による汚職摘発やその後の事業停滞などで、石油関連の企業では世界一の負債を抱えている。そこに追い討ちをかけているのが原油の国際価格低下だ▼一昨年は1バレル100ドル、昨年初頭は47ドル、13日は30ドルを割ったのに、PBは今年、1バレル55ドルで収支を予想。12日の投資削減も1バレル45ドルで算定して決めており、多くの投資家を不安に陥れた▼「原油の国際価格値下がり」=「国内の燃料価格低下」ではないのも、一般庶民には頭が痛い。これは、原油の国際価格が高かった時も、インフレ昂進を嫌って燃料価格据え置きを強要した現政権の責任だ。政府が燃料価格を無理に抑えた事で、PBは600億ドルの損失を被り、今もその影響を引き摺っている▼原油価格が下がり、採算がとれなくなれば、生産を控える企業が出て需給バランスが崩れ、価格は再び上昇する。だが、PBは無理な燃料価格抑制やラヴァ・ジャットの影響で、増産や油田開発などに向ける投資さえ、充分にさけない。昨年、燃料価格を値上げした時は、PBが政府の言いなりではない事を証明できたとの総裁発言があったが、現在の燃料価格は国際価格より既に14%も高い▼行政上のミスと予測ミスに汚職の後遺症が重なり、ラ米一を誇ったPBも満身創痍。PBが投資を10億レ削れば国内総生産は20億レ減るとされ、景気回復が遅れるとの予感も更に強まった。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 伯国の景気後退は予想以上2016年4月7日 伯国の景気後退は予想以上  国際通貨基金(IFM)のラガルド専務理事が5日、フランクフルトで「世界経済の見通しは一段と悪化した」との見解を表明、新興国は全般に経済活動が弱体化しているが、伯国の景気後退(経済減速化)は予想以上だとも述べた▼同氏によれば、インドは依然として強い成長を示しているが、伯国とロシ […]
  • 《ブラジル》石油公社ペトロブラス=今年の第1四半期は約70億レアルの黒字=「業績回復を進める」と総裁2018年5月10日 《ブラジル》石油公社ペトロブラス=今年の第1四半期は約70億レアルの黒字=「業績回復を進める」と総裁  原油の国際価格が高騰していることで、伯国の石油公社ペトロブラス社の業績が上がっており、今年第1四半期の決算は昨年同期比56・4%増となる69億6千万レの黒字を計上したと、9日付現地各紙が報じた。  これは、四半期決算の結果としては、76億9千万レアルの黒字を計上した […]
  • 2015年経済統計調査=全ての州で落ち込みを記録=石油頼みのリオ州の落ち込み激しく2017年11月18日 2015年経済統計調査=全ての州で落ち込みを記録=石油頼みのリオ州の落ち込み激しく  ブラジル地理統計院(IBGE)の調べにより、2015年に起きた石油の国際価格下落により、同年のリオ州は、ブラジル国内総生産(GDP)に占める州別GDPの割合を最も大きく下げた事が分かった。  リオ州は2014年、州別経済規模でブラジル国内の11・6%を占めていたが、15年に […]
  • 《ブラジル》石油公社ペトロブラスが第3四半期に2億6千万レアルの黒字計上=4年ぶりの年次決算黒字か?2017年11月15日 《ブラジル》石油公社ペトロブラスが第3四半期に2億6千万レアルの黒字計上=4年ぶりの年次決算黒字か?  石油公社ペトロブラス社が13日に今年の第3四半期決算を行い、2億6600万レアルの黒字計上と発表したと、14日付現地各紙が報じた。  今年の第1~3四半期の黒字は、総計50億レアルに達しており、昨年同期の173億レアルの赤字から大きな改善だ。  ペトロブラス社は2 […]
  • 随所にPB回復の兆し=LJの影響乗り越える?2016年10月25日 随所にPB回復の兆し=LJの影響乗り越える?  ペトロブラス(PB)がラヴァ・ジャット作戦(LJ)による負の遺産を乗り越え始めたと22日付現地メディアや24日付エスタード・デ・サンパウロ紙が報じた。  14年から始まったLJの捜査で世界でも類を見ない大型汚職が摘発され、「ペトロロン」の言葉さえ生まれた石油公社は、信用格付 […]