ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 『文藝春秋』1月号にはペルー大使公邸占拠事件の体験記があった。当時の青木盛久駐ペルー大使によるもので、「日本人の不屈の精神に救われた」という。72人(うち日本人24人)もが人質になり、最初は便器が詰まってトイレはバスタブまで糞尿まみれに。日本人が率先して掃除をし、自治会を作って当番制で掃除にあたった。対するテロリストはどんどん規律がなくなり、最初は頻繁だった見回りも徐々にしなくなり、最後は廊下で居眠りしている見張りを人質が起こす始末。最後の頃、犯人らは食堂でサッカーを始めたとも。元大使は〃最近のテロリスト〃は《躊躇なく人質を殺害する》と変わり様を嘆く。時代の変化か、規律がゆるいのは南米人の特性か?
     ◎
 南米浄土真宗本願寺(西本願寺)では、14日から「報恩講」という法要を開催中だ。参加した耳子は、井上穣介開教使の〃しあわせ〃の法話に唸らされた。「『幸』という漢字の由来は囚人の手錠。なぜ自由を奪われて幸せかというと、死刑に比べれば、体の前で手錠されてでも生き延びる方が良いから。このことを『しあわせ』と言ったのです」。移民一世に元気で明るい人が多いのは、移住後の苦労と比較して、今の〃しあわせ〃を深く味わえるからではないだろうか。
     ◎
 勝ち負け抗争を描いたブラジル映画『汚れた心(Coracoes Sujos)』(ビセンチ・アモリン監督、12年)は、普段映画を見ない耳子にとって、ブラジルに移住しなければ一生縁が無かった作品だ。先日、人に薦められて観たが、冒頭場面で金子謙一氏が扮する移民が、国旗を踏みにじった警察から日の丸を取り戻そうとする姿に、胸をえぐられる思いがした。ただ、ちょっと気になるのは「You Tube」にアップされ、無料で見られる状態にあること。映画製作者側の利益を守るためには、いけないことだ。悲しいかな、アップされているおかげで、知名度のない映画が簡単に見られる現実も…。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2014年4月16日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年4月16日  在ブラジル特命全権大使に就任した梅田邦夫さん。これまでの赴任歴を尋ねると、実は各国の大事件のオンパレードだ。ペルー赴任は公邸占拠事件の直後だったし、ニューヨークの国連代表部にいた時は9・11事件が勃発し、中国公使時代はチベット暴動や毒入り餃 […]
  • 2008年6月24日 サンパウロ市=百周年式典、盛大に挙行=6世優太君「友情の灯」点火=皇太子さまもじっくりご覧に ニッケイ新聞 2008年6月24日付け  多くの人の心配を見事に裏切り、二十一日午後四時半からサンパウロ市のサンボードロモ会場で、この百年間を象徴するようなダイナミックな百周年記念式典が執り行われた。あいにくの雨模様だったが、会場には約三万人が詰めかけ、日伯友好にとって歴 […]
  • 樹海2014年9月26日 樹海  真相究明委員会のアドリアーノ・ジオゴサンパウロ州委員長に謝罪申し立て文書を渡す前、23歳の山内フェルナンダさんは「どうして山内家だけで―と父はコロニア内の評判をすごく心配しています。でも同じ扱いを受けた沢山の日本移民を代弁して、誰かが申し立てをしないと歴史の闇に埋もれてし […]
  • 東西南北2018年5月15日 東西南北  12日にテメル政権が2周年を迎えたが、ダッタフォーリャの統計によると、在任期間中の国民からの人気を200点満点の指数にした場合、テメル氏は、コーロル大統領以降では最も低い、わずか25点だったという。それによると、もっとも高かったのはルーラ政権2期目(2007~10年)だ。ルー […]
  • 東西南北2017年10月26日 東西南北  黄熱病ショックに襲われているサンパウロ市だが、新たな猿の死体が見つかったことで、市立の公園では最大のアニャンゲーラ公園(ペルース)が25日より閉鎖された。これで、同市での黄熱病対策で20日以降に閉鎖された公園は、州立カンタレイラ公園、オルト・フロレスタル公園に次いで三つ目(い […]