ホーム | コラム | 樹海 | こんなことでは元の木阿弥

こんなことでは元の木阿弥

 今年に入り、セー広場やジョアン・メンデス広場の電柱に、緑がかった灰色と灰色の袋をはめたゴミ受けが設置された。袋の色で、緑は再生可能な資源ゴミ、灰色はそうではないゴミを入れるのだなと判断したが、それを意識して捨てる人がどれだけいるか気にしていたら、案の定、紙が灰色の袋に投げ込まれた▼別の日は、セー広場でゴミ受けの下に両方の袋を一緒に入れたらしき大きなゴミ袋があるのを見、ゴミ収集者も区別していない事に驚いた。緑の袋に生ゴミを入れてゴミ回収日に出している人を見、ため息をついた事は数え切れない▼ハダジ聖市市長がレジ袋廃止のため、再生資源ゴミとそれ以外のゴミ用に統一規格で色違いの袋を用意し、罰金などを定めたのは昨年1月。4月からは規格外の袋の使用が禁じられ、罰金徴収も始まったが、ゴミの分別収集の意識を持っている市民はまだ一握りだ▼条例発効時は新しいレジ袋は全国に広がるともいわれたのに、現実はゴミ収集に携わる人さえ十把一絡げ。折角の名案も元の木阿弥だ。最初の発想が良くても徹底しないのは、市民への啓蒙活動の不足故か▼人間はついつい楽な方に流れがちだし、自分のやり方を変えるのを良しとしない人も多い。ルール変更後も他の人がやっているからとの理由で従来通りのやり方を貫く人もいれば、小遣い銭をくれたら、一般ゴミと一緒に瓦礫を運んでやるというゴミ回収者さえいる▼聖市にはもうゴミを埋め立てる場所もない事や、分別収集用のエコポントや分別センターがある事などを知らない人もいるのだろうが、啓蒙活動は市の責任だ。所期の目的を達成出来ずに逆戻りとならねば良いが。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • ボリビアで「眠っていた怪物」が目覚めてしまったか2019年11月15日 ボリビアで「眠っていた怪物」が目覚めてしまったか  10日に起こったエヴォ・モラレス氏を大統領辞任に追い込んだ、ボリビアのただならぬ異様な雰囲気に包まれたプロテストに、コラム子は戦慄を覚えた。ものすごく怖い思いをした▼今回のプロテストは、当初はエヴォ氏に不利なように思えた。それは同氏が、同国の定める憲法の改憲に失敗した […]
  • 良い知らせを伝える者の足は2019年11月14日 良い知らせを伝える者の足は  4日付の伯字サイトで「良い知らせだけ」というサイト(http://www.sonoticiaboa.com.br/)に関する記事を読んだ。ジャーナリスト歴30年で、殺人や汚職などの悪い知らせばかり報じる内に胃を患い、良い知らせだけ流そうと決めた男性の話だ▼「肉体的な問題ではな […]
  • ルーラ釈放は最高裁が悪いのか?2019年11月12日 ルーラ釈放は最高裁が悪いのか?  ブラジル最高裁が7日、「2審有罪で刑執行」派が5対6で「刑執行反対」派に負けた。これを受けてルーラ元大統領が釈放され、世間がざわついている。ムリもない。ところが、グローボTV局はあえて大騒ぎせず、「なにか裏にあるのでは?」とかえって不気味な雰囲気を醸し出している。 […]
  • むしろ「暴動」を煽りかねないボウソナロ政権の言動2019年11月8日 むしろ「暴動」を煽りかねないボウソナロ政権の言動  「ボウソナロ政権は、むしろチリのような民衆暴動が起こってほしいのか」。ここ2週間くらい、同政権からは耳を疑うような言動が連発で、そう首を傾げざるを得ない▼その突破口を切ったのは大統領三男のエドゥアルド氏、そしてアウグスト・エレーノ大統領府安全保障室(GSI)長官の「チ […]