ホーム | 文芸 | 読者寄稿 | 終戦後70年=サンパウロ 中山孝平

終戦後70年=サンパウロ 中山孝平

 最近世想をにぎわしている戦後70年の日中韓の問題を思う。今の日本が経済的に豊かになったからこそ、この問題は再燃した感がする。
 中韓の政治家は過去の日本との戦争のことを選挙運動の糧にしないと生き残れないといわれているが、日本政府はどうしてこの件を中韓の政府に付き返しきれないのだろうか。
 韓国の慰安婦問題がアメリカの国会で議論された様子も、日本政府は何一つ抗議行動出来ないのはどうしたことか。アメリカが今後この件を云々するんだったら、広島や長崎への原爆投下賠償を突きつけたら良いと思う。
 次に日本の国防の問題。何も騒ぐことはない。と言うのは、近隣諸国はミサイルや原爆を所有しているのに、日本は黙って見ている様子。これでは日本国は本当に弱虫になったんだろうか。いっそのこと武器は何一つ所持していないから、いつでも攻撃してくれと宣言したらいい。
 日本国よ、もっと強くなれ。国を本当に守る気があれば、国家予算の5%くらいは国防費に当てていいと思う。国防のための軍備なら、私は大賛成である。
 日本では1年の間に3万余人もの自殺者がいるというが、どうしてそんなに死に急ぐのだろうか。
 もう一つ、沖縄の普天間基地移設の問題を見聞しているが、この件は本当に何とも言えない。日本内地の人は辺野古への移設を言うが、そういう人は沖縄に一ケ月程滞在してアメリカ軍の行動を見てはどうだろう。そうすると沖縄県民の基地への苦痛が解ると思う。沖縄のアメリカ軍の基地は必要悪なのだろうか。
 話題を変えて、近年、日本企業は中韓に大分進出しているが、後々は元も子も失うのではないだろうか。中韓をあまり信用すると良くない気がする。中国はいかなる事も相手が悪いと対応するので、用心に越したことはない。
 最後に小生は昭和16年生まれで、沖縄には17才まで過ごし、沖縄の在アメリカ軍の行動は痛い程わかっているつもりである。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 薬草・健康=サンパウロ 吉野功努雄2016年10月26日 薬草・健康=サンパウロ 吉野功努雄  今日では薬草や野菜類が健康に良いと、ブラジルの雑誌などにも沢山書かれており、非日系人の間にもだんだん知られ普及してきたようです。  この薬草ですが、誰にでも効くものと、人によっては効かないものがあるようです。自分に合わないと思ったら、色々試して合うものを見つける必要があると […]
  • イグアスーの滝、2人旅(2)=サンパウロ 平間浩二2016年6月16日 イグアスーの滝、2人旅(2)=サンパウロ 平間浩二  暫く走ってから比較的大きなカーブに差し掛かった時、船長は突然、急カーブを切った。あわや転覆するのでは・・・と驚愕した瞬間、今度は全員が波しぶきを全身に浴び悲鳴を上げた。 船長は2、3度この恐怖のサービスを繰り返した。いよいよ滝の下に近づくにつれ、徐々に滝しぶきが強くなってきた […]
  • 「拝啓、Aさんお元気ですか?」=ジアデマ 松村滋樹2016年8月19日 「拝啓、Aさんお元気ですか?」=ジアデマ 松村滋樹  ブラジル事情に詳しくて、いつも新聞や実業雑誌に投稿されていたAさん。街でお会いすると、いつも向こうから声を掛けて来られ「元気ですか」と挨拶される。私の人生の師であった。 […]
  • イグァスーの滝、2人旅(1)=サンパウロ 平間浩二2016年6月8日 イグァスーの滝、2人旅(1)=サンパウロ 平間浩二  カルナバルが終り、その週の日曜日(2月14日)に2人でイグァスの滝を見に行くことにした。私は一度会社の旅行で行っているが、家内と一緒に行くのは今回が初めてである。旅行社は『CVC』で、全国的なネットワークを持つ格安の有名大手旅行社である。「カルナバル済て2人の旅路かな」 集合 […]
  • 2世第1号の人=ジアデマ 松村滋樹2016年6月8日 2世第1号の人=ジアデマ 松村滋樹  珍しく早起きして、ソファで血圧を計っていると電話がなった。早朝に電話がなるのはお葬式の話と決まっているので、恐る恐る受話器を取る。「オレオレ。未だ寝てた?」アチバイアのMさんだった。 「聞いて驚くなー」人をビックリさせるあの独特の抑揚。同船者で病気の人って誰だっけ?それとも元 […]