ホーム | 日系社会ニュース | 南米流「テマキ」を提案=ミツカンがリオ五輪見据え

南米流「テマキ」を提案=ミツカンがリオ五輪見据え

 【共同】ミツカンホールディングス(愛知県半田市)は22日、ブラジルで「テマキ」として流行している手巻きずしの食べ方を日本国内の飲食店に提案すると発表した。日本生まれの手巻きずしをアレンジし、チーズや鶏の空揚げといった具材が入るのが特徴だ。8月のリオデジャネイロ五輪を見据え、酢の消費拡大を狙う。
 ミツカンがつくったレシピを飲食店に紹介し、新メニューとして提供してもらえるよう働きかける。ブラジルでは「テマケリア」と呼ばれる手巻きずし店が増えており、ミツカンによると約600店がある。マンゴーなどの果物も具に入り、香辛料の効いたソースで食べる。欧米の大都市にも店ができているという。
 ブラジルでは手巻きずしはファストフードとして日頃から食べられており、ミツカンの担当者は「日本でも日常的に食べてもらいたい」と話している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 県連代表者会議=第20回は支出360万レに=日本祭り、再び赤字見込み2016年9月17日 県連代表者会議=第20回は支出360万レに=日本祭り、再び赤字見込み  ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)の8月度代表者会議が、先月25日に文協ビル内の県連会議室で行なわれた。次回の日本祭りについて予算を発表したほか、創立50周年式典やリオ訪問ツアーについて報告がなされた。  県連創立50周年式典を8月7日に終えた県連。山田会長は「 […]
  • 大分のリオ五輪応援団を歓待=柔道 梅木選手親族ら11人が来伯2016年8月27日 大分のリオ五輪応援団を歓待=柔道 梅木選手親族ら11人が来伯  【イタグァイー発】リオ五輪に出場する柔道女子78キロ級の梅木真美選手(21、大分)を応援するため、故郷の九重町から親族や坂本和昭町長ら、11人の応援団が現地に駆けつけた。13日深夜の帰国便を前に、リオ州リオ市郊外のイタグァイーで歓迎会が行なわれた。  発案は梅木選手の遠戚に […]
  • パラ盛り上がりダフ屋横行=総領事館が注意呼び掛け2016年9月13日 パラ盛り上がりダフ屋横行=総領事館が注意呼び掛け  【リオ・デ・ジャネイロ共同】リオ・デ・ジャネイロ・パラリンピックが当初の予想以上に盛り上がり、入場券の販売が伸びていることから、大会のメイン会場、五輪公園付近などでダフ屋行為が横行している。在リオ日本総領事館は「転売されたチケットを購入すること自体が犯罪になり得る」として注意 […]
  • 五輪機に香山六郎の墓参り=俊孝さん祖父の念願果たす=「開会式感動した。東京も」2016年8月25日 五輪機に香山六郎の墓参り=俊孝さん祖父の念願果たす=「開会式感動した。東京も」  「終戦直後の一番苦しい時に香山六郎さんに世話になったと、祖父はいつも申しておりました。香山家を代表して墓参りに来られて、本当に良かった」――リオ五輪観戦ツアー一行として、戦前のサンパウロ州新報社主・香山六郎の兄の孫、香山俊孝さん(73、福島県いわき市在住)が来伯。6、7日には […]
  • 日本酒造組合=こだわりの〃國酒〃をアピール=試飲に行列、市場参入も視野に2016年8月26日 日本酒造組合=こだわりの〃國酒〃をアピール=試飲に行列、市場参入も視野に  日本酒造組合中央会(篠原成行会長)は10日午後、日本酒と焼酎、泡盛の総称に当たる「國酒」文化普及のため、サンパウロ市ニッケイパラセホテルで、セミナーと試飲会を開催した。平日夕方にも関わらず、セミナーには300人を越える飲食業者や一般人が訪れた。 […]