ホーム | コラム | 樹海 | 甘利経済再生相の辞任を礼賛するブラジルメディアの真意は?

甘利経済再生相の辞任を礼賛するブラジルメディアの真意は?

記者会見する甘利経済再生相=15年11月16日午前、内閣府 (共同)

記者会見する甘利経済再生相=15年11月16日午前、内閣府 (共同)

 有名な経済評論家カルロス・アルベルト・サルネンベルグが28日にCBNラジオ番組中、何度も楽しそうに「日本じゃ、たったの3万4千レアルの賄賂で財政政策の中心にいる大臣が辞職する。これがブラジルじゃあ、どうだ。日本の政治家に、もしスイス銀行の隠し口座が見つかったら、どうする。その恥を雪ぐには3回ぐらいハラキリしても死に切れないんじゃないか」と大笑いしていた。それを聞き、バカにされているような複雑な気分になった。伯国メディアは総じて「日本ではたった3万レアルの賄賂で大臣が辞める」こと自体を〃事件〃として扱って、当地の倫理なき現状にあてこすっている▼これは昨日付本面で《【共同】甘利明経済再生担当相(66)=衆院神奈川13区=は28日、週刊誌が報じた金銭授受問題の責任を取って辞任した。記者会見で、建設会社側から大臣室と地元事務所で現金計100万円を受け取ったと認め、秘書への監督責任にも言及した。(中略)国政への影響などを考慮し辞任を決めたと述べた》と報じた件だ▼たしかにブラジリアには、スイスの銀行が「彼の口座は存在する」と証明してきたのに、本人は「私が管理しているわけではない」と、しらばっくれて下院議長に居座る呆れた御仁がいる。甘利経済再生相はアベノミクスやTPP締結の中心人物であり、それが〃たった〃100万円の問題で辞職することがブラジル人にはコッケイに映る▼クーニャ下院議長がBTG銀行に有利になるように条文を書き換えた代わりに受け取ったと疑われる賄賂は4500万レアル(13億円)。ロベルト・コスタ被告(元石油公社供給部長)が2010~11年の間にスイスの口座でオデブレヒト社から受け取った横領金額は2300万ドル(約24億5千万円)と報じられた。つまり3桁も違う▼コスタ被告と同じく公務員だが、対照的な内容の〃横領記事〃として、日本ではこんなものもあった。《厚生労働省は19日、職業安定局の男性係長(44)が隣接する人事院の給湯室にあった冷蔵庫から缶ビール3本を盗んだとして、停職3カ月の懲戒処分にした。厚労省によると、係長は10日午後2時ごろ、人事院庁舎内の売店を利用した帰り、給湯室の冷蔵庫から缶ビールを盗んだ。人事院職員に見つかって取り押さえられ、警視庁丸の内署で事情聴取を受けた》(14年9月19日付共同)。これが記事になる国の〃潔癖〃さに感嘆すると同時に、百鬼夜行の西洋世界の現実からあまりに浮世離れしている気がした▼サルネンベルグは「たった100万円だったら、ブラジルの政治家は受け取らない。そんな少額ならバカにされたと感じて、賄賂としてはむしろ逆効果」ともコメント▼もちろん、「日本の政治家はそれだけ潔白」と反論できるし、実際に肯定的な伯人評論家もいる。だがサルネンベルグの言葉には、ユダヤ系的な〃トゲ〃というか、国家財政の行方を左右する者が「100万円」で足元を救われるのは不釣合いだという「世界の裏の常識」がある。賄賂に寛容すぎるブラジルの〃常識〃も異常だが、日本の潔白さも、「極端」という意味でどこか共通している▼もちろん不正はいけない。だが潔癖すぎるのも「温室の中の嵐」「平和ボケ」的な違和感が漂う。どこかガラパゴス的で、国際的な大物政治家が生まれる風土として不適当だ。あれだけグローバル化しているように見えて、日本国内の〃空気〃は今も十分にユニークだ。とはいえ「そのままでいてほしい」と願う部分も、正直言って自分の中にはある。我々のような在外日本人は、世界と日本国内のそんな「空気のズレ」を歯軋りしながら見ているしかないのだろう。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 2010年代最高のブラジルのサッカーの試合2019年11月29日 2010年代最高のブラジルのサッカーの試合  23日に行なわれたサッカーのリベルタドーレス杯決勝、フラメンゴ対リーヴェル・プレイト戦には伯国中が熱狂した。あの試合からまだ1週間も経っていないが「2010年代の伯国で最高の試合」。そう呼んでも過言ではない気がする▼少なくとも、コラム子の経験に照らし合わせてみれば、間 […]
  • 《ブラジル》財政支出と政治家数を大胆に減らす名案2019年11月26日 《ブラジル》財政支出と政治家数を大胆に減らす名案  「政府支出削減のために政治家を減らす」――11月5日に連邦政府から上院に送られた連邦政府関連の憲法補足法案集(PEC)には、そんな素晴らしい名案が含まれている。  なにかと暴言、名言の多いボウソナロ政権だが、ゲデス経済相が出す法案には、やはりみるべきものがある。 […]
  • 知られてしまった、ふたつの「からくり」2019年11月22日 知られてしまった、ふたつの「からくり」  「勢いがなくなってきているな」。ボウソナロ大統領、ならびにセルジオ・モロ法相に関してそう感じさせる事態が、ここ2週続けて起こっている。それは、11月9日と17日に行なわれた、最高裁に対しての抗議デモ。ルーラ元大統領の釈放につながった、最高裁での「2審有罪後に刑執行か否 […]
  • ボリビアで「眠っていた怪物」が目覚めてしまったか2019年11月15日 ボリビアで「眠っていた怪物」が目覚めてしまったか  10日に起こったエヴォ・モラレス氏を大統領辞任に追い込んだ、ボリビアのただならぬ異様な雰囲気に包まれたプロテストに、コラム子は戦慄を覚えた。ものすごく怖い思いをした▼今回のプロテストは、当初はエヴォ氏に不利なように思えた。それは同氏が、同国の定める憲法の改憲に失敗した […]