ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | ジカ熱=国際衛生緊急事態宣言出る=小頭症との関連が決め手に=五輪への影響抑えたい政府

こちらの記事もどうぞ

  • 2016年=ブラジル10大ニュースは?=1位はやはりジウマの罷免=リオ五輪さえも上回る=シャペコエンセ搭乗機の墜落事故なども2016年12月27日 2016年=ブラジル10大ニュースは?=1位はやはりジウマの罷免=リオ五輪さえも上回る=シャペコエンセ搭乗機の墜落事故なども  2016年は伯国にとっても激動の1年だったが、8日付G1サイトが、フェイスブックで読まれた記事のデータを基に、この1年間、国内で最も話題となったものを「10大ニュース」の形でまとめている。 […]
  • ジカ熱が怖くて諦める?=56%の女性が妊娠回避2016年12月29日 ジカ熱が怖くて諦める?=56%の女性が妊娠回避  小頭症の子供が増えているのは、妊婦がジカ熱にかかった事と関係がありそうだ―。15年8月にブラジル北東部の医師が警告を発して以来、出産、妊娠が可能な年齢層の女性やその関係者を中心に、ジカ熱感染を懸念する声が高まっている。  同年11月からは保健省も実態解明に力を入れ始め、世界 […]
  • ジカ熱=じわじわとブラジル旅行回避の動き=五輪への影響は未だ未知数2016年3月16日 ジカ熱=じわじわとブラジル旅行回避の動き=五輪への影響は未だ未知数  世界中に広まったジカ熱への恐れは、ブラジルへ観光客の足を遠のかせていると13日付フォーリャ紙が報じた。 同紙が行ったブラジル国内10の大手旅行代理店への聞き取り調査によると、七つの代理店が、今年に入って、2~3の団体客のキャンセルを受けた事を明らかにした。総計579人がブラジ […]
  • 「リオ五輪のために精子凍結も」=ジカ熱におびえる有名バスケ選手2016年6月17日 「リオ五輪のために精子凍結も」=ジカ熱におびえる有名バスケ選手  リオ五輪まで50日を切ったが、国外から参加する選手たちにとって、今回のブラジル行きはちょっとした勇気がいるものとなっている。 その原因となっているのがジカ熱だ。ジカウイルスは長時間、患者の血液や唾液、精子の中で生きており、性交渉やキスでもジカ熱に感染する可能性があることが明ら […]
  • 東西南北2016年6月17日 東西南北  「リオ五輪の前にジウマ大統領の罷免問題決着を」と願っていたテメル暫定政権だったが、弾劾裁判実施か否かを決める上院本会議は8月初旬となった上、トランスペトロ元総裁のマシャド氏のデラソン(報奨付供述)が浮上した。デラソンそのものは、連邦検察庁も「既に極めて多数の証言が集まり、事件 […]