ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 今やブラジルの域を超え、世界的な現象として恐れられているジカウイルス。サンパウロ州でも気が気でない状況は同じだが、2日付アゴラ紙によると、ピラシカーバで、今年に入り2人目(1人目はバウルで発症)となる、妊婦によるジカウイルス罹患者が確認された。この妊婦は現在妊娠32週目だが、28週目に症状のひとつである全身の発疹を訴え、ジカ熱と判断された。同妊婦は既に超音波で検査を受けているが、現時点ではまだ胎児が小頭症を患っているかどうかはわかっていない。今後は出産まで市の保健機関がバックアップするという。小頭症を患っていないことを願いたい。
     ◎
 今年の1月31日時点でのサンパウロ州6大水系の貯水量の合計は8852・5億リットルで、15年1月の2870・8億リットルと比べて3倍となっていることがわかった。カンタレイラ水系は昨年の今頃は未開の水域の使用でマイナスだったが、現在はプラスに転じ、2日午前9時現在で16・4%まで水位が上昇している。今後の天気だが、予報では、北からの熱帯高気圧が勢いを落とす一方で寒冷前線が接近し、ここ数日の夏らしい暑さが崩れて行くとか。さらなる降水に期待。
     ◎
 1月末にはじまったサッカーの各州選手権に続いて、2日から南米一を争うリベルタドーレス杯も幕を開けた。まだ、予選グループに参加する数チームが決まっていないが、その座を狙う一つはサンパウロFCで、今日は敵地、10日は本拠地でペルーのウニベルシダ・セーザル・バジェーホと戦う。2回の対戦結果でグループ予選進出か否かが決まる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2016年2月5日 東西南北  ここ連日、伯字紙はジカウイルスの話題を一面に大見出しで報道し続けている。日本はじめ、世界中でも報道され始めたことで、この流れが加速しているようだ。感染に関するニュースも連日のように飛び込んできている状態で、サンパウロ市保健局が発表した最新データによると、16年1月にジカの疑い […]
  • 東西南北2015年12月8日 東西南北  現在、ブラジル内で拡大の様相を見せている、ジカウイルスに伴う赤ちゃんの小頭症だが、サンパウロ州カンピーナス在住で、妊娠初期の罹患が疑われているパトリシア・コンパッシさん(21)が5日付アゴラ紙の取材に応えている。10月に小頭症の男の子を生んだばかりのパトリシアさんは、ジカウイ […]
  • 東西南北2018年2月17日 東西南北  今年のリオ市カーニバルのスペシャルグループのパレードが政治や社会を痛烈に批判した異例のものであったことは既に報じたが、その直後に、連邦政府による治安維持のための介入が起きることになったのはなんとも皮肉だ。ベイジャ・フロールやツイウチのパレードはリオ市の現在の混乱をまさしく表現 […]
  • 《南米サッカー》リベルタ杯とスダメリカーナ杯の組み合わせ抽選行われる=いきなり7組ものブラジル×アルゼンチン対決が実現2017年12月22日 《南米サッカー》リベルタ杯とスダメリカーナ杯の組み合わせ抽選行われる=いきなり7組ものブラジル×アルゼンチン対決が実現  南米大陸全土を舞台に行われる、サッカークラブチームの大会、リベルタドーレス杯(リベルタ杯)と、スダメリカーナ杯の組み合わせ抽選会が20日にパラグアイの首都アスンシオンで行われた。  二つの大会のステータスを比較すると、リベルタ杯の方が高い。同大会には南米各国のリーグ […]
  • 東西南北2017年10月26日 東西南北  黄熱病ショックに襲われているサンパウロ市だが、新たな猿の死体が見つかったことで、市立の公園では最大のアニャンゲーラ公園(ペルース)が25日より閉鎖された。これで、同市での黄熱病対策で20日以降に閉鎖された公園は、州立カンタレイラ公園、オルト・フロレスタル公園に次いで三つ目(い […]