ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 今や伯国の域を超え、世界的な現象として恐れられているジカウイルス。聖州でも気が気でない状況は同じだが、2日付アゴラ紙によると、ピラシカーバで、今年に入り2人目(1人目はバウルで発症)となる、妊婦によるジカウイルス罹患者が確認された。この妊婦は現在妊娠32週目だが、28週目に症状のひとつである全身の発疹を訴え、ジカ熱と判断された。同妊婦は既に超音波で検査を受けているが、現時点ではまだ胎児が小頭症を患っているかどうかはわかっていない。今後は出産まで市の保健機関がバックアップするという。小頭症を患っていないことを願いたい。
     ◎
 今年の1月31日時点での聖州6大水系の貯水量の合計は8852・5億リットルで、15年1月の2870・8億リットルと比べて3倍となっていることがわかった。カンタレイラ水系は昨年の今頃は未開の水域の使用でマイナスだったが、現在はプラスに転じ、2日午前9時現在で16・4%まで水位が上昇している。今後の天気だが、予報では、北からの熱帯高気圧が勢いを落とす一方で寒冷前線が接近し、ここ数日の夏らしい暑さが崩れて行くとか。さらなる降水に期待。
     ◎
 1月末にはじまったサッカーの各州選手権に続いて、2日から南米一を争うリベルタドーレス杯も幕を開けた。まだ、予選グループに参加する数チームが決まっていないが、その座を狙う一つはサンパウロFCで、今日は敵地、10日は本拠地でペルーのウニベルシダ・セーザル・バジェーホと戦う。2回の対戦結果でグループ予選進出か否かが決まる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2016年2月5日 東西南北  ここ連日、伯字紙はジカウイルスの話題を一面に大見出しで報道し続けている。日本はじめ、世界中でも報道され始めたことで、この流れが加速しているようだ。感染に関するニュースも連日のように飛び込んできている状態で、聖市保健局が発表した最新データによると、16年1月にジカの疑いがかけら […]
  • 東西南北2016年2月17日 東西南北  13日に聖市南部のサントアマーロ高架橋がトラック2台の衝突に伴う炎上で部分損傷し、通行止めになったことは昨日付本紙でも伝えたが、週が明けた15日、南部のバス交通は一大パニックとなった。同高架橋は南部でも通行量の多いことで知られているが、そこが封鎖され、25ものバス路線がルート […]
  • 東西南北2015年12月8日 東西南北  現在、伯国内で拡大の様相を見せている、ジカウイルスに伴う赤ちゃんの小頭症だが、聖州カンピーナス在住で、妊娠初期の罹患が疑われているパトリシア・コンパッシさん(21)が5日付アゴラ紙の取材に応えている。10月に小頭症の男の子を生んだばかりのパトリシアさんは、ジカウイルスにかかっ […]
  • 東西南北2016年5月24日 東西南北  聖州では先週から強い冷え込みが続いており、20日夜から23日の朝方まで降った強い雨は、聖州の主要水系を潤した。カンタレイラ水系ではこの間に53ミリもの雨が降ったことで5月の降水量が86・4ミリとなり、月間平均(78・2ミリ)を超えた。同水系の4月の降水量は4・4ミリしかなく、 […]
  • 東西南北2016年2月23日 東西南北  ルーラ前大統領やジウマ大統領の選挙参謀として知られるジョアン・サンターナ氏への逮捕令状が22日に出されたことで、労働者党(PT)がいよいよ窮地に立たされた。それに先立って行われたイボッピの世論調査では、18年の大統領選へ再出馬が予想されるルーラ氏への拒絶率は61%と、実に3人 […]