ホーム | 日系社会ニュース | レストラン新鳥が閉店=40年の歴史に幕

レストラン新鳥が閉店=40年の歴史に幕

 40年の歴史を誇る聖市屈指の有名日本食レストラン「新鳥」が閉店になったと2日付フォーリャ紙、3日付エスタード紙の各電子版が相次いで報じた。
 1975年に「サントリーレストラン」として開店したが、同店網の当地撤退決定を受け、新経営陣が05年に「新鳥」に改名して続けてきた。
 1800平米の日本式の建築で、日本庭園もある高級料亭として、日本からの来賓はもちろん、ブラジル人客も多く訪れ、様々な会食の場として利用されてきた。
 最後の食事が提供されたのは昨年12月23日の夕食。以来、新年になっても閉鎖されたままだった。フォーリャ紙は《よくある経済的問題ではなく、閉店の理由は不動産的圧力の可能性がある》と地価高騰による土地転売を示唆している。
 同店共同経営者の一人、佐伯ナンシーさんはエスタード紙に答え、《共営者たちは別の場所にもう少し小さなレストランを開くことを検討している》と語っている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 一番搾りを手にする芦田取締役、ドメニコ社長、藤田伸朗副社長2015年5月12日 キリン一番搾り発売1周年=日伯120周年の記念ラベルも  ブラジルキリン(ジーノ・ディ・ドメニコ社長)が5日、聖市内レストラン新鳥でキリン一番搾りの「外交樹立120周年」を記念したデザインラベルの発売、及びブラジルでの製造・販売1周年の記念パーティーを行った。関係者ら91人が出席した。 両国の国旗と野球、サッカーなどの文化をモチ […]
  • 一番売れ筋のクレープ・エスペシャルを手に石川さん2015年2月28日 現代日本風商売が次々に=青年たちが果敢に挑戦  うどん、お好み焼き、弁当などデカセギ世代が日本の色々な今風の食文化導入を試み、新しい商売が栄枯盛衰を繰り返している。中でも今回紹介するのは、珍しく日本式クレープの「Hachi」と、デカセギ経験はないがアニメや特撮戦隊モノが大好きでパンク系和風居酒屋「IZAKAYADA」ま […]
  • 自慢のお好み焼きを手に店主の簗瀬さん2014年11月4日 帰伯者が日本の大衆料理導入=お好み焼専門店等を開業=08年大量帰国以後続々と  かつてお好み焼き専門店といえば、聖市エステダンテ街の『道頓堀』が有名だったが閉店して久しい。そこへデカセギ帰りの簗瀬マルセロさん(40、二世)が先月8日、新たに『焼き屋』をオープンした。同店主はデカセギ時代に味わった本場の味を当地で再現しようと奮闘中だ。伝統的で高価な寿司 […]
  • 水本良夫さん2014年10月16日 伯国初の讃岐うどん店=「Meu Gohan」開店=水本店長のこだわり光る  ブラジル初の讃岐うどん専門店『Meu Gohan』が、9月14日に聖市ヴィラ・クレメンチーノ区にオープンした。麺は手打ち、スープ原料は全て日本から取り寄せというこだわりだ。店長の水本良夫さん(33、三世)は「ゆくゆくはラーメンなどメニューも増やす計画。日本の味を出して行き […]
  • 西裏昌弘代表取締役社長2014年7月23日 日本ハムが伯国に再進出=製造販売でブランド確立へ  食品加工メーカーの大手「日本ハム株式会社」(英語名・NHフーズ、本社=大阪市)が4月、聖市に「NHフーズ・ブラジル有限責任会社」を開設した。当地での語学研修経験等がある西裏昌弘さん(38、富山)が代表取締役社長に就任、当地に「NH」ブランドを確立すべく再進出に乗り出した。 […]