ホーム | 日系社会ニュース | 交流基金=「妖怪祭り」等の提案も=全伯日本語大学生研修
発表中の学生達
発表中の学生達

交流基金=「妖怪祭り」等の提案も=全伯日本語大学生研修

 国際交流基金サンパウロ日本文化センター(深沢陽所長)主催の「全伯大学生サンパウロ研修」が1月18日から5日間、聖市の同センターで行われた。日本語専攻、もしくは公開講座を受講中の学生が18人集まり、日本語を使いながら、茶道裏千家の茶会に参加したり、日語話者のボランティアとともに市街散策を行なった。
 大半が非日系で地域も北東伯フォルタレーザやナタル、南伯ポルト・アレグレと様々。大学生を対象とした日本語に関する行事としては他に例を見ない規模だ。1994年に専攻学生を対象にした「集中講座」という形式で始まり、内容を変えながら現在に至っている。
 最終日の22日には総括として、学生らが各グループに分かれて日伯の「相互理解を促進する文化イベント」についてプレゼンテーション。日本映画の上映会、和食のワークショップ等、特色ある発表が行われた。
 参加した北大河州連邦大学のジョゼ・ナシメントさん(23)は、2年前から同州立大の公開講座で学習を開始。学業の傍ら地元テレビのレポーターも務める。「今まで聞いたことの無い響きの言語に憧れた」といい、「いつかは日本でも今の仕事が出来たら」と夢を語った。
 リオ州立大学のヘナン・シルバさん(22)は、「日本語を専攻しているがこんなに話したことは初めて」。専攻したきっかけを聞くと「妖怪や怪談に興味があった」という珍しい理由で、立案したイベントも「妖怪祭り」という凝り具合だった。
 基金の松尾博貴副所長は、「今後の事業に参考にしたい力作が多かった」と総評を述べ、成果を喜んだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • 台風19号=岩手県人会が母県に見舞金=菊地氏が訪日して手渡す2019年11月8日 台風19号=岩手県人会が母県に見舞金=菊地氏が訪日して手渡す  ブラジル岩手県人会(千田曠暁(ちだ・ひろあき)会長)は、台風19号で大きな被害が出た岩手県に、見舞金として12万円を贈った。  10月22日に行われた即位の礼に参列するために訪日した菊地義治県人会名誉会長が、岩手日報社を訪れて東根千万億(あずまね・ちまお)代表取締役社長に手 […]