ホーム | 連載 | 2015年 | 『百年の水流』開発前線編 第一部=北パラナの白い雲 | 『百年の水流』開発前線編 第一部=北パラナの白い雲=外山脩=(94)

『百年の水流』開発前線編 第一部=北パラナの白い雲=外山脩=(94)

インテグラーダなどの組合の施設

インテグラーダなどの組合の施設

 ともあれ、インテグラーダ側が否定する以上、(コチアが生き返った!)という捉え方は、筆者の感傷が生んだ幻覚であったことになる。
 消えた白い雲とは全く別の新しい白い雲が、北パラナの青空高く浮かんでいる――と表現を変えるべきであろう。
 
善戦する残党たち

 インテグラーダは、その発足時、コチアの職員だった人々を雇用した。報酬は20~50%カットした。これを知ったバンコ・ド・ブラジルのパラナ州担当専務、アウチーノ・コスタという人が「よし、自分がやる」と協力してくれた。それを知って、他の銀行も足並みを揃えてくれた。これで資金繰りの歯車が円滑に回った。
 それから19年度目の昨2014年の事業報告書によると――インテグラーダは、14レジョナルに、13の事業所を含む百数十の諸施設(大型サイロ、各種工場など)を所有している。
 組合員は7、840人。(2015年5月には8002人)。ただし、その多くが別の組合にも入っている。最近は何処でも、そうなっているという。
 組合員中の日系は約2割。この数字は少ない気もするが、全体的な日系農業者の減少を勘案すれば、そんなものであろう。
 組合の幹部は殆どが日系人である。従業員は1850人。組合員、従業員の数は創立以来、継続的に増加している。
 2014年の事業量は19億3598万R$。純益が5118万R$。 入荷する生産物は大豆とミーリョが主で、ほかに小麦やカフェーがある。営農資材・加工品の販売は肥料、農薬、ミーリョの粉、種子、飼料など。
 組合員への融資は充分な抵当をとり、焦付きを最小限に抑えようとしている。コチア瓦解の主因の一つが、この焦付きであった。
 2015年の事業量は20億R$を超す見込みである。この事業量を旧北パラナ単協時代と比較しようとしても、貨幣価値が変わってしまっている現在、数字では把握しにくい。インテグラーダの職員は、量的に数倍と見ているという。
 インテグラーダのほかにも、他のコチアの単協傘下のレジョナルで、新組合をつくり事業を継続しているところが何カ所かある。その事業量も合せれば、旧コチア産組のそれに近いものになるのではあるまいか。
 一部の苦戦の噂は聞くが、今尚、善戦するコチアの残党たちは存在するのである。
 
補 筆

 ロンドリーナの日系社会に関して、多少補筆しておくと、同市の日系人口は推定で5千家族という。地元の中心団体アセル=ロンドリーナ文化体育協会=は健在である。広い敷地と充実した施設が、初めての訪問者をビックリさせる。
 州内の文協の連合組織アリアンサ(パラナ日伯文化連合会)は、呼称は今でもアリアンサで通っているが、正式にはリーガ・パラナ日伯文化連合会と変わっている。
 これに属している文協は、かつては74団体あったが今は54団体、日本語学校は70校以上あったが33校になっている。その減少は寂しいが、それでもスポーツ、文化、日本語教育などの分野で、年間180のプログラムを実施しておるという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ロシアがブラジル産大豆に農薬減求める=輸入量の一時削減も考慮=ブラジル大豆は多くが遺伝子組み換え2019年2月6日 ロシアがブラジル産大豆に農薬減求める=輸入量の一時削減も考慮=ブラジル大豆は多くが遺伝子組み換え  ブラジル産大豆から大量の農薬、特に除草剤が検出されているとして、農薬を減らさない限り大豆の輸入量を制限する一時措置をとる可能性があると、ロシア農業省がブラジル農牧供給省に通告してきたと、4日付ブラジル紙が報じた。  通告を発したのはロシア農業省所管機関の獣医学・植物検疫局で […]
  • お握りならぬ「お握らず」?!=親子料理教室に50人が参加2019年2月6日 お握りならぬ「お握らず」?!=親子料理教室に50人が参加  今井恵美さんが企画した、日本の料理家・秋山加代子さんが指導する親子料理教室「お握らずワークショップ」が先月27日、文協地下のグルメスペースで催された。これは日本の食文化を紹介することを目的としたもので、文協青年部の青木リジアネ・ヨシエ部長、松本ギレルメ・セイゴ副部長ら […]
  • 震災から8年、岩手県山田町=苦境乗り越え、取り戻した日常=(下)=生きるために働かなくては2019年2月1日 震災から8年、岩手県山田町=苦境乗り越え、取り戻した日常=(下)=生きるために働かなくては  町の案内を快く引き受けてくれたトミさんは、娘の智子(さとこ)さん(67)が営む文房具屋に連れて行ってくれた。震災時、店舗は震災により引き起こされた火災で全焼し、在庫商品もすべて灰と化した。  町役場が備品を必要としていたため、自身も被災していたにもかかわらず、業者か […]
  • 新潟農業研修=母県から4人、農家を視察=1400haの大豆農場も2019年1月30日 新潟農業研修=母県から4人、農家を視察=1400haの大豆農場も  新潟県が実施する「平成30年度農業青年等国際交流推進事業」を通じて、青年農業者4人が来伯した。一行は各地で活躍する新潟県人を中心とする日系農家を視察して見聞を広め、23日に帰路に着いた。  本制度は89年に始まり、92年からは新潟への研修生受入がはじまる形で、隔年で […]
  • 食生活や適度な運動で寝たきりや引きこもりを防ごう2019年1月17日 食生活や適度な運動で寝たきりや引きこもりを防ごう  11月にご主人を亡くされたSさんに会い、あちこちが痛むからスポーツジムで水泳などを始めたと聞いた。これを聞いてすぐ、ご主人の介護などで外出の機会が減り、ビタミンD欠乏症やそれに伴う骨軟化症を起こしかけているのではと考えた。朝早くから夜遅くまで働き、昼食時や休憩時も会社の中とい […]