fbpx
ホーム | 連載 | 2015年 | 『百年の水流』開発前線編 第一部=北パラナの白い雲

『百年の水流』開発前線編 第一部=北パラナの白い雲

『百年の水流』開発前線編 第一部=北パラナの白い雲=外山脩=(99)

 勝山さんは「正直、真面目、勤勉……」と言って、一寸困った様に笑った。言わんとすることを、適格に表現できないもどかしさを覚えているようだった。 筆者が、ある知人から聞いた話を思い出して、「昔の親は、皆、日本人の恥になることをするナ、と言って子供を教育したそうですが……」と言うと、「そッそー、それ!」と、やや興奮した声が返ってきた ...

続きを読む »

『百年の水流』開発前線編 第一部=北パラナの白い雲=外山脩=(98)

2014年のマリンガ日本公園落成式で、抱き合って喜ぶプピン市長とバーロス前市長

2014年のマリンガ日本公園落成式で、抱き合って喜ぶプピン市長とバーロス前市長誰が、何故、日本語学校を再開したか?  ずっと昔からの緩慢な趨勢であるが、特に近年、各地で日本語学校の閉校が多い。ところが、マリンガーには、かつて一度閉めた学校を再開し、現在も存続させている――という珍しい事実がある。こういう例は、ほかに聞いたことはな ...

続きを読む »

『百年の水流』開発前線編 第一部=北パラナの白い雲=外山脩=(97)

2014年に正式に開所式をしたマリンガー日本公園

巨大日本庭園?  出稼ぎ帰りの中には――マリンガー出身者以外でも――ここに居を求める人が多い。ただし仕事は、農業を選ぶ人はいない。 マリンガー文化体育協会、略称アセマの会員は900人。毎年、日本文化週間を催している。今年で24年目になる。日本語学校や宗教団体が協力する。舞踊、生け花を披露し、日本食を出す。1、200~1500人が ...

続きを読む »

『百年の水流』開発前線編 第一部=北パラナの白い雲=外山脩=(96)

 これは、メジャーと契約して営農して来た生産者に共通する悔しさであろう。つまり、最初、メジャー側からウマイ話を持ちかけられて契約し、セレアイスを植えた。しばらくは好調に行った。 が、彼らが巧みに生産者の営農規模を拡大させたため、全体の生産量が増え過ぎ、市況が落ちてしまった。 気がついた時には、借金が膨れる一方。偶々、市況が回復し ...

続きを読む »

『百年の水流』開発前線編 第一部=北パラナの白い雲=外山脩=(95)

マリンガー  すでに記した通り、北パラナ土地=開発=会社は、ロンドリーナの西方に、多数の植民地をつくった。その内の三十数カ所に日本人が入植した。 しかし資料類で調べた限りでは、そこに興味深い人物やドラマチックな話題は見つからなかった。一カ所ずつ現地を訪れて取材すれば、発掘できるかもしれないが、丁寧にやれば、一年は要しよう。結局、 ...

続きを読む »

『百年の水流』開発前線編 第一部=北パラナの白い雲=外山脩=(94)

インテグラーダなどの組合の施設

 ともあれ、インテグラーダ側が否定する以上、(コチアが生き返った!)という捉え方は、筆者の感傷が生んだ幻覚であったことになる。 消えた白い雲とは全く別の新しい白い雲が、北パラナの青空高く浮かんでいる――と表現を変えるべきであろう。  善戦する残党たち  インテグラーダは、その発足時、コチアの職員だった人々を雇用した。報酬は20~ ...

続きを読む »

『百年の水流』開発前線編 第一部=北パラナの白い雲=外山脩=(93)

旧コチア紡績工場(現インテグラーダ経営)

 そうした中で、北パラナ単協の組合員たちは、諦めなかった。1995年末、全く新しい組合インテグラーダを設立、起死回生を図った。これには、同単協に属していた22レジョナル(地域)の内14レジョナルが参加した。 その代表28人が出席して創立総会を開き、1281人が組合員として参加、本部をロンドリーナに置いてスタートした。その後、幾つ ...

続きを読む »

『百年の水流』開発前線編 第一部=北パラナの白い雲=外山脩=(92)

インテグラーダ農業組合

 チバジー河以西の日系人は元々、小農であった。大型化・機械化など簡単に出来ることではなかった。ために土地を売って離農する人が多く出た。偶々、運に恵まれ資金を蓄えていた人が、それを買い、規模を拡大、機械も導入して行った。かくして、ここでも小農は呑み込まれるという流れが生まれ、これが長期化、現在も続いている(収穫物の一部を受取るとい ...

続きを読む »

『百年の水流』開発前線編 第一部=北パラナの白い雲=外山脩=(91)

一つ一つ手放し…  そのうち、幸い、アリアンサの職員白戸和子さんや農産組合インテグラーダの幹部職員大原シロウ(四郎)さんが、柞磨宗一の縁者、前田パウロ氏を探し出し、事情を聞き、筆者に伝えてくれた。 前田氏は若い頃、学業のため、ロンドリーナの柞磨宅に寄宿、後に仕事も手伝ったという。 同氏によれば、柞磨宗一は、1962年、デハメを患 ...

続きを読む »

『百年の水流』開発前線編 第一部=北パラナの白い雲=外山脩=(90)

 筆者は「一章 カンバラー」以降、アルマゼン、特に仲買で財を成した人々のことに繰返し触れてきたが、柞磨宗一も、その道を歩み始めていた。カフェー精選工場、精綿工場も開業した。これは仲買を本格化したことを意味する。200アルケーレスのカフェザールも持った。 1933年、その頃、新開地として噂になっていたロンドリーナへ、穀物の買付けに ...

続きを読む »