ホーム | コラム | 樹海 | 移民史の基礎文献をポ語訳する意義

移民史の基礎文献をポ語訳する意義

醍醐麻沙夫さんの「ブラジル移民文庫」サイト

醍醐麻沙夫さんの「ブラジル移民文庫」サイト

 大学時代に担当教官に良く言われたのは、「専門家と云われるためには、最低100冊の関係書籍を読め」という言葉だった。当地で「日本移民史の研究者がいない」との嘆きを聞くたびに思うのは、「ポ語訳された日本移民史の基礎文献が100冊あるのか?」という疑問だった。文献がなければ、研究者になりたくてもなれない▼そもそも子孫が日系意識を持ち、ルーツへの関心を高めるには移民史知識が必要だ。歴史を知ることは、思想的な〃足腰〃を鍛えることだ。足腰がしっかりしていないと、腹が据わらない。移民史への関心を高めるためには、研究者が時間をかけて興味深い事実を掘り返すことが必要だ。でも掘り返すための材料、基礎的な情報がないのが現状だ▼移民史研究には、まず日本語を5年、10年がかりで勉強して文献を読みこなす必要がある―そんなハードルの高さから若い研究者の多くが脱落する。だから、今までに書かれたポ語移民史は、少ししかない基礎文献の焼き直しが多い▼式典とか花火などのイベントと違って、後世に残る数少ない貴重な百周年記念事業の一つ、醍醐麻沙夫さんの「ブラジル移民文庫」サイト(www.brasiliminbunko.com.br)は素晴らしい仕事だ。移民史の基礎文献がPDF化されて、誰でも無料で読める。この日本語版には約160冊が収められ、これを読むだけで専門家になれる▼ところが、同文庫のポ語版サイト(www.imigrantesjaponeses.com.br)には約40冊しかない。しかも、基礎文献は永田稠『南米写真帳』、竹下写真館『在伯同胞活動実況写真帳』、『80年史』、半田知雄『移民の生活の歴史』、『ブラジル沖縄県人移住史』、香山栄一『チエテ郷土史』の訳ぐらいか。これは醍醐さんのせいではなく、ポ語訳出版物自体が少ないからだ▼移民150周年に向けて、基礎文献100冊を翻訳出版するプロジェクトができないものか。でないと、せっかく日本語では潤沢に出版されている移民史の血肉となる逸話が、子孫に伝わらない。同じ基礎文献からの焼き直しばかりでは面白くないし、間違いがあれば何度でも繰り返して引用される危険がある▼連載中の軽業師・竹沢万次にしても、『埋もれ行く拓人の足跡』(鈴木南樹、1967年復刻)がポ語訳されていないから、日本人軽業師に関して断片的な情報しかポ語論文に用いられていないと痛感する▼最低でも次の文献のポ語訳は必要ではないか。鈴木南樹『伯国日本移民の草分』『~足跡』、野田良治『ブラジル人国記』、輪湖俊午郎『バウルー管内の邦人』、児玉正一『上塚周平』、『香山六郎回想録』、人文研『日系社会史年表』、『ブラジルに於ける邦人発展史』(上、下)、『移民40年史』、『移民70年史』、『物故者列伝』、『文協50年史』、『パラナ日系60年史』、『北原地価造追悼集』、アルバレス・マッシャード『拓魂』、『プロミッソン十周年史』、『コロニア芸能史』、『南米の戦野に孤立して』、『日々新たなりき』。ポ語にすれば未来永劫、子孫が使える。そんな100年後を見据えたプロジェクトをやろうという人や支援者はいないだろうか。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 移民110周年で立ち上がれ! ノロエステ2016年11月25日 移民110周年で立ち上がれ! ノロエステ […]
  • リベルダーデの名の由来と人骨発見の関係2018年12月11日 リベルダーデの名の由来と人骨発見の関係  先週、「リベルダーデ区の建設現場から帝政時代の奴隷の人骨が発見された」とグローボTV局をはじめ、伯字メディアが盛んに報じた。ガルボン・ブエノ街の建物を取り崩し、商業ビルを建築するために地下を掘っていたら7体の人骨が出てきたという。  リベルダーデ(自由)広場の名前の […]
  • 明治のどの部分からブラジル移住は始まったか2018年4月10日 明治のどの部分からブラジル移住は始まったか  「明治維新150周年」が日本で盛大に祝われようとしている。明治のどんな部分からブラジル移民が始まったのかを解き明かしたいコラム子にとっては、少々関心がある行事だ。  というのも「なぜ日本で殖民事業を開始した榎本武揚や“ブラジルの吉田松陰”大武和三郎は旧幕臣で、水野龍 […]
  • 日本移民110周年は目前だ! (連載2)=できればマリリアにもご来訪を2016年10月14日 日本移民110周年は目前だ! (連載2)=できればマリリアにもご来訪を  次の節目である日本移民110周年まで、あと1年と8カ月になったが、まだ記念事業の計画は聞こえてこない。日本から皇室をお呼びし、大きな事業をするのであれば、遅くとも1年前には大筋が決まっていないと難しい。本来なら、この年末、遅くとも来年前半が勝負時のはずだ。  世紀の節目 […]
  • 静岡県人会は先駆者に敬意を表さないのか?2015年8月6日 静岡県人会は先駆者に敬意を表さないのか?  上塚周平は「移民の父」、渡辺トミ・マルガリーダは「コロニアの聖母」と言われるように、平野運平は「祖人」と形容される。その人にしか使われない特別な説明語が着く人物は、移民史上ごく少ない。本当に敬愛される人物にだけ許された特権だ▼「祖人」を辞書で探しても出てこない […]