ホーム | コラム | 樹海 | 「明日でいいや」は通らない

「明日でいいや」は通らない

 日曜朝、パンを買いに出たら、隣人が「Sさんが昨日亡くなった」と教えてくれた。1時から埋葬と言うので、帰りに墓地の住所を聞き、葬儀に駆けつけた。Sさんは以前参加していた会館の会員でもあったため、葬儀には顔見知りも多かった▼だが、その中の一人が「これからOさんの葬儀にも行くが、一緒に行くか」と聞いてきたので、急遽同行。「同じ日に昔の会館の2人が亡くなるとは」と思っていたら、墓地では、今、参加している会館の友人や近所の人ともバッタリ。丁度、カラオケ大会の当日だったので、葬儀の後に現在参加中の会館に行くと、「私はOさんのいとこ」と言われ、「世間は狭い」と実感した▼Sさんはしばらく闘病中で、眠ったまま息絶えたと聞き、「安眠した」と思えた。だが、Oさんは急に胸の痛みを訴えて病院に運ばれ、一旦持ち直したが、病院で再び発作が起き、帰らぬ人となった。本当に「人生はいつ何が起きるかわからない」と思わされる▼一連の出来事を通して思い出したのは、昔、朝日新聞で見た「思い立ったが吉日」というコラムだ。携帯電話の通信ソフトで見たメッセージにも「今日出来る事を明日に延ばすな」というものがあった。「明日やればいい」と放置すると、次の日は別の事が起きたり忘れたりし易い。聖書には「天の下では、何事にも定まった時期があり、すべての営みには時がある」ともある。人との出会いを大切にし、今、与えられた時を精一杯生きる事は、明日に悔いを残さない事にも繋がる。Oさんの葬儀から帰る車中で、知人から「時は作るもの」と聞き、改めて「『忙しい』は言い訳に出来ないな」とも思わされた。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • インディオから学び共生する戦後移民、山木源吉2019年2月19日 インディオから学び共生する戦後移民、山木源吉  「インディオは猿を食べる。どうやって食べるかといえば、そのまま焚火にくべて丸焼きにするんだ。最初、毛が焼ける臭いがして、腹がプクーッて膨らんで、ポンって弾ける。そのうち頭が焼けてきて、歯をむき出したような顔になるんだ。正直って食べる気しないけど、皆と一緒に食べたよ、も […]
  • サンフランシスコ川に鉱毒が流れ込んだら悪夢…2019年2月12日 サンフランシスコ川に鉱毒が流れ込んだら悪夢…  人生における「幸運の総量」は決まっているのか?――3年前のマリアナの鉱滓ダム決壊で生き延びた人が、今回のブルマジーニョでは行方不明になったとの報道に接し、そんなことを考えさせられた。2月3日付ヴェージャ誌サイトによれば、溶接工エリジオ・ジアスさん(32)はヴァーレの下 […]
  • ネイマールはこのままでいいのか?2019年2月8日 ネイマールはこのままでいいのか?  昨年のW杯でいまひとつ活躍できず、むしろ髪型や大げさな転倒などをからかわれたネイマール。それ以降、イメージのよくない彼だが、今週、「果たして彼に、自覚はあるのか?」と首をかしげずにはおれない行動をとった▼それは4日夜にパリで行なわれた彼の誕生会だった。27回目の誕生日 […]
  • アユタヤ日本人町の二の舞を演じるな=サンパウロ新聞廃刊について思うこと2019年2月5日 アユタヤ日本人町の二の舞を演じるな=サンパウロ新聞廃刊について思うこと  昨年末をもってサンパウロ新聞(以下、サ紙)が廃刊した。あちこちから「それについて書かないのか」とせっつかれる。他人ごとではないだけに非常に気が重いテーマだ。まず思い浮かぶのは「お疲れさま。お互いよくここまで持った」という感慨だ。110周年まで日刊2紙が生き残ったこと自 […]