ホーム | コラム | 樹海 | 「明日でいいや」は通らない

「明日でいいや」は通らない

 日曜朝、パンを買いに出たら、隣人が「Sさんが昨日亡くなった」と教えてくれた。1時から埋葬と言うので、帰りに墓地の住所を聞き、葬儀に駆けつけた。Sさんは以前参加していた会館の会員でもあったため、葬儀には顔見知りも多かった▼だが、その中の一人が「これからOさんの葬儀にも行くが、一緒に行くか」と聞いてきたので、急遽同行。「同じ日に昔の会館の2人が亡くなるとは」と思っていたら、墓地では、今、参加している会館の友人や近所の人ともバッタリ。丁度、カラオケ大会の当日だったので、葬儀の後に現在参加中の会館に行くと、「私はOさんのいとこ」と言われ、「世間は狭い」と実感した▼Sさんはしばらく闘病中で、眠ったまま息絶えたと聞き、「安眠した」と思えた。だが、Oさんは急に胸の痛みを訴えて病院に運ばれ、一旦持ち直したが、病院で再び発作が起き、帰らぬ人となった。本当に「人生はいつ何が起きるかわからない」と思わされる▼一連の出来事を通して思い出したのは、昔、朝日新聞で見た「思い立ったが吉日」というコラムだ。携帯電話の通信ソフトで見たメッセージにも「今日出来る事を明日に延ばすな」というものがあった。「明日やればいい」と放置すると、次の日は別の事が起きたり忘れたりし易い。聖書には「天の下では、何事にも定まった時期があり、すべての営みには時がある」ともある。人との出会いを大切にし、今、与えられた時を精一杯生きる事は、明日に悔いを残さない事にも繋がる。Oさんの葬儀から帰る車中で、知人から「時は作るもの」と聞き、改めて「『忙しい』は言い訳に出来ないな」とも思わされた。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 日ごろの成果が本番に出る2019年5月30日 日ごろの成果が本番に出る  中学、高校の部活でバレーボールをやっていた時分、「日ごろの成果が試合に出る」、「普段からやっていない事は本番では出来ない」とつくづく感じた事がある▼150センチそこそこの身長では、少々ジャンプ力があっても、高校レベルでは攻撃要員にはなれない(同好会程度ならOKだが)。必然的に […]
  • 残るは「民主的でない人」ばかり?2019年5月24日 残るは「民主的でない人」ばかり?  今度の日曜の26日に、ボウソナロ大統領の支持者たちが、彼を改めて強く支持するためのデモを行なうという。仮想敵は、連邦議会で大統領の意見を通そうとしない、「古い政治家たち」なのだという▼だが、少しでも国内のニュースに目を通している人なら、現在のボウソナロ政権の政策が進捗 […]
  • 互いの思いを伝える事を大切に2019年5月23日 互いの思いを伝える事を大切に  ブラジルには、日本では見かけない祝日や記念日が多い(日本にもあるのに知らないだけかもしれないが)。ちなみに、5月22日は「抱擁の日」(Dia do […]
  • ボウソナロ家の新たな「奇遇」2019年5月17日 ボウソナロ家の新たな「奇遇」  まだ大きなメディアが取り上げてはいないが、国内のSNSで密かに話題になりはじめている事態が起きている。13日、ニュース・サイトDCMはボウソナロ大統領次男のカルロス氏が、昨年の7月7日~9日にかけて、サンタカタリーナ州サンジョゼにあるガン・クラブ「38」に通っていた事 […]