ホーム | コラム | 樹海 | 「明日でいいや」は通らない

「明日でいいや」は通らない

 日曜朝、パンを買いに出たら、隣人が「Sさんが昨日亡くなった」と教えてくれた。1時から埋葬と言うので、帰りに墓地の住所を聞き、葬儀に駆けつけた。Sさんは以前参加していた会館の会員でもあったため、葬儀には顔見知りも多かった▼だが、その中の一人が「これからOさんの葬儀にも行くが、一緒に行くか」と聞いてきたので、急遽同行。「同じ日に昔の会館の2人が亡くなるとは」と思っていたら、墓地では、今、参加している会館の友人や近所の人ともバッタリ。丁度、カラオケ大会の当日だったので、葬儀の後に現在参加中の会館に行くと、「私はOさんのいとこ」と言われ、「世間は狭い」と実感した▼Sさんはしばらく闘病中で、眠ったまま息絶えたと聞き、「安眠した」と思えた。だが、Oさんは急に胸の痛みを訴えて病院に運ばれ、一旦持ち直したが、病院で再び発作が起き、帰らぬ人となった。本当に「人生はいつ何が起きるかわからない」と思わされる▼一連の出来事を通して思い出したのは、昔、朝日新聞で見た「思い立ったが吉日」というコラムだ。携帯電話の通信ソフトで見たメッセージにも「今日出来る事を明日に延ばすな」というものがあった。「明日やればいい」と放置すると、次の日は別の事が起きたり忘れたりし易い。聖書には「天の下では、何事にも定まった時期があり、すべての営みには時がある」ともある。人との出会いを大切にし、今、与えられた時を精一杯生きる事は、明日に悔いを残さない事にも繋がる。Oさんの葬儀から帰る車中で、知人から「時は作るもの」と聞き、改めて「『忙しい』は言い訳に出来ないな」とも思わされた。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 池坊ラ米橘支部花展、15日=文協貴賓室に約50点展示2017年9月6日 池坊ラ米橘支部花展、15日=文協貴賓室に約50点展示  池坊ラ米橘支部(田中涼華支部長)の『第33回花展』が16、17日の両日、午後1時~6時まで、サンパウロ市文協ビル(Rua Sao Joaquim, […]
  • 東西南北2014年3月20日 東西南北 ニッケイ新聞 2014年3月20日  18日午後、サンパウロ市をテンポラル(強いにわか雨)が襲い、主に西部と南部で冠水の被害が起きた。特に目立ったのは西部のヴィラ・マダレーナで、アルモニア通りでは急増した水で持ち上げられ、流された車が、別の車の上に乗った状態になるほどの大水と […]
  • 強い「高校相撲」=全伯大会に参加へ2006年7月4日 強い「高校相撲」=全伯大会に参加へ 2006年7月4日(火)  サンパウロ州アラサツーバ市で二十二、二十三日開催される、ブラジル相撲連盟(赤木政敏会長)主催の第四十五回全伯相撲選手権大会、第十一回南米相撲選手権大会に特別参加するため、日本代表団が来伯する。 […]
  • □ヒト町点描□半年過ぎたら3回目を2021年10月15日 □ヒト町点描□半年過ぎたら3回目を  「サンパウロ市に住む74歳なのですが、いつから3回目のワクチンを打てるのですか」「まだ6カ月経っていないのですが、打てるのでしょうか」――読者から電話でそんな問い合わせがあった。  さっそくサンパウロ市コロナウイルス・ワクチン接種情報サイト(https://www. […]
  • 西式健康相談、14日2016年2月4日 西式健康相談、14日  西式健康法ブラジル支部による「無料健康相談」が、14日午前9時から同支部(Rua Martiniano de Carvalho, 959, Bela […]