ホーム | コラム | 樹海 | 「明日でいいや」は通らない

「明日でいいや」は通らない

 日曜朝、パンを買いに出たら、隣人が「Sさんが昨日亡くなった」と教えてくれた。1時から埋葬と言うので、帰りに墓地の住所を聞き、葬儀に駆けつけた。Sさんは以前参加していた会館の会員でもあったため、葬儀には顔見知りも多かった▼だが、その中の一人が「これからOさんの葬儀にも行くが、一緒に行くか」と聞いてきたので、急遽同行。「同じ日に昔の会館の2人が亡くなるとは」と思っていたら、墓地では、今、参加している会館の友人や近所の人ともバッタリ。丁度、カラオケ大会の当日だったので、葬儀の後に現在参加中の会館に行くと、「私はOさんのいとこ」と言われ、「世間は狭い」と実感した▼Sさんはしばらく闘病中で、眠ったまま息絶えたと聞き、「安眠した」と思えた。だが、Oさんは急に胸の痛みを訴えて病院に運ばれ、一旦持ち直したが、病院で再び発作が起き、帰らぬ人となった。本当に「人生はいつ何が起きるかわからない」と思わされる▼一連の出来事を通して思い出したのは、昔、朝日新聞で見た「思い立ったが吉日」というコラムだ。携帯電話の通信ソフトで見たメッセージにも「今日出来る事を明日に延ばすな」というものがあった。「明日やればいい」と放置すると、次の日は別の事が起きたり忘れたりし易い。聖書には「天の下では、何事にも定まった時期があり、すべての営みには時がある」ともある。人との出会いを大切にし、今、与えられた時を精一杯生きる事は、明日に悔いを残さない事にも繋がる。Oさんの葬儀から帰る車中で、知人から「時は作るもの」と聞き、改めて「『忙しい』は言い訳に出来ないな」とも思わされた。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 「マイノリティはついて来い」の限界2018年12月7日 「マイノリティはついて来い」の限界  12月2日、サッカーの全国選手権で優勝したパルメイラスの最終戦で、現在の伯国を象徴する出来事が起こった。この日は同チームのファンを公言するジャイール・ボウソナロ次期大統領がチームの経営陣に招待された。同氏は、試合後にグラウンドに降り、優勝の記念写真に収まるは、優勝杯を […]
  • エドアルドよ、グローバル時代の演歌をうなれ2018年12月4日 エドアルドよ、グローバル時代の演歌をうなれ  「日本で活躍するブラジル人」という言葉は、死語に近いと思っていた。日産のカルロス・ゴーンはブラジル人としては別格的な存在だったが、先日逮捕された。とはいえ、普通の日本の日本人にとっては、「フランス人」の印象の方が強かったのではないか。  かつて20人近くのコロニア力 […]
  • 東西南北2018年12月5日 東西南北  昨日付本欄で、2日にジャイール・ボウソナロ次期大統領がパルメイラスの今季最終戦を観に行き、チームと共に優勝を祝った話を報じたが、3日はその際に起きたもう一つのことで盛り上がっている。それは優勝メダル授与式で、パルメイラスのフォワード、ウィリアンがメダルを受け取った後、目の前に […]
  • 《ブラジル》NHKのど自慢の決勝大会で優勝した平田ジョエが、日本でプロデビューしなかったワケ2018年11月27日 《ブラジル》NHKのど自慢の決勝大会で優勝した平田ジョエが、日本でプロデビューしなかったワケ  「日本で8万人の中からボクが1位に選ばれたんだ。生涯であれほどうれしいことはなかった。細川たかしから『プロにならないのか?』って聞かれたんだよ」――平田ジョエさん(51、三世)はまるで昨日のことのように1994年3月のことを思い出す。  クルツゥーラTV […]
  • 多様性は大学と学生の双方を豊かにする2018年11月29日 多様性は大学と学生の双方を豊かにする  27日朝、ポ語の新聞に出ていないニュースや新聞発刊後の動きを確認するためにサイトを見ていたら、サンパウロ州立カンピーナス大学入試委員会が、アマゾナス州サンガブリエル・ダ・カショエイラ市に試験官を派遣し、初めての先住民枠用の入試を行うとの記事が目に飛び込んだ▼先住民枠用の入試は […]