ホーム | コラム | 樹海 | 絡んだ糸が次第に解ける

絡んだ糸が次第に解ける

 22日敢行のラヴァ・ジャット作戦(LJ)第23弾後、「連警の捜査進展と共に、絡んだ糸が次第に解けて来た」との感が強まった▼新聞やTVの報道を通し、汚職に関与した疑惑企業や賄賂を流す人物、その金で私腹を肥やす人物などが、想像を超えた範囲で結びついている事が明らかになってくるのだ。ルーラ前大統領が再選を遂げた06年以降、3回の大統領選で労働者党(PT)の選挙参謀を務めたジョアン・サンタナ氏への疑惑が報じられた後、予想以上に早い時期に逮捕令状が出たのも驚きだった▼だが、連日の報道で、それ以前の捜査絡みで集めた送金記録などが「国外で受け取った未申告の金は外国での選挙支援報酬」というサンタナ氏の釈明を覆すとの記事を読み、連警や検察庁の捜査官の忍耐力と聡明さに改めて感服。それと共に、不正や汚職は「隠そうとしてもいつか明るみに出るものだ」とも思った▼メンサロンやLJは、これまでの常識を覆す大掛かりな汚職の実態を明らかにし、法の目を潜り抜けて来た政治家達にも裁きが下る事を明らかにした。真の意味の全容解明まで行くかは誰にも予想出来ない。だが、国民が重税に喘ぐ中、自分達の利益だけを追い求め、公金を着服するような政治家や企業に腹がたつ人、前、現大統領まで脅かすような捜査に拍手を送りたい人は多いに違いない▼これほどの大規模汚職が起きた理由やそれを許した体質解明も不可欠だし、政治家が捜査を妨害しないかも気にかかる。汚職関連企業の活動が止まり、失業した人や税収激減の自治体が増え、景気回復のめどさえ立たない中、解けた糸を紡ぎ、新たな布を織り成す人の出現も望まれる。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 喉元過ぎれば熱さを忘れると言うけれど2017年5月18日 喉元過ぎれば熱さを忘れると言うけれど  4月末、肘の痛みで医者に行き、重い物を持って炎症を起こしたのだと言われ、注射と投薬を受けた。だが、痛みが消えたと油断して買い物袋を持ったら、痛みが戻って元の木阿弥。「喉元過ぎて熱さを忘れた」故の失敗だ▼だが、伯国を見ると、人は簡単に「熱さを忘れる」ものだと思わされる。1992 […]
  • ロシア革命100周年と極右台頭2017年11月10日 ロシア革命100周年と極右台頭  ブラジルを代表する聖州の2大新聞、フォーリャ紙とエスタード紙は5日の紙面で、4ページからなる特別冊子編成扱いで共に「ロシア革命から100周年」の大特集を組んだ▼今回のこの100周年に関してはどこの世界もそれなりに記事としては展開しているが、一見ロシアとそれほど関係ない […]
  • 《ブラジル》爆弾発言「仕切っていたのはルーラだ」2017年5月9日 《ブラジル》爆弾発言「仕切っていたのはルーラだ」  「彼はこのエスケーマ(ペトロロン汚職のやり方)を全て知っていた。それどころか仕切っていた」――2015年3月に逮捕以来、ずっと否認を続けてきたペトロブラス元役員、レナト・ドゥッケ被告がこの5日、そう爆弾発言をした。長期勾留が堪え、司法取引をする気になって、急に口を開い […]
  • 《ブラジル》汚職撲滅に最高裁の壁?=ラヴァ・ジャット作戦の今後に大きな懸念2017年5月4日 《ブラジル》汚職撲滅に最高裁の壁?=ラヴァ・ジャット作戦の今後に大きな懸念  メンサロン事件の主犯で、ラヴァ・ジャット作戦(LJ)でも2度断罪されたジョゼ・ジルセウ元官房長官への人身保護令適用を、最高裁が2日に決めた▼メンサロン裁判の最中も賄賂を受け取り、刑務所を出れば犯罪を繰り返す可能性が高いとされて来た人物への同令適用は、今後のLJ捜査や裁判にも影 […]
  • 日本でこっそりルーラ批判をするムヒカ2016年4月13日 日本でこっそりルーラ批判をするムヒカ  日本で大人気のホセ・ムヒカ前ウルグアイ大統領(ドン・ペペ)の思想には、南米の2大国に挟まれた小国という地政学的な条件が深く影響を与えている気がする。その要素もまた日本人から共感を得やすい部分かもしれない▼ウ国は元々アルゼンチンの一部「東方州」だったが、1820年にポルトガル軍 […]