ホーム | 日系社会ニュース | ドナ・マルガリーダ=聖人申請に向け第一歩=命日翌日に委員会発足=没後20年ミサ契機に進展
没後20年のミサには遺影と書籍も飾られた
没後20年のミサには遺影と書籍も飾られた

ドナ・マルガリーダ=聖人申請に向け第一歩=命日翌日に委員会発足=没後20年ミサ契機に進展

 老人ホーム「憩の園」の創立者、ドナ・マルガリーダ(渡辺トミ・マルガリーダ、1900―1996、鹿児島)の命日の翌日に当たる13日、没後20年を記念したミサが、聖市ジョンメンデス広場のサンゴンサーロ教会で執り行われた。同日にはドナ・マルガリーダの列聖申請を本格化させるため、委員会も発足。運動を進める奥原マリオ純さんは、「今日をきっかけに活動を盛り上げたい。時間、労力を惜しまず取り組みたい」と意欲を語った。

 サンゴンサーロ教会では毎週日曜、午前8時から日本語で定例ミサが行なわれている。ドナ・マルガリーダの没後20年にあたる本年、命日に近い3月13日に追悼ミサが企画された。
 憩の園役員や、同じく彼女が創立した聖母婦人会の関係者ら、約80人が出席。司祭らが遺影と前山隆著の書籍『ドナ・マルガリーダ』ポ語版と共に入場した。
 山本イサオ司祭は「今日はドナ・マルガリーダの95年の人生を賛辞するための集りです。人を助ける姿勢、勇気、生き方を模範とし神に祈りを捧げましょう」と説いた。
 戦中に敵性国民として拘置された日本移民の救済活動を始め、「憩の園」創立発展などに生涯を捧げた経歴がポ語で読み上げられ、賛美の言葉を持って祈りが捧げられた。
 参列した聖母婦人会の安岡ローザ前会長(81、二世)は、「父(瀬尾竹右衛門)は憩の園創設の協力者だった関係で、私が子どものころ、彼女はカーザ・ヴェルデの家に良く来ていた」と過去を懐かしんだ。
 この日を境に、聖人申請に向けた委員会も立ち上げた。今年1月、イマクラーダ・コンセイソン修道会のセリア・カドリン女史から「団体を立ち上げ運動を進めるように」と助言を得たことがきっかけ。伯国の聖人4人の内、2人は彼女によるものだ。
 委員会は、元聖母婦人会長の畑中アリッセさんを代表に6人で始動。奥原さんは「ここまで来るのに2年かかった」と苦労を見せながら、「直接面識のある人物が多く健在であり、ドナが移住者であるという経歴が加味されれば可能性は高いはず」と強調した。
 聖人として認められる列聖の前には、福者の地位を得られる「列福」がある。奥原さんは「列福までに2度、そのあと列聖に1度と、計3段階の審査がある。最低でも20年かかると見ている」と、大まかな見通しを語った。道のりは険しいが、聖人誕生に向け着実に一歩を踏み台した。


□関連コラム□大耳小耳

 没後20年を機に、ドナ・マルガリーダの列聖に向け委員会が発足したが、「最速20年」というので道のりは中々に険しそう。今年1月には江戸時代のキリシタン大名、高山右近(1552―1615)が聖人に次ぐ福者に認定された。日本人個人として初の列福で、1965年に運動が開始、09年に本格化したという例がある。認定は殉教者とそれ以外に分類され、右近は殉教者、ドナ・マルガリーダはそれ以外だ。殉教者以外の者には奇跡(超自然的現象)が必要とされるが、彼女の功績ほか、奇跡的な逸話を集めることも必要ということか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ドナ・マルガリーダ=聖人申請に強力な助っ人登場=2列聖実現したセリア修道女=没後20年ミサ、協会設立へ2016年1月30日 ドナ・マルガリーダ=聖人申請に強力な助っ人登場=2列聖実現したセリア修道女=没後20年ミサ、協会設立へ  老人ホーム「憩の園」の創立者、渡辺トミ・マルガリーダ女史(通称=ドナ・マルガリーダ)をローマ法王庁に聖人申請する動きに強力な助っ人が現れた。それはイマクラーダ・コンセイソン修道会のセリア・カドリン女史(89)で、伯国生まれでは初の聖人フレイ・ガルボン(1739―1822)や、 […]
  • サントス=邦人銃殺事件の2人目逮捕=証言から20歳男割り出す2016年1月30日 サントス=邦人銃殺事件の2人目逮捕=証言から20歳男割り出す  【リオ・デ・ジャネイロ共同】ブラジル・サンパウロ州サントスで昨年10月、日本人男性が2人組の強盗に銃で撃たれて死亡した事件で、警察当局は28日、州内で20歳の男を逮捕した。地元メディアが伝えた。事件では今月、16歳の少年が既に逮捕されている。 事件は昨年10月19日未明に発生 […]
  • ラチーノ学院=生徒20人が新たな門出=東近江移転後初の卒業式2016年1月8日 ラチーノ学院=生徒20人が新たな門出=東近江移転後初の卒業式  日本ラチーノ学院の卒業式が昨年12月19日、滋賀県東近江市の永源寺コミュニティセンターで挙行された。昨年、近江八幡市から移転された同校にとって初めての卒業式。来賓に東近江市の小椋正清市長や市職員、市会議員らが出席し、幼稚部から高等部まで計20人の生徒を温かく送りだした。 日本 […]
  • 裏千家=3代目を偲び宗旦忌=20年修行5氏に茶名も2015年12月4日 裏千家=3代目を偲び宗旦忌=20年修行5氏に茶名も  茶道裏千家ブラジルセンター(林宗一代表)が3代目家元・千宗旦氏の茶徳を偲ぶ『宗旦忌』を22日、聖市・文協ビル内の裏千家教場「伯栄庵」で開催した。 ちびっ子から90代まで幅広い層から約100人が訪れ、濃茶や薄茶などを楽しんだ。点心席では刺身や吸い物、炊き合わせなどの懐石料理が振 […]
  • 焼香をする参列者ら2015年1月20日 兵庫県人会=阪神淡路大震災20回忌法要=80人が焼香、犠牲者偲ぶ=「不死鳥のように蘇った」  ブラジル兵庫県人会(尾西貞夫会長)は17日、聖市リベルダーデ区の宮城県人会館で『阪神淡路大震災二十年法要』を行った。約80人が参列し、同災害で亡くなった6434人へ黙祷を捧げた。井戸敬三県知事からのメッセージが代読されたほか、震災復興の様子がわかる写真展も行われた。 19 […]