ホーム | 日系社会ニュース | 「慰問は使命」里見流家元ら=サントス厚生ホームで公演

「慰問は使命」里見流家元ら=サントス厚生ホームで公演

マイクを持つ里見香華さんと新内さん(後列左から2人目)

マイクを持つ里見香華さんと新内さん(後列左から2人目)

 文協大講堂で6日に開催された『日伯交流・歌と踊りの祭典』のため来伯した、里見流家元と新内枝幸太夫さんら一行。翌7日早朝には、芸能プロダクションの藤瀬圭子さんの案内で、サントス厚生ホームへ慰問公演に向かった。
 「福祉施設の慰問は私の使命」という家元の里見香華さん。早朝から入居者が支度して待機していた同ホームで、大歓迎を受けた。
 土井セルジオ同ホーム運営委員長と、伊豆味リカルドホーム長の出迎えを受けて公演開始。里見さんの挨拶に続き、名取である里見華舟さんが「関東春雨傘」、里見華福さんが「じょんがら女節」を熱演した。
 歌手の新内枝幸太夫さんが弾き語りで都都逸など数曲を披露、新内流名取の篠崎芳子さんも心に染み入るような美声で歌い上げた。
 途中、新内さんらは入居者に言葉をかけながら花束や日本からのお土産を手渡した。
 最後に新内さんが新曲「今夜はマンボ」を鍛え磨かれた喉で歌い、拍手喝采を浴びながら1時間のプログラムが終了した。
 「また来年来ます」と言葉を残し、当日の午後10時、一行はグアルーリョス空港から帰国の途に着いた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • サンパウロ市クラコランジア=冷たい雨の下、一掃作戦強行=警察900人動員38人逮捕2017年5月23日 サンパウロ市クラコランジア=冷たい雨の下、一掃作戦強行=警察900人動員38人逮捕  【既報関連】サンパウロ市セントロ、ルス区の麻薬汚染地帯クラコランジアで21日朝、警察が地域一掃作戦を行ったと、22日付現地紙各紙が報じた。  市警、軍警あわせて900人を動員して行われた作戦では、麻薬密売者ら38人が逮捕され、ナイフや銃などの武器多数と麻薬が押収され […]
  • 琉球民謡保存会28日に祭典=来月には母県の本大会へ2017年5月24日 琉球民謡保存会28日に祭典=来月には母県の本大会へ  琉球民謡保存会ブラジル支部(城間伸明(のぶひろ)会長)は、『第10回琉球民謡の祭典』を28日午後13時から、同県人会会館(Rua Tomas de Lima, 72, […]
  • 「タフな精神を身に付けて!」=カズの兄、サッカーの三浦泰年氏=7月に少年チーム来伯試合計画2019年2月15日 「タフな精神を身に付けて!」=カズの兄、サッカーの三浦泰年氏=7月に少年チーム来伯試合計画  プロサッカー選手の三浦知良氏こと〝カズ〟の実兄で、元サッカー選手、現在はサッカーコーチやサッカービジネスの経営者として手腕を発揮する三浦泰年氏が13日に来社し、少年サッカーチームの強化遠征試合の計画について本紙の取材に応えた。  三浦氏は、18歳から2年間ブラジルの […]
  • 援協が新体制で1月定例会=創立60周年キャンペーン承認2019年1月30日 援協が新体制で1月定例会=創立60周年キャンペーン承認  サンパウロ日伯援護協会(与儀昭雄会長)は「1月定例役員会」を24日、援協本部ビルで開催した。19、20年の新執行部が発足してから初の役員会となった。  議事及び報告では、日伯福祉援護協会の定款改訂、ならびに、援協創立60周年記念キャンペーンの実施が承認された。   […]