ホーム | 日系社会ニュース | 「2年2月」で判決確定=事故発生から10年で終結=湖西市の交通事故死

「2年2月」で判決確定=事故発生から10年で終結=湖西市の交通事故死

 2005年に静岡県湖西市で山岡理子ちゃん(当時2歳)が死亡した交通事故で、過失致死の罪に問われたパトリシア・フジモト被告について、連邦司法高等裁判所(STJ)で、禁錮2年2月の一審判決を支持する判決が9日付で確定し、15日付で最終的に訴訟が終結した。同裁のサイトで明らかにされた。
 二審の時効判決に対し、2014年9月に連邦検察庁がSTJに特別上訴を提起し、翌月受理された。約一年後の昨年9月、一審判決を支持する決定をし、被告が異議を申し立てたが、棄却されていた。
 STJの広報によれば、被告側による連邦最高裁判所(STF)への抗告も可能だったが、被告側からは、棄却の判断に対して何の意思表示もなかった。
 また、検察庁の異議申立てのための期限は今月22日とされていたが、それを待たない形で判決が確定したことになる。日本が伯国に国外犯処罰規定に基づく訴追を求めて審理されていた事件・事故の中で、三件目の判決確定となった。
 禁錮2年2月、6ヶ月の運転免許停止という判決だが、実際には被告は収監されず、禁固刑は1年間の社会奉仕活動に替えられる。
 日伯両国で大きな反響を呼んだ本件は、事故発生から10年5カ月後、ようやく終結をみた。両国の法律に詳しい二宮正人弁護士は、「両国の法律の狭間で、(訴訟終結まで)長い時間がかかったが、ブラジルの司法としては特別な配慮をしたのではないか」との見解を示した上で、「ブラジルにおいて過失致死による収監はあり得ず、日本と異なるが、その量刑の違いが国外犯処罰の限界」と説明した。
 理子ちゃんの両親、山岡宏明・理恵夫妻は次のようなコメントを本紙に寄せた。
      ◎
 やっと、ここまでたどり着いたという感じです。国外犯処罰の手続きをしたときから量刑の差は覚悟をしていました。
現在の状況では仕方ないことだなとあきらめています。
 ただこれで終わりではなく両国の担当者様には今後、更に議論を重ねていただいてその辺りの問題を解決に向けてご尽力いただけたらと思います。
 パトリシアは1年の社会奉仕、さらに裁判所への出頭。ちゃんとやってほしいと切に願います。せめてせめて1年間だけでも自分の犯した罪に向き合って生きて
もらいたい…。
 ここから私もがんばって少し心を切り替えたいと思っています。パトリシアのことは心から消し去ろうと思います。そしてその分も併せて理子のことを想って生きていこうと思います。
 たくさんの方々に本当にご尽力いただきここまでたどりついたこと感謝いたします。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • 第10位=開設地決まったジャパンハウス=いよいよ5月にオープンへ2016年12月27日 第10位=開設地決まったジャパンハウス=いよいよ5月にオープンへ  日本の正しい姿を発信し、親日派を育むことを目的とする広報文化施設「ジャパン・ハウス」が、パウリスタ大通り52番に開設されることが発表されたのは1月。外務省の肝いりプロジェクトで、ロンドン、ロサンゼルス、サンパウロの3都市が選ばれた。  驚きと魅力に満ちた「真の日本」を体験で […]