ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 ビーチサッカーの日本代表チームが17日から、遠征のため当地に滞在している。20日にはリオのコパカバーナで、地元チームとの練習試合に4―2で勝利したようだ。23日に対フラメンゴ、25、26日に対セレソン、27日に対リオ州選抜を控える。監督はカリオカのマルセロ・メンデス氏が務め、当地出身の帰化人、茂怜羅オズ選手もメンバー入りする代表チーム。連休とも重なるので、関心のある方はコパカバーナまで応援に出掛けてみては?
     ◎
 『ブラジル老荘の友』3月号(通巻506号)からは、JICAシニアボランティア与那覇博一さんの活躍の様子が、紙面のあちこちから伺われる。高齢者向けの楽しい講演を各地で開催し、感謝されているようだ。そこにある長生きの秘訣は(1)三食たべること、(2)毎日野菜を食べる、(3)果物を良く食べる、(4)食べ過ぎない、(5)好き嫌いしない、(6)散歩などの習慣を身につける、(7)自分の身の回りをきちんとする、(8)好奇心が旺盛なこと、(9)物事を良い方向にとらえる、(10)明るく前向きに切り替える、(11)毎日規則正しく寝起きする、(12)煙草をすわない、(13)人と多く触れ合うこと。さて、みなさんはどうですか?
     ◎
 編集部では古本販売をしており、中身を見ると多様な本が顔をのぞかせる。宮沢賢治の『風の又三郎』や、夏目漱石、川端康成などの名作集、当地ゆかりの石川達三の『青春の奇術』『泥にまみれて』などのタイトルも並ぶ。もちろん古くは松本清張から、最近の東野圭吾まで時代を超えた人気作家の本も多い。雑誌ならば『正論』『文芸春秋』、また小林よしのりのマンガ『戦争論』も。安価で販売しているので、平日に東洋街にお立ち寄りの際、ちょっとのぞいてみては。最近では読み終わった本を箱単位で寄付してくれる方も。日本語の本は今も貴重品! 捨てるなら、ぜひ編集部まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • フラメンゴ=16歳の新星ヴィニシウス=レアル・マドリードに移籍決定2017年5月24日 フラメンゴ=16歳の新星ヴィニシウス=レアル・マドリードに移籍決定  リオの名門サッカークラブ、フラメンゴの弱冠16歳のFW、ヴィニシウス・ジュニオールが4500万ユーロ(55億8千万円相当)の移籍金でレアル・マドリードに移籍すると公式発表された。  現在16歳のヴィニシウスは、18歳の誕生日となる、2018年7月12日をもっての移籍 […]
  • 《ブラジルサッカー》サンパウロFC、フラメンゴが補強面でリード=パルメイラスなども着々と2019年1月9日 《ブラジルサッカー》サンパウロFC、フラメンゴが補強面でリード=パルメイラスなども着々と  現在のブラジルサッカー界は、まだシーズンオフだ。だが、各州の選手権やリベルタドーレス杯が本格化しはじめるまでのこの束の間の間こそが、フロントにとっては最も忙しい時期となる。向こう1年間の戦力補強のための貴重な時期だからだ。ここでは、ブラジルリーグで目立つ補強についてみていく。 […]
  • 日本も出場のコパ・アメリカ2019=日程と試合会場が発表2018年12月19日 日本も出場のコパ・アメリカ2019=日程と試合会場が発表  南米サッカー連盟(CONMEBOL)は18日、来年6月14日に開幕するコパ・アメリカの日程と試合会場を発表した。同大会にはCONMEBOL所属の10カ国に加え、招待国として、カタール、そして日本が参加して行なわれる。  コパ・アメリカは6月14日から7月7日まで、ブラジル国 […]
  • 東西南北2018年10月27日 東西南北  今月中旬に、サンパウロ市地下鉄1号線、2号線と連結した5号線の営業が通常化したことで、5号線の利用者が倍増して話題となっているが、今日は、地下鉄4号線のサンパウロ/モルンビ駅が開業することとなった。これができると、これまでバスでしか行けなかった、サンパウロFCの本拠地で、有名 […]
  • 東西南北2018年9月14日 東西南北  「大統領選と知事選には注目が行くけど、連邦議員選や州議員選になると、ちょっと…」という人は少なくない。下議や上議、州議の場合、候補者に関する情報や伝達手段も少ないからなおさらだ。12日付現地紙によると、サンパウロ州議選では、長期在任議員が引き続き再選を狙うケースが多いという。 […]