ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 21日夜、サンパウロ市西部ペルジゼスにあるカトリック総合大学(PUC)で、ジウマ大統領の罷免賛成派と反対派が激突して乱闘となり、構内に投入された軍警は、事態収拾のためにゴム弾やからしスプレーも使うことを余儀なくされたという。この日は当初、罷免賛成派のマニフェスタソンが行われることになっていて、250人ほどの学生が街宣カーなどを使って行進していたが、反対派が徐々に到着。終わり頃には反対派が賛成派を上回って、激しい対立を引き起こした。まさにキャンパスが二分されて騒然となったことを象徴するように、校舎には、反対派が投影機を使って映し出した「クーデターは起こさせない」の文字が躍っていた。
     ◎
 21日未明、サンパウロ州ソロカバにあるコメンダドール・ペレイラ・イナーシオ大通り沿いにある木の下に、女の赤ちゃんが置き去りにされていたのが発見され、通報を受けた軍警が無事に保護した。目撃者の話によると、現場近くで赤ちゃんの泣く声が聞こえたので近づいてみると、布にくるまれた赤ちゃんが手足を動かしていたという。赤ちゃんは生後2日程度で、まだへその緒がついている。救急病院に連れていかれた赤ちゃんの経過は順調だが、親はまだ名乗り出てないという。
     ◎
 サンパウロ市西部ブタンタンのフランシスコ・モラット大通り3200~3800番台の歩道は、ここ2年ほど通行不能で、住人からの苦情が殺到している。ここは地下鉄4号線ヴィラ・ソニア駅の予定地だが、工事が遅れ、昨年7月に契約解消となった。サンパウロ州政府は、下半期には工事再開というが。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2017年11月1日 東西南北  世界銀行発表のデータによると、2015年のブラジルには、1日の生活費が5・5ドル以下の貧困者が、国民の22・1%にあたる4550万人いた。貧困者の定義は1日の生活費が1・9ドル以下だったが、平均所得向上などで5・5ドルに改定された。労働者党(PT)政権初年の2003年は人口の […]
  • 東西南北2016年10月28日 東西南北  27日、ルーラ元大統領が71回目の誕生日を迎えた。ただ、今回の誕生日ほど、同氏がつらい状況に置かれた年もないのではないだろうか。愛弟子のジウマ大統領は罷免を受け、統一地方選でPTが惨敗。さらに自身も三つの案件で告発されて被告となり、さらにはかねてから疑惑視されていたオデブレヒ […]
  • 東西南北2016年11月18日 東西南北  2016年という年は、ジウマ大統領の罷免とリオ五輪という、年表に載せるべきことが二つも起きており、ブラジル社会にとって歴史的に見て特別な年になるということに、多くの国民も同意すると思われる。だが、この年の混乱はまだまだ終わらない。ただでさえ、大統領と下院議長が罷免されたという […]
  • 東西南北2016年9月3日 東西南北  8月31日のジウマ前大統領の罷免後も、なかなかブラジルは収まらない。ジウマ氏は最高裁に罷免無効を訴える訴訟を起こし、逆にテメル大統領の民主運動党(PMDB)と民主社会党(PSDB)は、罷免後もジウマ大統領の政治生命維持を認めたことに対する訴訟を起こした。レヴァンドウスキー長官 […]
  • 東西南北2016年9月14日 東西南北  8月31日のジウマ大統領の罷免に続き、エドゥアルド・クーニャ前下院議長も下議を罷免された。ここ数年、ブラジルの政界を象徴する対立関係にあった2人が、まるで「喧嘩両成敗」とでも言わんばかりに二人とも罷免となった。それにしても、大統領の罷免自体が世界的に見てそれほど多いことではな […]