ホーム | 文芸 | 連載小説 | 「ある日曜日」(Um Dia de Domingo)=エマヌエル賛徒(Emanuel Santo) | 「ある日曜日」(Um Dia de Domingo)=エマヌエル賛徒(Emanuel Santo)=(32)

「ある日曜日」(Um Dia de Domingo)=エマヌエル賛徒(Emanuel Santo)=(32)

 思い切って早起きして、『強制送還』というキーワードでネットサーフィンすると、入国管理局のホームページにたどり着いた。
『法務省入国管理局では、“ルールを守って国際化”を合い言葉に出入国管理行政を通じて日本と世界を結び、人々の国際的な交流の円滑化を図るとともに、我が国にとって好ましくない外国人を強制的に国外に退去させることにより、健全な日本社会の発展に寄与しています』
 役人らしい、長ったらしい文章だ。要するに、不良外人は日本の敵ってことか。それで?
『不法残留(オーバースティ)等をしている外国人は、入国管理局に身柄を収容の上、手続きがとられ、日本から強制送還されることになっています。また、強制送還後、5年間(事情によって10年間となる場合もあります。)は日本に入国することはできません』
 5年または10年間は日本に入国することはできない!すると、強制送還された外人が、すぐに再入国したければ、不法入国するしかないわけだ。
 ソファに座り、いつものケニーGをBGMにして、「木村屋コーヒー」を飲みながら思索にふけっているうちに、リカルド田中の「妻」の死亡事件について、ある仮説を思いついた。
 気がつくと時間が経ち、昼近くになっていた。その日も秋晴れのいい天気なので、気分転換するため、朝刊をもって外に出た。青山通りから神宮外苑につながる銀杏並木通りを散歩して、お気に入りのイタリアンレストランに入った。
 10月半ばで、紅葉のシーズンにはちょっと早いが、日陰のオープンテラスに座ると、冷えて乾いた空気に秋の深まりを感じた。
 ウエイターにデザートとコーヒー付きのランチ・コースを注文したあと、ケータイを取り出し、ゆうべ新宿で別れたジュリアーナに電話したが、なかなかつながらなかった。
「ボン・ジーア(おはよう)!寝てるとこ、起こしちゃったみたいだね?」
「あ~、ジュリオか。今どこにいんの」
「近所の定食屋で、昼メシを食べるとこだ」
「ジュリオんちのそばに、そんなとこ、あったっけ?で、何か用?」
「今日は何すんの?」
「何って、久しぶりの休みだからさー、部屋掃除して、山みたいにたまった洗濯して・・・」
「その前に、もう昼だから、君んちのそばの韓国レストランに行って、腹ごしらえしてくんないかなあ。夕べ、前を通った店だよ」
「また、何で?」
「レストランの隣のぼろアパートに住んでたっていう、ほらっ、南米帰りの実業家とかいう男。そいつについて、何か知らないか、レストランの人に聞いてみてよ。実名を出してもいいから・・・」
「あたしー、にんにくの匂いとか、キムチとか苦手なんだよね。それに、ああいう店って、女一人で入りにくいよ」
「だったら、日本のすき焼きに似た『ブルコギ』っていうのを、定食で頼むといいよ。臭くも辛くもないし、野菜がたっぷり入って健康的だし。それと、一人なら、カウンター席に座って、酒に一品料理でもいいね。『マッコリ』っていう、白く濁った韓国の酒がお勧めだよ」
「お酒は、もういいや。ゆうべのチョー高級カクテルのおかげで、頭ガンガンしてるよ。ご飯食べて、ジュリオに頼まれたこと聞いたら、すぐ帰ってくる」
「急に悪いね。今度、青山の素敵なレストランで、ランチをご馳走するから。紅葉の季節には最高のとこだよ・・・」

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 「ある日曜日」(Um Dia de Domingo)=エマヌエル賛徒(Emanuel Santo)=(49)2016年4月27日 「ある日曜日」(Um Dia de Domingo)=エマヌエル賛徒(Emanuel Santo)=(49) 「リカルドは、誰かさんと違って、家族の愛情に恵まれて育っただけ幸せだよ」「木村社長は、相変わらず金儲けに忙しいのでしょうか? 死んだカロリーナがあの人に残したメッセージのことは忘れたのかな・・・」「忘れてないよ。結局、人生で一番大切なのは、金とか社会的な地位がなくなっても、最後 […]
  • 「ある日曜日」(Um Dia de Domingo)=エマヌエル賛徒(Emanuel Santo)=(47)2016年4月23日 「ある日曜日」(Um Dia de Domingo)=エマヌエル賛徒(Emanuel Santo)=(47) 「私がこんなことを言うのも何ですが、今回、仕事でいろいろお話をお伺いして思ったんですが、社長には、誰か心の支えになってくれる人が必要じゃないですか? それは、家族、友人、あるいは恋人かもしれませんが、身近にいて、社長のことを本当に愛して考えてくれるような人ですよ。私、社長より長 […]
  • 「ある日曜日」(Um Dia de Domingo)=エマヌエル賛徒(Emanuel Santo)=(48)2016年4月26日 「ある日曜日」(Um Dia de Domingo)=エマヌエル賛徒(Emanuel Santo)=(48)  人数が増えたので、別のテーブルに移動して、全員ゆったりと着席。オーダーはシュラスコ食べ放題のコースと決めていたので、それぞれ飲み物を注文し、再会を祝して乾杯した。「今日は、ご招待ありがとうございます。彼、日曜日はいつも東京に踊りに来るので、一緒に来ようということになって、つい […]
  • 「ある日曜日」(Um Dia de Domingo)=エマヌエル賛徒(Emanuel Santo)=(45)2016年4月20日 「ある日曜日」(Um Dia de Domingo)=エマヌエル賛徒(Emanuel Santo)=(45)  リカルドが、また興奮して話し出した。「社長は、自分の都合で婚約者を捨てたのでしょう? もう何の役にも立たないと思って。カロリーナを捨てた時と同じだ。政治家の娘なら利用価値があるけど、ただのオヤジの娘じゃ、あなたにとって何のメリットもないですよね」「いや・・・それはちょっと違い […]
  • 「ある日曜日」(Um Dia de Domingo)=エマヌエル賛徒(Emanuel Santo)=(46)2016年4月21日 「ある日曜日」(Um Dia de Domingo)=エマヌエル賛徒(Emanuel Santo)=(46)  酒とクスリの相乗作用で完全に盛り上がった二人は、疲れを知らずに踊りまくり、カロリーナは群馬のアパートに帰ることをすっかり忘れてしまった。「二人ともたっぷり汗をかいたところで、外の新鮮な空気を吸いたくなってディスコから出ました」「それから?」「二人で腕を組んで、六本木の街をさま […]