ホーム | イベント情報 | 掛け橋協がリオ資料展=30日から3日間、宮城で

掛け橋協がリオ資料展=30日から3日間、宮城で

中沢会長と宮村副会長

中沢会長と宮村副会長

 日伯友好掛け橋協会(中沢宏一会長)は30日から3日間、聖市の宮城県人会館(Rua Fagundes,152, Liberdade)で「19世紀の日伯関係とリオ・デ・ジャネイロ」と題して展示会と講演を行なう。
 「若宮丸漂流民」「榎本武揚のリオ寄港」を題材とし、写真や詳細を掲載したパネルが30枚展示される。開場は30日午後2~6時、31、1日は午前9時~午後6時。
 最終日午後6時からは講演会を開催。同協会理事の野口博さんが「榎本武揚の一生、コーヒー産地選択、ブラジル移民開始まで」、副会長の宮村秀光さんが「日伯関係の出会いとその歴史背景」というテーマで話す。
 案内のため来社した中沢会長らは、「水野龍に先んじて殖民政策を構想した榎本武揚など、移民史に新たな光を当てるシンポジウムとなります」と呼びかけた。
 またリオ五輪を記念して、今年の8月前後に同地でもシンポジウムも企画中。開催に向けてブラジル国立博物館や伯国海軍資料館と連絡を取り、関連史料を調査しているという。
 問い合わせは宮城県人会(11・3209・3265)まで。


□関連コラム□大耳小耳

 日伯友好掛け橋協会の宮村秀光副会長は、毎月第3土曜日に文協ビル5階の県連会議室(Rua Sao Joaquim, 381)で、ポ語による日本史の講義を行なっている。4月は16日午後2時から4時まで開催し、太平洋戦争を解説する予定。現代ニュースの説明もあり、皇室や日韓・日中問題などを紹介している。参加者は二世中心で、毎回4、50人が出席するという。参加費10レ。日本語が苦手な二、三世にとって、日本史を学ぶ絶好の機会。問い合わせは宮村さん(11・98296・8834)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ