ホーム | 日系社会ニュース | ACAL=舞踊部40周年盛大に祝う=練習重ねた21曲を披露
最後に全員で記念撮影
最後に全員で記念撮影

ACAL=舞踊部40周年盛大に祝う=練習重ねた21曲を披露

 「今日は最高の日だね」―20日午後に聖市の東洋会館でリベルダーデ文化福祉教会(ACAL)の舞踊部創立40周年を記念した「舞の会」が行われ、指導者の池芝緑苑さんは花束を受け取りながらそう笑顔を浮かべた。
 昨年7月に永住帰国した池芝流家元の池芝緑さんがあいさつ文をよせ、「舞踊部に入部し、日本文化に触れ、人生の中に楽しみを味わってくださった数知れぬ多くの人々がいた」と40年の意義をのべた。
 同部は、同家元が新潟県出身の池芝流名取・池芝緑衛、岡田満穂代両氏と共に「佐渡おけさ」を普及していた際、リベルダーデ商工会(当時)が1976年に舞踊部として正式に発足させた。七夕祭りや東洋祭りを始め、各地から呼ばれて踊りを披露し、同会の名を全伯に知らしめた。その間の指導者は、池芝緑衛、池芝衛(まもる)、篠崎いち、現在の池芝緑苑4氏だという。
 当日は「萬代の舞」に始まり、最後は「全国よさこい音頭」を全員で踊ってフィナーレとなった。日頃練習を重ねてきた21曲が2時間に渡って披露され、会場は来場者120人余りでいっぱいになった。
 池崎博文ACAL会長は「日本文化普及は僕らの責任。40周年はとてもめでたい」と挨拶し喜んだ。網野弥太郎評議員会長も「50年ぐらい前は演芸部といい、盆踊りをよくやった。1970年頃には演芸部主催で、文協大講堂で商店主が一堂に出演する謝恩演芸会をやり、舞員になったこともあるよ」と懐かしそうに振り返った。
 会場にいた井畑広子さん(71、兵庫)に感想を聞くと「楽しく踊っている姿が素晴らしい」、須崎節子さん(84、熊本)も「友達が躍るのを見にきた。とても上手。踊っていると齢を忘れるわね」と笑った。


□関連コラム□大耳小耳

 ACAL舞踊部創立40周年記念のケーキカットをした池芝緑苑さんは、「名取りとなったのが1982年3月21日、その5年ほど前から踊りを始めていたから舞踊部とちょうど同じぐらい」と自らの節目も祝った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 2015年6月12日 リベルダーデRC=ニッケイパラセで歓迎会=世界のロータリアン招き  聖市アニェンビー国際展示場で6日から4日間開かれた「ロータリー国際大会」に参加した日本、米国、ニュージーランド、オーストラリアのロータリアン(ロータリー会員)を招き、リベルダーデ・ロータリークラブ(島之江ヨシオ会長、会員42人、以下「リRC」)が8日に聖市ニッケイパラセ・ […]
  • 紅白餅配布に長蛇の行列=大晦日恒例の餅つき祭り2016年1月5日 紅白餅配布に長蛇の行列=大晦日恒例の餅つき祭り  リベルダーデ商工会議所(ACAL、池崎博文会長)ほか、日系4団体主催の『第45回餅つきまつり』が昨年大晦日朝からリベルダーデ広場で行われた。 無料で振舞われた2万袋の紅白餅を求めて、開始の午前8時を前に1時間程前から列ができた。遂には400メートル程度も伸び、イタウー銀行を過 […]
  • 説明会を開いた大原委員長2015年2月26日 文協評議員選挙=候補82人顔ぶれ変わらず=新会長は現体制派からか=4月25日に理事会選挙  ブラジル日本文化福祉協会(木多喜八郎会長)の評議員選挙が3月28日の定期総会で行なわれるに当たり、立候補の申し込みが今月13日に締め切られた。82団体・個人の候補者が出揃ったところで、選挙管理委員長の大原毅氏が24日午後、説明会を開いた。理事会役員の決定権を持つ重要な評議 […]
  • 当日に投票する会員ら2015年3月31日 文協総会=選挙権持つ評議員決まる=有効票399、大幅減=新役員は4月25日発足  ブラジル日本文化福祉協会(木多喜八郎会長)の第55回定期総会が30日午前、文協ビル2階の貴賓室で行なわれた。立候補82人から正規50、補充25の評議員75人が決定。特に顔ぶれは変わらず、対抗シャッパが出た場合でも、現体制派が支持する呉屋春美氏(現・第一副会長)の新会長就任 […]
  • メインステージ前で披露されたヨサコイソーラン2014年12月13日 ACAL=東洋祭り、今年も盛況=11万人が日本文化親しむ  今年で46回目を迎えたリベルダーデ文化福祉協会(ACAL、池崎博文会長)主催の『東洋祭り』が、6、7の両日にリベルダーデ広場を中心に開催され、約11万人(主催者発表)が年末の風物詩を楽しんだ。 初日昼から行われた開会式には、在聖総領事館の佐野浩明首席領事、本橋幹久県連会長 […]