ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | 「ブラジルのニクソン」=ニューヨーカー誌がジウマ語る

こちらの記事もどうぞ

  • 第35次LJ=パロッシ元大臣も逮捕=立て続けにPT政権2財相=オデブレヒトとの贈収賄疑惑2016年9月27日 第35次LJ=パロッシ元大臣も逮捕=立て続けにPT政権2財相=オデブレヒトとの贈収賄疑惑  26日午前、連邦警察による第35次ラヴァ・ジャット作戦で45司法命令、3人の逮捕などが敢行され、ルーラ政権で財相、ジウマ政権で官房長官の要職を務めたアントニオ・パロッシ容疑者(労働者党・PT)が逮捕された。一時はPT政権内でも「大統領に最も近い男」と称され、「ルーラ氏の参 […]
  • ジウマ=罷免後も「クーデター」連発=懸命の主張も実際のところは?2016年9月2日 ジウマ=罷免後も「クーデター」連発=懸命の主張も実際のところは?  8月31日、ジウマ大統領は弾劾裁判で罷免されたが、その直後に発表した声明で「これ以降もミシェル・テメル新大統領の新政権に対する戦いを続ける」と、宣戦布告のような宣言を行った。  ジウマ氏は声明の中で「これは私が体験した、人生で2度目のゴウピ(クーデター)だ」とし、学生時 […]
  • LJで週末に起訴3件=パラナ2件に最高裁1件=マンテガ氏からも圧力?2016年5月10日 LJで週末に起訴3件=パラナ2件に最高裁1件=マンテガ氏からも圧力?  ラヴァ・ジャット作戦(LJ)で6日、パラナ州の連邦地裁に2件、最高裁に1件の起訴状が提出されたと7、8日付伯字紙が報じた。 地裁への起訴状の一つは、ルーラ前大統領の友人の牧畜企業家ジョゼ・カルロス・ブンライ被告が04年にシャヒン銀行から借りた1200万レの内、600万レを受け […]
  • ジェフェルソンが政界復帰=メンサロンの暴露者が、激動の政界の今を語る2016年4月2日 ジェフェルソンが政界復帰=メンサロンの暴露者が、激動の政界の今を語る  2005年、当時のブラジル社会を揺るがした大型汚職事件、ルーラ大統領(当時)による労働者党(PT)政権による「メンサロン計画」を暴露し、自らも収賄で実刑判決を受けていたロベルト・ジェフェルソン氏(62)が、14日に、党首をつとめていたブラジル労働党(PTB)の党首に返り咲く。 […]
  • 政界洗浄は新年本格化へ=2度目の年を越したLJ=影響は大統領罷免問題まで2016年1月1日 政界洗浄は新年本格化へ=2度目の年を越したLJ=影響は大統領罷免問題まで  闇の両替商達が洗車場付のガソリンスタンド網を使って不正な金の受け渡しを行っているとの疑惑と、資金洗浄をかけて命名された連警の「ラヴァ・ジャット作戦」(LJ)。2008年に最初の告発があったとされる同作戦は、連警がアルベルト・ユセフ被告らを逮捕した2014年3月17日の第1弾以 […]