ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 『朝蔭』第437号が3月に発行された。先週のパイション(受難の日)を髣髴とさせる「受難歌のニグラの声のやさしかり」(伊津野静)、男性なら「初鏡皺をのばして髭を剃る」(中馬淳一)には皆覚えがあるだろう。「カルナバル喧騒よそに句会かな」(壇正子)、「バナナ植え居着く不法のポッセイロ」(村上士郎)などは日本では絶対に詠まれない句だ。「読みかけの俳誌を胸に夫昼寝」(前田昌弘)、「火渡りに部落総出の移住祭」(川上佐智子)はバストスの勇壮な祭りの場景を詠んだもの。ぜひ見てみたい。「祝儀佛議続く会館秋の暮」(立沢節子)からはアルバレス・マッシャードの日会の様子が目に浮かぶ。今号も秀作ぞろい。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2019年7月13日 大耳小耳  現在、北海道文化協会の婦人部、はまなす会に所属する女性は25人ほど。鈴木妙子会長によれば「年々高齢化し、外にあまり出られない人もいるので、10人くらいで何とかやっています」と人数不足に悩まされているのだとか。そのような状況下で、何年か前からYOSAKOIソーラン「一心」の若者 […]
  • 大耳小耳2019年7月12日 大耳小耳  11日付のエスタード紙が、日本食レストラン「木下」の元オーナーシェフ、有名寿司職人の村上剛史さんが、8月にジャルジン・パウリスタ区(Alameda Min. Rocha Azevedo, […]
  • 大耳小耳2019年7月5日 大耳小耳  ニッケイ新聞の表札ともいえる1面の「題字」が、本日から変わった。以前は横書きだったが、縦書きにした。背景には、ブラジル日系社会の新聞らしく、鳥居、オウム、サクラをあしらった。ぜひ読者からの感想を聞きたいところ。「以前より日本の新聞らしくなった」とか、逆に「ちょっと軽すぎでは」 […]
  • 大耳小耳2019年7月4日 大耳小耳  6月18日付本面で《日本在住の人から、「サンパウロ新聞が移民百周年を記念して刊行した『100年―ブラジルへ渡った100人の女性の物語』を読みたい。どこかで手に入らないか」という問い合わせを受けた。もしも、余分に一冊持っているとか、譲っても良いという人がいたら連絡を》とよびかけ […]