ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2014年1月9日

 本面トップで報じたエクアドル、グアヤキルでの邦人強盗殺人事件。共同通信のほか、多くのメディアで大々的に取り上げられ、日本でも大きな話題となっているが、本紙エクアドル通信員やその周辺の日本人は「こんな悪質な事件は滅多にない。この一件でエクアドルの評判が悪くなり、観光客が減ってしまうのは悲しい」とイメージ悪化を危惧している。同国政府が、情報提供者に10万ドルもの高額な謝礼金を用意していることからも、本件が特異な事例であることがわかる。痛ましい事件であることには変わりないが、「エクアドルは危険!」と一般化しないよう気をつけたいところだ。

     ◎

 年末年始は、みんな(強盗も含め)がプレゼントを買ったりして何かとお金が必要になり、現金を持ち歩くことが多かったり、家を留守にすることが増えることから、金品強奪目的の追剥ぎや強盗が増えるのは毎年のこと。新年早々、来社した人から「車に乗っているときに、乱暴に降ろされ、すべてを奪われたという話が身近に2件もあった」という話を聞かされた。一見景気のよさそうな話題もあるが、今後の見通しが読めない景気の変わり目と言われる今、こういった犯罪が更に増える可能性も。W杯が近づくだけに、日本人観光客に間違えられないようにするのも、一つの用心か。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム 樹海2014年3月26日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2014年3月26日  6月のW杯グループ戦で日本代表が試合をする3都市はどれも、メキシコのNGOが昨年発表した「世界で最も危険な都市リスト」の上位を占めている。中でもナタウは人口10万人当りの殺人事件57・62人でなんと世界12位、クイアバは同43・95人で2 […]
  • ■記者の目■W杯=資金に悩む開催都市文協=〃オール日系〃の支援を2014年2月18日 ■記者の目■W杯=資金に悩む開催都市文協=〃オール日系〃の支援を ニッケイ新聞 2014年2月18日 短期間に最低でも5千人(=第一次販売時に日本に割り当てられたW杯のチケット数)もの日本人が当地を訪れる大イベントは珍しい。しかも日本代表のグループ戦試合会場となるのはレシフェ、ナタル、クイアバという地方都市だ。特に殺人事件の発生率の高いレシ […]
  • 東西南北2017年3月30日 東西南北  28日に無事に18年のサッカーW杯出場が決まったセレソン。他の地域よりも予選が長く、参加チームのレベルが高いことで知られる南米予選は10月まで開催されるが、半年以上も余裕を持って出場が内定したのは異例のこと。今回、こんなに早く出場が決まったのは、同夜、ライバルと目されるアルゼ […]
  • 東西南北2016年11月15日 東西南北  サンパウロ州保安局が発表した最新データによると、今年の1月から9月において、サンパウロ市での殺人事件で軍警によって殺害された人の数は287人だった。同期間中に殺人事件で亡くなった人の総数は923人なので、およそ10人中3人が軍警によって殺されている計算となる。同市の過去のデー […]
  • 東西南北2014年8月8日 東西南北  ゴイアス州ゴイアニアでは1月から女性を狙った連続殺人事件が発生し、市民を恐怖に陥れている。これまで12人の女性が殺されたと発表されていたが、7日の発表で被害者は15人となった。また、2件の殺人未遂と男性1人の殺害も捜査対象となる。これらの事件は全て同じ手口で、黒いヘルメッ […]