ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2014年1月9日

 本面トップで報じたエクアドル、グアヤキルでの邦人強盗殺人事件。共同通信のほか、多くのメディアで大々的に取り上げられ、日本でも大きな話題となっているが、本紙エクアドル通信員やその周辺の日本人は「こんな悪質な事件は滅多にない。この一件でエクアドルの評判が悪くなり、観光客が減ってしまうのは悲しい」とイメージ悪化を危惧している。同国政府が、情報提供者に10万ドルもの高額な謝礼金を用意していることからも、本件が特異な事例であることがわかる。痛ましい事件であることには変わりないが、「エクアドルは危険!」と一般化しないよう気をつけたいところだ。

     ◎

 年末年始は、みんな(強盗も含め)がプレゼントを買ったりして何かとお金が必要になり、現金を持ち歩くことが多かったり、家を留守にすることが増えることから、金品強奪目的の追剥ぎや強盗が増えるのは毎年のこと。新年早々、来社した人から「車に乗っているときに、乱暴に降ろされ、すべてを奪われたという話が身近に2件もあった」という話を聞かされた。一見景気のよさそうな話題もあるが、今後の見通しが読めない景気の変わり目と言われる今、こういった犯罪が更に増える可能性も。W杯が近づくだけに、日本人観光客に間違えられないようにするのも、一つの用心か。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム 樹海2014年3月26日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2014年3月26日  6月のW杯グループ戦で日本代表が試合をする3都市はどれも、メキシコのNGOが昨年発表した「世界で最も危険な都市リスト」の上位を占めている。中でもナタウは人口10万人当りの殺人事件57・62人でなんと世界12位、クイアバは同43・95人で2 […]
  • ■記者の目■W杯=資金に悩む開催都市文協=〃オール日系〃の支援を2014年2月18日 ■記者の目■W杯=資金に悩む開催都市文協=〃オール日系〃の支援を ニッケイ新聞 2014年2月18日 短期間に最低でも5千人(=第一次販売時に日本に割り当てられたW杯のチケット数)もの日本人が当地を訪れる大イベントは珍しい。しかも日本代表のグループ戦試合会場となるのはレシフェ、ナタル、クイアバという地方都市だ。特に殺人事件の発生率の高いレシ […]
  • 東西南北2013年7月31日 東西南北 ニッケイ新聞 2013年7月2日  ダッタフォーリャの調査によると、ハダジサンパウロ市市長とアウキミンサンパウロ州知事の支持率がどちらも下がったが、「悪い/最悪」との評価が40%にまで至ったハダジ氏とは対照的に、アウキミン氏の否定的評価は20%にとどまった。さらに来年10月のサ […]
  • 東西南北2013年5月22日 東西南北 ニッケイ新聞 2013年5月22日  ジウマ大統領は20日、ペルナンブーコ州サンロウレンソ・ダ・マタでオープンするコンフェデ杯の会場、アレーナ・ペルナンブーコの落成式に訪れ、大観衆の前で自らゴールにシュートを決める姿を披露した。そのシュートのボールをパスしたのは、同州知事のエド […]
  • 東西南北2013年4月18日 東西南北 ニッケイ新聞 2013年4月18日 […]