ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 和歌山県人会の会報第2号が発刊された。総会や短期訪日交流事業の報告ほか、婦人部が紅しょうがを仕込む様子も掲載されている。その紅しょうが約100キロは4月の屋台祭り、7月の日本祭りなどで売るお好み焼きの材料に。量も量だが、準備に婦人部22人が集るあたり、結束の強さをうかがわせる。「婦人部がしっかりしている日系団体は活動が盛ん」というコロニア金言そのまま。このあたりが、日本祭り売り上げナンバー1の理由かも。
     ◎
 また『ブラジル岐阜県人会便り』295号(3月発行)には、〃万年会長〃の筆頭だった山田彦次さんの退任の挨拶が掲載されていた。「任期は1990年2月から2016年2月までの13期26年間」とあるので、これは最長記録保持者ではないか。かつての〃万年会長〃の代表格、西徹さん(故人、三重県)も長かった―と調べてみると1986年から2004年の18年間でおそらく3位、2位はたぶん現役会長の中沢宏一さん(宮城県)では。1996年から現在までの20年間に加え、1984年から88年までの4年間もやっているから計24年だ。あと2年続ければ山田彦治さんと同じに。県連事務局で正式な「万年会長の東西番付表」を作ってみては?

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年4月7日 大耳小耳  4日付本面「5県人会の第22回屋台祭り」の記事中に誤りがあった。滋賀県人会が出すのはてっきり「近江肉うどん」かと思っていたら、本当は「関西風しょうゆラーメン」だそう。20レで販売する。聖市のラーメンブームに新しく関西風が参入だ。レストランの料理は一年中食べることができるが、婦 […]
  • 大耳小耳2016年8月4日 大耳小耳  非日系人の来場客が過半数を超え、『サンパウロの祭り』と認識され始めた県連日本祭り。県連代表者会議では、宮城県人会の中沢宏一会長から「NHKニュースで『ある伯国の日系団体が主催した』と報道された。非常に残念」と悲しむ発言があった。本橋元会長からは「日本では自民党の支部を『県連』 […]
  • 大耳小耳2016年9月13日 大耳小耳  「ウチナーンチュの心」を次代に伝えるための日ポ両語の同人誌『群星』第2巻が、ブラジル沖縄県人移民研究塾(宮城あきら塾長)により7月に発刊された。9月20日にその合評会が予定されていたが、大事な有志、高安宏治さんが入院・手術中ということもあり、延期になった。高安さんは、本紙6面 […]
  • 大耳小耳2016年7月5日 大耳小耳  県連50周年記念事業として企画された講演会。四世以降の日系社会離れが深刻化するなかで、いかに日系社会を活性化させていくかという観点から考案されたと言う。中沢宏一さん(宮城)は、「日本祭り開催や慰霊碑の管理、ふるさと巡りなど独自の活動をしてきた県連。他国にはない強力な団体だ」と […]
  • 大耳小耳2016年7月22日 大耳小耳  『岩手日報』7月21日付国際面の「海外県人会だより」コーナーでは、県連日本祭りの岩手県人会食ブースの奮闘ぶりが、千田曠曉会長によって次のように報告された。《岩手県人会は、長年出品している岩手産ワカメを使用した「三陸わかめうどん」が目玉。わかめソバ、コロッケ弁当、コロッケ(ブラ […]