ホーム | コラム | オーリャ! | 大統領が代わったら…?

大統領が代わったら…?

 17日夜、連邦下院がジウマ大統領の罷免審議継続を決めた。街頭デモが下火になっていった昨年後半を思えば、3・13デモ、強引なルーラ官房長官就任、密談盗聴テープ暴露、連立与党が続々と連立離脱――と3月からの急転直下は目を疑うほどだ。
 罷免の話題で持ちきりの中、伯人の友人に「大統領が代わったら、次の大統領には誰がなるの?」と意地悪な質問をしてみた。
 すると出るわ、出るわ。前大統領、野党党首、前回統一選時の対立候補者の名が。正解の副大統領を挙げた人は半分だった。その程度の認識でどうして泣くほど喜べるのか、実に不思議だ。
 とはいえ、日本では衆院選総選挙でも投票率が6割を切り、冷めた若者や無党派層を尻目に、高齢者票や組織票で保守政党が磐石…。そんな国に最近まで住んでいた身としては、当地の政治熱が羨ましくもある。(規)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》ルーラ元大統領が6件目の告発受ける=アチバイアの別荘関連疑惑で2017年5月24日 《ブラジル》ルーラ元大統領が6件目の告発受ける=アチバイアの別荘関連疑惑で  パラナ州クリチーバ市の連邦検察ラヴァ・ジャット作戦(LJ)特捜班は23日、既に5件の捜査で被告になっているルーラ元大統領(労働者党・PT)に対し、6件目となる起訴(クリチーバ地裁扱いでは3件目)を行ったと23日付現地紙が報じた。  パラナ州連邦検察は、建設大手オデブレヒト社 […]
  • サンパウロ州連邦地裁=「就任中の贈物は国の財産」=ルーラ元大統領の主張を却下2017年5月24日 サンパウロ州連邦地裁=「就任中の贈物は国の財産」=ルーラ元大統領の主張を却下  サンパウロ州サンベルナルド・ド・カンポ市の連邦地裁判事が17日、大統領が任期中に外国高官から受け取ったプレゼントは国の財産と見なす判決を下した。  同地裁の判断は、ルーラ元大統領が任期中に他国の首脳や他国の政府要人から受け取った贈物は個人の所有物のはずだと訴えていた件に関し […]
  • 《ブラジル》ビクード弁護士が死去=ジウマ大統領罷免の立役者2018年8月1日 《ブラジル》ビクード弁護士が死去=ジウマ大統領罷免の立役者  ジウマ前大統領の罷免請求の文書を作成したことでも知られる、元労働者党(PT)の政治家で弁護士のエリオ・ビクード氏が7月31日に亡くなった。同日付現地紙サイトが報じている。  1922年に大サンパウロ市圏のモジ・ダス・クルーゼス市で生まれたビクード氏は、サンパウロ総合大学で法 […]
  • 弾劾裁判=ジウマの切実な訴え響かず=形勢逆転困難の見方優勢=上議は見解の表明開始=運命の結論は31日に2016年8月31日 弾劾裁判=ジウマの切実な訴え響かず=形勢逆転困難の見方優勢=上議は見解の表明開始=運命の結論は31日に  弾劾裁判4日目の29日、ジウマ大統領は自身の弁明を行ったあと、上議たちからの質問を受け続けた。5日目の30日は起訴、擁護、双方の主張と質疑応答後、各上議が自らの見解を話した。投票は30日の予定だったが、31日にずれ込む見込みだ。30日伯字紙やサイトが報じている。  ジウ […]
  • 東西南北2016年10月28日 東西南北  27日、ルーラ元大統領が71回目の誕生日を迎えた。ただ、今回の誕生日ほど、同氏がつらい状況に置かれた年もないのではないだろうか。愛弟子のジウマ大統領は罷免を受け、統一地方選でPTが惨敗。さらに自身も三つの案件で告発されて被告となり、さらにはかねてから疑惑視されていたオデブレヒ […]