ホーム | コラム | 樹海 | 認めたくないのは分かるけど

認めたくないのは分かるけど

 17日の下院本会議で大統領罷免審議の継続が認められ、上院での審理への道が開かれたが、ジウマ大統領は相変わらず「あれはクーデターだ」「私は被害者」と言い続けている▼大統領は19日も、国外メディアの記者を前に「民主的な手続きで選出された大統領を理由もなく追放する行為はクーデターで、罷免は非合法」と繰り返した。参加中止の予定だった国連の会議に参加すると言い出したのも、「あれはクーデターで、私は被害者」と訴えるためだという▼誰であれ、ミスを指摘され、批判されれば辛い。まして、一国の大統領が「はい、そうですか。では辞めます」というのは簡単ではないし、伯国経済の落ち込みは彼女一人のせいではない。だが、為政者が時の流れを読み違え、失政を重ねた上、経済指標などを操作し、国民の目をごまかしていたとあれば、その責任は重い▼軍政下での拷問にも耐え抜いた女性闘士が「爪をたて、噛みついてでも任期を全う」と言い続ける姿には、統治能力を失った事さえ分からない為政者の悲しい現実が覗いている。一国の大統領だからこそ、引き際はきれいであれと願い、潔さを求めるのは日本人故の感性か▼罷免手続きを「弾劾裁判」の言葉に置き換えるなら、下院から上院への罷免審議継続請求は「検察からの起訴」、罷免特別委員会がこの請求の受け入れを勧め、本会議が承認したら「起訴状受理」だ。この時点で大統領は休職となり、上院が起訴状の内容を認め、実際の審理に入る段階で大統領は被告となる。審理進行は最高裁長官が担当し、上議の3分の2が賛同すれば大統領罷免で結審だ。ジウマ氏はこの重圧に最後まで耐え切れるか。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 極右を「正義」にしてしまった二人の張本人2018年11月9日 極右を「正義」にしてしまった二人の張本人  「伯国の“極右”観が他の国と比べてきわめて特殊だ」ということを、コラム子は2日付の当コラムで書いた。そのときは「極右に対しての危機感の欠如」を指摘したが今度は、極右を「正義」だとさえ思っている人が少なくないことを指摘しよう▼「差別主義者的な言動をしておいて何が正義だ」 […]
  • 争点不毛なままの情けないブラジル大統領選2018年9月21日 争点不毛なままの情けないブラジル大統領選  現在、大統領選真っ盛りのこの時期。連日、報道も盛り上がっている。だが、ブラジルに住む外国人(日本人)として「こんな選挙でこの国は本当に大丈夫なのか?」と正直なところコラム子は大いに不安だ▼それは、投票日まで3週間を切った現在の状態で、いまだにこの国にとって急務に思える […]
  • 〃時代の振り子〃が右に振れ始めた!=テクノロジーの進歩で生まれた民主主義の隙突く=デジタル空間のクーデターか2018年10月30日 〃時代の振り子〃が右に振れ始めた!=テクノロジーの進歩で生まれた民主主義の隙突く=デジタル空間のクーデターか  今年、リベルダーデで一番賑やかだった街頭の打ち上げ花火は、サッカーW杯ではなく、ジャイール・ボウソナロの当選だった。  半年前、支持率トップでありながらも、大半の国民からは「どうせ本命ではない」と期待を込めて思われていた人物が、最後までトップを保った。  本人もグ […]
  • なぜ先進国首脳陣はブラジル訪問を避けるか?2018年2月6日 なぜ先進国首脳陣はブラジル訪問を避けるか?  《アメリカに新しい帝国権力(novos poderes imperiais)はいらない》―エスタード紙(E紙)2日付によれば、米国のレックス・ティラーソン国務長官は先週、6日間でラ米5カ国を外遊するのに先駆けて、そう宣言した。 […]
  • 「ジウマ罷免」に傷をつけないためにも2018年8月3日 「ジウマ罷免」に傷をつけないためにも  7月31日、エーリオ・ビクード弁護士が亡くなった。2016年のジウマ前大統領の罷免請求を作成した主要弁護士だ▼コラム子自身もそうだったが、あのジウマ氏の罷免はあくまで「腐敗権力の打破」であったことを望んでいる。キャンペーンで対抗馬に卑劣な言葉ばかりを吐き、選挙当初から […]