ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2008年2月19日付け

 ちょっと前の話なので恐縮ながらカルナバルのときに海に下りた。あの狂躁を避けるためにというよりは、群青に染まる海原を眺め美味に酔える魚料理で胃の腑を満たしたかったからである。その日は天気も良く蒼穹の天が果てしなく広がり、海岸山脈の緑も力が強い。街道の両脇には今を盛りとクァレズマが咲き乱れ、白と薄紫の花びらが美しい。そう―もう秋なのである▼サントスでは、若い頃に移民船の取材の折に遊楽した旧市街を通り抜け懐かしのポ・ダ・プライアでは魚市場を楽しむ。やはり―生きがいい。目が輝き色彩が鮮やかだし今、海から上がってきたばかりの印象が濃い。3キロほどのヒラメとガロッパを求めイゾポールの箱に氷をいっぱいにして詰め込む。次はバルサに乗って対岸のグアルジャへ▼この町も変わった。大変貌である。その昔、この近くだと思うのだが―アリアンサの事務局長・故椎野二郎さんや西原パウロさんらに連れられキャンプや魚釣りもやった。椎名夫人は、純粋の2世?だけれども、海岸の砂浜で確か山岡壮八の「徳川家康」を読んでいる。あの十数巻の大長編だし、唯々、恐れ入ったものである。それほどに寂れたところだった。それが今や大繁華街になり観光客が絶えない▼もう目的地はすぐである。小さな漁村で魚の店も多い。ここも新鮮で口福に浸れること請け合いである。ポウサーダをも営む食堂でバデジャの煮物に舌ずつみをうちカイピリニャの酔眼で帰聖。数日後、出勤するとミニョコンの道端に咲く紫紺野牡丹が紫を濃くし満開ではないか。東洋街にある三重県橋からの眺めが素晴らしい。(遯)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム 樹海2007年10月20日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け […]
  • 大耳小耳2007年10月20日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け […]
  • コラム オーリャ!2007年10月20日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  援協はこのほど、重度の鼠径(そけい)ヘルニアを患っていた聖州スザノ市在住の日本人男性(93)を日伯友好病院で受け入れ、無料で手術した。手術は見事成功し、男性は無事退院した。 […]
  • 「ブンバ」30号発売=日系各書店で販売中2007年10月20日 「ブンバ」30号発売=日系各書店で販売中 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  自然と文化の情報誌『Bunba』三十号がこのほど発売された。 […]
  • 武田五男氏2007年10月20日 武田五男氏 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  (株)トレードブラスの創業者、武田五男氏が十九日午前七時半ごろ、脳溢血のため入院先のサンタクルス病院で死去した。享年七十九歳。 […]