ホーム | コラム | 樹海 | 長崎の世界遺産認定を喜ぶブラジルの信者の声

長崎の世界遺産認定を喜ぶブラジルの信者の声

聖母婦人会のバザーで大河家の皆さん(手前左が久能木さん、その奥が大河さん)

聖母婦人会のバザーで大河家の皆さん(手前左が久能木さん、その奥が大河さん)

 「昨日とっても嬉しいニュースを聞いたの。長崎の潜伏キリシタン関連遺産が世界遺産に認定されたって。今までカトリックとして苦しめられてきた歴史が認められて、少し報われた気がするわ」――久能木(くのき)チエコさん(86)は、そう笑顔を浮かべた。
 1日にサンパウロ市のサンゴンサーロ教会であった聖母婦人会のバザーで、名物うどんのコメントを来場者から集めていて偶然そんな声に接した。もしやと思い、出身地を尋ねると、隠れキシリタンの島として有名な「長崎県五島列島」。まさに先祖の苦労が報われたという想いで一杯だろう。
 念のため「ご先祖は隠れキリシタンだったんですか?」と尋ねると「隠れではない」とのこと。コラム子は「また無知を晒してしまった」と恥じ入った。
 調べてみると「隠れキリシタン」というのは、禁教が解かれたあとも江戸時代の間に土俗化した日本独特の信仰を守って、今もカトリックに戻っていない人たちのこと。明治中期に禁教が解けたあと、カトリックへ復帰した人たちは「潜伏キリシタン」というらしい。
 チエコさんは「先祖同様、両親もカトリック。私は生まれて二日目にバチザ(洗礼)されたのよ」というから筋金入りだ。「私が生まれた繁敷(しげしき)はすごい山奥でね。部落丸ごとがカトリック。子供が生まれたらすぐに教会に連れて行ってバチザするの。そんなところだから一族は明治にも何回か迫害を受けた」。
 地図で確認すると、福江港から16キロほど山に入った場所。隣にいた弟の大河正夫さん(67)は「僕が2歳の時にダムを作ることになり先祖伝来の土地を接収され、追い出されました。だから育ったのは福江の町です」という。
 福江は港も空港もある島の中心都市だ。地図を見ると繁敷のすぐ近くには「行者山」「荒神岳」という地名があり、いかにも山奥という感じだ。
 大河さんは「母方の先祖は元々は大村に住んでいて、村ごと五島に移ったそうです」というのでさらに驚いた。長崎県大村と言えばキリスト教と最もゆかりの深い場所だ。日本初の「キリシタン大名」大村純忠が統治した地だからだ。
 純忠は1563年に重臣と共に洗礼を受けた。領主の改宗によって領民たちもキリスト教を信仰するようになり、1582年頃には信者数6万人ともいわれた。つまり日本で最初にキリスト教文化を地域丸ごとで受け入れたところだ。
 フランシスコ・ザビエルが日本に到着したのが1549年だから、純忠が洗礼を受けたのはわずか14年後。しかし、豊臣秀吉は1587年にキリスト教禁教令を出し、26人が長崎で殉教した。これが日本最初の殉教者だった。
 徳川幕府も1614年に禁教令を出し、本格的な弾圧が始まった。大村領内では1657年に「郡崩れ」事件が起きた。信者608人が捕まり、棄教した99人は釈放されたが、拷問同様の取り調べ中に78人が死に、411人が斬首を言いつけられた。翌年に131人が実際に処刑され、見せしめで首が約1カ月間さらされた。
 だが「棄教者」は潜伏キリシタンとして生き延びた。
 そんな大村から江戸時代中期の1796年、五島列島に約3千人が移住した。当時、五島列島では大虫害による危機が起きて人口が激減。列島を治める肥前福江藩の八代藩主五島盛運が大村藩からの移住を奨励し、その結果、密かに信仰を守って来たキリシタンたちの間で「島の方が監視が緩い」との噂が広がり、大量移住につながったという。
 その子孫が大河さんの家族だ。
 繁敷はダムに沈み、福江の町にでたが、新しい土地に学校を建設する話が持ち上がり、再び追い出された。「言い値で土地を売って、1959年1月にブラジルへやって来た」という。そして「繁敷の家は水の下…」と悲しそうにいう。
 思えば、今月22日に創立100周年を祝う上塚植民地(プロミッソン)のゴンザガ区には潜伏キリシタン移民が集住し、日系最初の教会の一つを1938年8月に建設した。その教会の名称は「Igreja do Cristo-Rei dos 26 Martires do Japao」(日本26聖人クリスト・レイ教会)」。
 奇しくも当時開館式を司式したのは、五島列島出身で最初の日本人宣教師、中村ドミンゴス長八神父だ。
 さらにバザー会場となったサンゴンサーロ教会の名前は、日本最初の殉教者「日本26聖人」の一人、ポルトガル人サンゴンサーロ・ガルシアにちなんだもの。同教会のミサで使われるマリア像は、着物を来た日本人形風のマリアさまだ。潜伏キリシタンが持ち込んだものだろう。
 聖母婦人会の料理がうまいのは、歴史という隠し味が利いているからだと、しみじみ感じ入った。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》全国市長選の結果予測=サンパウロ市はコーヴァス逃げ切りか=リオ市はパエス返り咲き有力2020年11月28日 《ブラジル》全国市長選の結果予測=サンパウロ市はコーヴァス逃げ切りか=リオ市はパエス返り咲き有力  29日の市長選決選投票を目前に控え、注目の都市での世論調査が出た。サンパウロ市では現職のブルーノ・コーヴァス氏(民主社会党・PSDB)がギリェルメ・ボウロス氏(社会主義自由党・PSOL)を僅差でリードのまま当日を迎える。27日付現地紙、サイトが報じている。  ダッタ […]
  • 《ブラジル》コロナ禍=リオは医療崩壊寸前か=サンパウロ州でも規制強化求める声=第2波到来は否定するも2020年11月28日 《ブラジル》コロナ禍=リオは医療崩壊寸前か=サンパウロ州でも規制強化求める声=第2波到来は否定するも  【既報関連】新型コロナで第2波到来を口にする専門家も出始める中、リオ州では入院待ちの人が連日200人を超えるなど、医療崩壊の兆候が出ている。オズワルド・クルス財団(Fiocruz)は第2波到来を否定したが、感染者や死者の増加を認め、警告を発したと27日付現地紙、サイト […]
  • サンパウロ州内陸部で暴風雨=濁流で車26台流される2020年11月28日 サンパウロ州内陸部で暴風雨=濁流で車26台流される  サンパウロ州内陸部のサンカルロス市で26日午後、雹を伴う猛烈な雨が降り、市中心部の商店街を中心に大きな被害が出たと26、27日付現地サイトが報じた。  午後4時35分から5時40分までの約1時間に降った雨は138ミリに及び、市内の道路が濁流で覆われた。市内各地で車が […]
  • 《ブラジル》ブラックフライデー=コロナ禍でネット通販激増=混雑きらい実店舗ガラガラ2020年11月28日 《ブラジル》ブラックフライデー=コロナ禍でネット通販激増=混雑きらい実店舗ガラガラ  27日の「ブラック・フライデー」の売れ方は、コロナ禍の影響もあり、ネット上が強く、販売店では弱いという傾向が出ていると、27日付現地サイトが報じている。  ブラック・フライデーはここ数年、ブラジルでもクリスマスと並ぶ、年間を通じた小売の稼ぎどきとして定着している。だが、今年 […]
  • 東西南北2020年11月28日 東西南北  29日は市長選の決選投票が行われる。サンパウロ市もコーヴァス氏が勝つか、追い上げるボウロス氏が逆転するかで、目が離せない展開となっている。だが、気になるのは投票場の状況だ。11月に入ってコロナの感染者や死者が再び増えているからだ。選挙高裁は、選挙人証の代わりとなり、投票圏外に […]