ホーム | コラム | 樹海 | 新聞なんて嘘ばかり?

新聞なんて嘘ばかり?

 月曜朝、診察予約があり、7時前から保健所の列に入って待つ間、少しでも情報を仕入れておこうとしてポ語の新聞を開いたら、「嘘ばっかり書いている新聞なんて読む価値がない」と言った婦人がいた▼日曜日にCPTM11号線に乗った時は、労働者党(PT)と連立を組みながら、自分達の権力を増す事ばかり考えているかの民主運動党(PMDB)絡みの記事やルーラ政権時の暫定令471での不正疑惑の記事を横から覗き込み、文句を言ってきた男性もいた▼最近のジウマ政権やPTに反対するデモなども含め、国民の間に政界への不満がくすぶっているのを感じるやり取りが2日間続き、改めて、為政者の発言や公約、果たすべき責任の重さを痛感した。と同時に「新聞は嘘ばかり」と言わんばかりの件の発言は、日本語ではあれ、新聞社で働く者には少なからず堪えた▼記者や編集者達の目が曇っていれば、目の前の事だけを見て、背後の流れやその意味を見落とし、的外れな記事や時代に逆行するような記事を送り出してしまう可能性も十分ある。選挙時に批判したはずの野党候補の公約に近い政策を現政権が採らざるを得なくなり、社会政策が縮小する様子を「嘘をついた」と見ている人もいるだろう▼猫の目のように変わる情勢に日語新聞まで翻弄された時、購読者から、一貫性がない、意見や視点がぶれているとの批判が出る可能性も否定できない。先の婦人の発言は日語新聞そのものへの批判ではなかったが、診察後は襟を正される思いで保健所を後にした。読者を惑わさないためにも、濁りや偏見のない目で物事を見、判断する力が欲しいと改めて思いつつ、一日が始まった。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 憲法改正したら「人権は守られなくなる」のか?2019年11月19日 憲法改正したら「人権は守られなくなる」のか? ブラジル共和制宣言130周年  この11月15日はブラジル共和制宣言130周年だった。「共和制」とは、君主を持たない政体のことだ。1889年、軍がクーデターを起こして皇帝ペドロ2世を廃位して追い出し、首都リオの議会において共和制が承認・宣言された日だ。  ブラジ […]
  • ボリビアで「眠っていた怪物」が目覚めてしまったか2019年11月15日 ボリビアで「眠っていた怪物」が目覚めてしまったか  10日に起こったエヴォ・モラレス氏を大統領辞任に追い込んだ、ボリビアのただならぬ異様な雰囲気に包まれたプロテストに、コラム子は戦慄を覚えた。ものすごく怖い思いをした▼今回のプロテストは、当初はエヴォ氏に不利なように思えた。それは同氏が、同国の定める憲法の改憲に失敗した […]
  • 良い知らせを伝える者の足は2019年11月14日 良い知らせを伝える者の足は  4日付の伯字サイトで「良い知らせだけ」というサイト(http://www.sonoticiaboa.com.br/)に関する記事を読んだ。ジャーナリスト歴30年で、殺人や汚職などの悪い知らせばかり報じる内に胃を患い、良い知らせだけ流そうと決めた男性の話だ▼「肉体的な問題ではな […]
  • ルーラ釈放は最高裁が悪いのか?2019年11月12日 ルーラ釈放は最高裁が悪いのか?  ブラジル最高裁が7日、「2審有罪で刑執行」派が5対6で「刑執行反対」派に負けた。これを受けてルーラ元大統領が釈放され、世間がざわついている。ムリもない。ところが、グローボTV局はあえて大騒ぎせず、「なにか裏にあるのでは?」とかえって不気味な雰囲気を醸し出している。 […]