ホーム | 日系社会ニュース | サンタクルス病院、初の記念誌=創立77周年で編集刊行=「移民史を次世代に伝える」
記念式典での祝杯の様子(左から3人目が横田パウロ元理事長、右から4人目が石川理事長、右端が大田理事)
記念式典での祝杯の様子(左から3人目が横田パウロ元理事長、右から4人目が石川理事長、右端が大田理事)

サンタクルス病院、初の記念誌=創立77周年で編集刊行=「移民史を次世代に伝える」

 サンタクルス日伯慈善協会(石川ヘナト理事長)は4月29日夜、創立77周年を記念した『サンタクルス病院の歴史』(ポ語版)の出版記念式典を、ブラジル日本移民史料館で開催した。長い歴史を持つ同病院だが、戦時中に連邦政府に接収されて以来、コロニアから経営が離れていた経緯があり、これが初めてのまとまった歴史書となった。

 熊本地震での犠牲者への黙祷に始まり、石川理事長の挨拶の後、呉屋春美文協会長が祝辞をのべ、同病院の前途を祈念して祝杯があげられた。同病院評議会の二宮正人会長や中前隆博在聖総領事も出席した。式典会場は200人以上の関係者で賑わった。
 同病院は、初期移民が熱帯病でバタバタと斃れる中、当時の内山岩太郎在聖総領事をはじめ、昭和天皇の御下賜金が呼び水となり、日本政府機関等の支援を受けて設立された初の日系医療機関だった。42年にブラジル政府に接収され、90年代まで日系社会から経営が離れていた。
 出版発表会の案内のために来社した同病院の太田レオ進理事は、「当院の歴史は移民史そのものだ。次世代のために日系社会の記憶が保存されることが重要だ」と出版への意義を語った。
 出版に向けた端緒となったのは、創立75周年の節目に、同病院の歴史に関する文書が分散しているため、歴史書を編纂してみてはとの理事長意見があったため。理事会にて決議され、約2年の歳月を経て刊行に至った。伯国社会に広く流布させるため本書はポ語版で出版されたが、日本語への翻訳も予定されている。
 同病院は2012年から医療サービス向上のために各プロセスの見直しを行ってきた。日本政府の支援による日本医療機器メーカーの最新機器導入、ブラジルトヨタ社からの支援を受けてトヨタ生産方式導入によるサービス向上を図ってきたという。
 その結果、患者の待ち時間が削減され、病室の使用効率も85%を達成。石川理事長は、設備拡大とサービス向上による収益拡大によって「医療分野における先駆けとして、また日伯を繋ぐ架け橋としての役割を担っていきたい」と今後の展望を語った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • ■尋ね人■藤山昌作さん2019年10月1日 ■尋ね人■藤山昌作さん  宮崎県議会副議長の山下博美氏が、戦後移住者の藤山昌作さんに関する情報提供を呼びかけている。  藤山さんは宮崎県都城(みやこのじょう)市川東出身で、存命なら72歳。1958(昭和33)年10月4日に家族で、「あるぜんちな丸」で渡伯した。  家族構成は、父は翼さん、母は富士子 […]