ホーム | 日系社会ニュース | 旧総領事公邸保護文化財に=イジエノポリス区=聖総領事館売却の方向で検討

旧総領事公邸保護文化財に=イジエノポリス区=聖総領事館売却の方向で検討

6月15日(水)

 サンパウロ市イジエノポリス区にある旧サンパウロ総領事公邸がサンパウロ市の保護文化財に指定されたことが明らかになった。十日付けのサンパウロ市官報で公示されたもので、十一日のエスタード紙が伝えている。
 旧公邸を含む地域の文化財指定については九四年から、サンパウロ市の文化財保護審議会(Conpresp)で検討が続けられてきた。総領事館では「弁護士を通じて確認中」としながらも、これまで通り売却の方向で手続きを進める意向だ。
 かつては歴代の総領事が滞在し、日伯両国、日系コロニアの社交の場として賑わった旧総領事公邸。しかし、約二十年前に総領事公邸が現在のモルンビー区に移転してからは未使用の状態が続いている。
 九四年、サンパウロ市の文化財保護審議会(Conpresp)は同建物を含む地域を文化財保護検討地区に指定。以後検討が続けられてきた。これにより建物の保存義務が生じたため、取り壊しや改築ができなくなり、現在にいたっている。
 文化財指定の理由としては、二十世紀初頭の建築様式をとどめる同地域の歴史的、文化的な価値が評価されたため。今回の決定と合わせ、サンタ・セシリア区内ガブリエル・ドス・サントス街の十三の不動産についても文化財指定の検討に入ることも公示された。
 検討開始から決定まで十年以上がかかったことについてエスタード紙は、外国が所有する不動産の文化財指定が可能かどうか議論があったことを伝えている。
 現在、総領事館では警備員などを置いて旧公邸の維持、管理を行っている。売却を検討しているが、その見通しは立っていない。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》コパ・アメリカでセレソンが3連勝=後半終盤にコロンビアを逆転2021年6月25日 《ブラジル》コパ・アメリカでセレソンが3連勝=後半終盤にコロンビアを逆転  23日、サッカーのコパ・アメリカでブラジル代表(セレソン)対コロンビアの一戦が行われ、後半終盤に試合をひっくり返し、2―1で勝利したセレソンが3連勝を飾った。24日付現地紙が報じている。  リオ市のニウトン・サントス・スタジアムで行われたこの1戦、先制したのはコロン […]
  • 東西南北2021年6月22日 東西南北  20日のサッカーの全国選手権。サンパウロはサントスにボール占有率で勝りながら、0―2で敗戦。5試合終わって3敗2分の18位と苦しんでいる。今季はここまで意外な展開で、上位3チームをアトレチコ・パラナエンセ、フォルタレーザ、ブラガンチーノといった伏兵が占めている。強豪たちもそろ […]
  • 【日本移民の日2021年】歓喜を味わい、過去を振り返る時=ブラジル都道府県人会連合会 会長 市川利雄2021年6月22日 【日本移民の日2021年】歓喜を味わい、過去を振り返る時=ブラジル都道府県人会連合会 会長 市川利雄  ブラジル日本移民113周年記念は歓喜を味わい、過去を振り返る時ではないでしょうか! 「歓喜を味わうとは」――日本移民の経済、農業、園芸、果実、セラード開発、料理、各分野で活躍する有能な人材、さらに、その歴史の継承などはブラジル社会に認められ、高く評価されています。 「振り […]
  • 【日本移民の日2021年】「日本移民の日」に寄せて=在サンパウロ日本国総領事 桑名良輔2021年6月19日 【日本移民の日2021年】「日本移民の日」に寄せて=在サンパウロ日本国総領事 桑名良輔  6月18日「日本移民の日」を迎えるにあたり、皆様にご挨拶を申し上げます。1908年に笠戸丸がサントス港に到着してから今年で113年となります。  昨年8月に着任した私にとっては今回が初めての移民の日となります。先日、サンパウロにあるブラジル日本移民史料館を訪問し、レ […]
  • 【日本移民の日2021年】日本移民113周年記念日に寄せて=サンパウロ日伯援護協会 会長 税田 パウロ 清七2021年6月19日 【日本移民の日2021年】日本移民113周年記念日に寄せて=サンパウロ日伯援護協会 会長 税田 パウロ 清七  1908年(明治41年)6月18日、笠戸丸に乗った最初の日本移民781人がサントス港に上陸して113年の歳月が流れました。そして今や、ブラジル日系社会は200万人を擁する大きなコミュニティーに発展いたしました。先達の皆様方の幾多のご労苦とご功績に対し、深甚なる感謝の念と敬意を […]