ホーム | コラム | 樹海 | テーメル政権発足後にもっと政局混乱する可能性も

テーメル政権発足後にもっと政局混乱する可能性も

1日、聖市で中央統一労組(CUT)主催の「労働者の日」集会に参加したジウマ大統領(Foto: Roberto Parizotti/CUT)

1日、聖市で中央統一労組(CUT)主催の「労働者の日」集会に参加したジウマ大統領(Foto: Roberto Parizotti/CUT)

 11日頃に上院で弾劾法廷設置が決定されたら、ジウマ大統領は「180日間の職務停止」となり、同法廷裁判長には最高裁長官が就任する。そしてテーメル暫定政権が発足するが、政局が安定するとは限らない情勢だ。FHCは「党利にこだわっている場合ではない。国家的混迷を救うために、テーメルを〃救国政権〃にすべき」とPSDB全体が大同団結するようカツを入れた▼新政権が順当に続かない場合としては、大きく分けて次の2つの選択肢がある。(1)「18年の国政選挙を前倒しして10月に総選挙」、(2)選挙高等裁判所(TSE)で審議中の「ジウマ=テーメルのシャッパ無効化判決による大統領選挙のみのやり直し」だ▼一つ目は、暫定令などを使って大統領任期を今回だけ2年に短縮し、10月の地方選挙の時に一緒に国政選挙をやるとの案だ。テーメル暫定政権が誕生しても、「選挙で選ばれた大統領ではない」という弱みがあり、国民の支持がどの程度得られるのか不安な部分が強い▼PTなどが大統領選挙やり直し案を温めている裏には、人気のないテーメルでは選挙で当選するのは難しいし、PSDBも現状ではルーラに敵う候補はいないと選挙情勢を分析しているからだろう。この14年間に渡って政権中枢の内部工作に精通したPTだけに、〃あらゆる手段〃を講じるに違いない▼実際この1日に、ジウマはボウサ・ファミリアの9%増額を発表した。これは「テーメル暫定政権が増額を検討」との情報が出たのを受け、先週急きょ出てきた。「財源がない」と渋るバルボーザ財相を説き伏せて発表したとの報道だ。PT最大の票田である北伯や北東伯の支持を固めるような〃最高の選挙対策〃とも考えられ、次の選挙をにらんでいる匂いがする▼この「前倒し総選挙」案は理想的だが、現実的にはかなり難しい。あの連邦議員たちが自分の任期を短縮することに同意してまで、国家の混乱収拾を最優先するとは考えにくい。それにこのやり方は本来、議院内閣制だ。「国民投票を経ずに、憲法修正暫定令(PEC)で前倒し総選挙を実施することは憲法違反ではないか」という点が最高裁によって審議される必要がある▼ただし、この発想の根底にある「選挙を経なくては現在の政治混乱は収まらない」という発想は良く分かる。大統領は弾劾の瀬戸際だし、副大統領もシャッパ無効の審議中、下院議長と上院議長はそろってペトロロン疑惑にある。国家の権力中枢がそろって〃疑惑の黒い霧〃の中にあるという異例中の異例の事態だ。「ゼロから選びなおす」のも選択肢に入って当然だろう▼とはいえ、二つ目の選択肢の可能性が最も高いとの声もある。選挙高等裁判所での「シャッパ無効化」審議にはラヴァ・ジャット作戦の捜査内容が含まれるとの判断が下されたからだ。昨年末からの大統領罷免の難しいプロセスを経て、ようやく新政権ができたと思ったら、それも無効に…。今以上に政局が流動化する最悪の事態だ▼4月5日付仏エル・パイス紙記事によれば《この無効化判決が年末までに出れば、大統領選やり直しになるが、TESの判決が17年以降だと、連邦議会内の間接選挙になる》とある。前者ならPT政権が返り咲く可能性があり、後者ならテーメル政権の後継がPMDBの別の誰かによって立てられる可能性が大だ。まったく状勢が読めない。この政治混乱を見れば見るほど、五輪で浮かれている場合ではない―と思わざるをえない。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 世界的企業JBSが政界裏幕を暴露=今度はテメル大統領に爆弾炸裂=ブラジリアは改革放って右往左往=聖市在住 橘 馨2017年5月23日 世界的企業JBSが政界裏幕を暴露=今度はテメル大統領に爆弾炸裂=ブラジリアは改革放って右往左往=聖市在住 橘 馨  5月に入って気候も良くなり、経済の面でも明るさが見えて来た。何ともパッとしないブラジルもこれで良い方に進むのかと期待していたら、おっとどっこい、行政の中心部に爆弾炸裂です。それで先週後半から大統領府の業務はストップ、政界の偉い先生方も右に走り左にあたりで、大混乱となっ […]
  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 《ブラジル》追い詰められたテメル大統領は何をしでかすか―2017年5月30日 《ブラジル》追い詰められたテメル大統領は何をしでかすか―  「テメルの次は誰か」―が首都の主要な話題になっているようだ。来週火曜日、6月6日に始まる選挙高裁(TSE)のジウマ/テメルのシャッパ審議の判決が「数日以内」に出る可能性がある。今のところテメル本人が辞任する雰囲気は薄い。ここでシャッパ無効判決が出ることが、最短時間で政 […]
  • 《ブラジル》ジウマ/テメル裁判延期が意味することは?2017年4月7日 《ブラジル》ジウマ/テメル裁判延期が意味することは?  「ジウマ/テメルのシャッパ」(以後、D/T組)選挙違反裁判の開始が4日、無期限延長となった。これを巡って「テメル大統領の失格判断の可能性が遠のいた」との見方が強まっている。「急いで裁判が進めばテメルにとって不利」、もしくは「裁判が遅れればテメルは任期を全うしやすくなる […]
  • ラファエラの金メダルは日本の勝利でもある2016年8月13日 ラファエラの金メダルは日本の勝利でもある  《黒人女性、貧困、リオ五輪初の金メダル、ブラジルの顔》―スペイン「エル・パイス」紙ポ語版10日付電子版はそう報じた。柔道家ラファエラ・シルヴァの金メダルは伯国のものだが、実は日本の〃勝利〃でもある。日本の日本人にも心から喜んでほしい▼彼女はリオ市郊外の巨大貧民街「シダーデ・デ […]