ホーム | 日系社会ニュース | 「百歳以上は連絡を」=総領事館が調査、表彰

「百歳以上は連絡を」=総領事館が調査、表彰

 在聖総領事館が百歳以上の長寿者表彰を行うにあたり、当地に住む百歳以上の邦人高齢者調査を実施する。敬老の日を記念し催行するもの。既に表彰を受けた人でも百歳以上の高齢者の有無につき、継続して調査を行うため連絡を受け付けている。締め切りは今月31日まで。
 同総領事管轄地域内(聖、麻、南麻、ミナス・ジェライス州三角ミナス地域)に居住する、1917(大正6)年3月31日以前に出生した日本国籍者が対象となる。なお、同管轄区域外の人は最寄りの在外公館に連絡とのこと。
 対象者は総務班へ事前に連絡し、後日必要な書類をメール、ファックス、郵便、または同館に直接提出する。
 必要書類は次の通り▼身分証明書(外国人登録証RNE)またはパスポートのコピー▼現住所及び郵便送付先が確認できる書類▼該当者の家族等の名前、住所、電話番号、メールなどの連絡先▼戸籍謄本または氏名を漢字で書いた書類等のコピー(パスポートのコピーも可)
 提出先は次の通り▼宛名=在サンパウロ日本国総領事館総務班Consulado Geral do Japão em São Paulo – Setor de Assuntos Políticos▼住所=Av. Paulista, 854, 3o. andar, Bela Vista, São Paulo, SP, CEP 01310-913▼電話=11・3254・0100▼FAX=11・3254・0100▼メール=cgjnb2@sp.mofa.go.jp

image_print

こちらの記事もどうぞ