ホーム | 文芸 | 連載小説 | 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎 | 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(3)

自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(3)

 その頃、進駐軍の車は皆な「ガソリン車」で有った様だ。太郎の田舎の車は、いや、日本全国では木炭車が殆どの時代だった。将来は日本も「ガソリン車の時代」が早急に来ると信じられて居たのである。大阪に行くと言っても今時の社員とは雲泥の差があった。仕事は「丁稚奉公」並みなのであった。見習い修業は想像を絶する努力と辛抱を要する重労働であった。
 太郎の兄は四、五年も辛抱すれば、我が町で最新型自動車修理工場が開けると大きな夢に胸ふくらましながら大阪へと旅立っていった。その兄は修業に勇んで出掛けて行った。が、しかしこれが彼には最悪の人生に繋がるとは、当時、誰一人思う者はいなかった。
 その後、彼は寝食を忘れ、仕事に没頭して行く。その結果、宿舎に戻らず、工場内の車の中で寝る日が続いた。その結果、当時は不可解な「揮発油性骨軟症」という難病にかかり、大学病院で三年間の闘病生活後、二十三歳で他界した。ただただ冥福を祈るのみの千年家であった。
 これも我が家の貧乏ゆえと、太郎は断腸の思いがした。世の中の戦争を忌み嫌う人生となって行く太郎少年、十五歳多感な働き者となって行く。十六歳で久留米市内の駄菓子屋に奉公に出されるが、ここは将来性なしと一年後に呼び戻される。
 次は地元醤油工場で働く事となるが、こちらは、体格が今一つ低く、体力的に不適格で、こちらも一年足らずでお暇となった。こうなれば親戚筋の建築家に頼み込み、大工見習いになるほかなく、こちらは「兄弟、弟子」もおり、身のこなしもまあまあとあって、太郎は仕事に精を出す。しかしこれまた厳しい修業で有る。朝五時からの朝食作りは新弟子の仕事だ。夕食は一番最後、風呂に至っては「兄弟子達」の後。「仕舞湯」とは一回沸かしたお風呂で数人、それもたくましい兄弟子達の汗だらけのぬるま湯である。
 日本の弟子入り修業とは、口では表現できない程、独特の上下関係があり、上司が山と言ったら山は山、川と言ったら川なのである。決して反論は許されない。それが当たり前の世界なのでありました。だが大工仕事自体は太郎に向いているようで、伸び伸びと動き廻る身軽さで、木材を担いで棟木の上をスイスイと歩く。どうやら大工仕事は太郎の性根にあっている様である。師匠兄弟子にも可愛がられ、メキメキと上達。十九歳で免許皆伝、めでたく一人前の職人となる。
 昭和二十九年の九州を襲った台風では筑後川が氾濫、大暴れ死者が出る家は流される。田畑は表土が流され、石ころだけの荒れ地となった。太郎は大自然の脅威をまざまざと体験。これ以外にも日本列島の自然災害には、日ごろから人間の無力さ感じていた。それ以外にも、太郎は色々余り触れたくない人知れず思い出の痛みを背負ってもいる様だ。
 今日まで育ててくれた家族に感謝と親に報いる孝行は常に忘れてはいなかった。今日まで言わず語らずとも、いかなる少年期を過ごして来たか、想像出来るのである。それにつけても、彼の持って生まれた性分であろう。辛い過去は微塵も口にすることはなかった。
 むしろその事が、彼の前向き志向となり、世の中の悲哀不幸を善意に導く人生、人情となり、常に明るい千年家代々の家風に反映されておる様だ。そして月日は流れ、昭和三十年(一九五五年)頃の日本は戦後復興も徐々に進み、「上向きの兆し」が見えてきたころ、太郎は二十歳を迎えていた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》自動車業界にも時代の波=古豪3社のシェアが激減2017年5月23日 《ブラジル》自動車業界にも時代の波=古豪3社のシェアが激減  ブラジルの自動車製造業界では07年以降、景気後退による売上激減や消費者の趣向の変化が起きており、古豪3社のシェアも激減したと22日付現地紙が報じた。  競合するメーカー出現と大衆車の需要減少は、スポーツタイプの車を愛好する消費者が増えた事などとも相まって、業界再編を促した。 […]
  • 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(2)2016年5月14日 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(2)  母親がめずらしく涙しながら大きくなったお腹を撫でながら、諭していたあの言葉は、太郎が生涯忘れられない「母の言葉」と成りました。「上の二人の兄ちゃんは、もう兵隊にゃいかんで良かけん、外で働いて貰う。太ちゃんはまだ十歳ばってん、母ぁちゃんのお手伝いをして呉れんネ。そして、よそんも […]
  • リオ=女性州議の自動車に銃弾4発=昨年末に暗殺を予告される2019年1月15日 リオ=女性州議の自動車に銃弾4発=昨年末に暗殺を予告される  13日午前、リオ州議で元リオ州市警司令官のマルタ・ロシャ氏(民主労働党・PDT)を乗せた自動車が4発の銃撃を浴びる事件が起きた。防弾車だったこともあり、死者は出なかったが、殺害未遂が疑われている。14日付現地紙が報じている。  この銃撃で、マルタ氏の運転手のジェオニジオ・メ […]
  • 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(66)2018年10月24日 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(66)  福岡県の炭鉱で働いていたことなど問わず語りに分かり、だが何故降格されたのか、佐世保で別れるまで打ち明けなかった。  復員後二年近く文通し、以前の炭鉱で働いていると小まめに身辺を知らせてくれていたが、いつしか文通は絶えた。私にとって彼は実に不思議な人物で、いまだに忘れ得ない。 […]
  • 《サンパウロ市》4人の少年が銃撃戦死?=自動車泥棒後に追跡受け2018年10月10日 《サンパウロ市》4人の少年が銃撃戦死?=自動車泥棒後に追跡受け  6日、サンパウロ市で10代の少年4人が軍警と銃撃戦を行い、死亡したとされる事件が起きたが、目撃者らは、少年たちは投降したのに銃殺されたと証言していると9日付現地紙が報じている。  事件発生は6日午後7時40分頃、サンパウロ市西部のジャグアレー区で、警官が盗難届の出ていた黒の […]