ホーム | コラム | 樹海 | 18日は青少年に対する性犯罪撲滅の日

18日は青少年に対する性犯罪撲滅の日

 「伯国は女性の天国」―。20歳で伯国に来た主人は当時、こんな言葉を聞いた。だが、この言葉を額面通り受け取ってはならない事を思い出させるのが、家庭内暴力や性犯罪の報道だ▼夫から暴行を受けていた上、銃撃で下半身不随となった女性の名前を冠したマリア・ダ・ペーニャ法は、家庭内暴力や性差故に生じる事件防止のための法律だ▼一方、1973年5月18日に起きた8歳女児の誘拐、殺害事件を悼み、青少年に対する性犯罪撲滅を呼びかける日も制定された。この女児は誘拐後に薬物を飲まされ、強姦された上、遺体を焼き捨てられた。それまでは常に兄と同じ学校に通っていたのに、父親の職場に近い所に引越したため、別々の学校にバス通学するようになって数カ月後、悲劇が起きた▼5月24日に発見された女児の焼死体は数カ月後、DNA鑑定で本人だと確認された。目に入れても痛くないほどかわいがっていた娘が、いつまでたっても帰らない。それだけで気も狂わんばかりの思いをするのに、強姦、殺人、更には遺体に放火という非道な扱いを受けたのだから、遺族の悲しみの深さは推して知るべしだ▼昨年5月27日にはピアウイ州で少女4人が集団強姦の後、手首を切る、目を潰すなどの暴行を受け、高さ10メートルの崖から投げ落とされるという事件も起きた。被害者の1人は入院先の病院で死亡。加害者の成人1人と少年4人の内、少年1人は少年院で殺された。被害者や遺族、加害者本人や家族も皆、複雑な思いで1周年を迎える。73年の被害者の兄の「妹の事を思い出さぬ日はない」との言葉を読み、同様の思いをする人が起きぬよう、改めて願わされた。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • アラス氏の連邦検察庁長官就任は民主主義の後退?2019年9月17日 アラス氏の連邦検察庁長官就任は民主主義の後退?  世界的にも珍しい「ブラジル式民主主義」を象徴する慣習を無視――ボウソナロ大統領が5日、次期連邦検察庁特捜局(PGR)長官(日本式に言えば「検事総長」)に、3人リスト(lista […]
  • 伯国激動の時代を風刺した映画「バクラウ」2019年9月13日 伯国激動の時代を風刺した映画「バクラウ」  「激動の時代にこそ、芸術は生まれる」。そのようなことは昔から言われる。たしかに「為政者からの圧力が強かったがゆえに生まれた芸術」の例は古今東西、枚挙に暇が無いが、現在、公開中の映画で、伯国史上、初のカンヌ映画祭受賞作(審査員特別賞)となった「バクラウ」は、まさにそんな […]
  • 9・11と黄色い9月2019年9月12日 9・11と黄色い9月  11日朝、「米国の同時多発テロ事件から18年」との報道が続いた。時の流れの速さに驚くと共に、余りにも鮮明に記憶に残る事件の一つだと痛感する。飛行機が相次いでビルに突っ込み、爆発的な火災が発生。多くの死者は遺体さえ発見されていないし、近接ビルの屋上から多くの骨片回収との報道もあ […]
  • 移民の経験を評価し直すありがたい国際学会2019年9月10日 移民の経験を評価し直すありがたい国際学会  「日系人にとって郷土料理とは何か」、「日系人にとって郷土とは何か」、「現在日本における『日本文化?』の流動性」、「言葉とアイデンティティの関係を過度に重視する問題」――などなど、気になるキーワードがたくさん専門家から語られた興味深い国際学会が4~6日に、聖市のジャパン […]