ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | 大統領罷免=8月決着を目論む暫定政権=〃脛の傷〃痛まぬ内の幕引き=先延ばしを図るPTサイド
罷免審議進行の鍵を握る2人、上院特別委員会のリラ委員長(右)とアナスタジア報告官(左)(Geraldo Magela/Agencia Senado)
罷免審議進行の鍵を握る2人、上院特別委員会のリラ委員長(右)とアナスタジア報告官(左)(Geraldo Magela/Agencia Senado)

大統領罷免=8月決着を目論む暫定政権=〃脛の傷〃痛まぬ内の幕引き=先延ばしを図るPTサイド

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ