ホーム | コラム | 樹海 | 喉元過ぎれば熱さを忘れる?

喉元過ぎれば熱さを忘れる?

 1日付の新聞やサイトが、サンパウロ州水道公社はこの4月、水の使用量が昨年の平均を上回った消費者から6410万レの罰金を徴収したと報じた。節水者へのボーナス(料金割引)や罰金は4月で終わったが、割引が3340万レだったのに対し、9割増しの罰金だ▼実際には、罰金がボーナスを上回る状態は、割引や罰金適用のための基準となる平均使用量が計算し直された2月から続いている。1~4月に徴収された罰金は2億2470万レで、ボーナスの1億8740万レよりはるかに大きい。1~4月の罰金額は、昨年中に徴収された総額の45%に達しているという▼2年間節水してきた後でもボーナスを適用してもらえる消費者は、決して多くないはずだ。水危機に伴う節水努力もそろそろ限界だった上、節水に節水を重ねた消費者でもそれなりに雨が降っているからと気を許したとか、季節的な要因で一時的に平均を超える事は想像に難くない▼もちろん、水危機が言われ始めた頃、「雨が降り始めたらどんどん水を使う」と言っていた人もいたから、降水量が増えたから「これまでのように水不足を気にせず使っていいんだ」と考えた人もいただろう。5月からは罰金もなくなるから節水、節水と騒ぐ必要はないと思う人もいるはずだ▼だが、新しい貯水池や汚水を再利用するための浄化施設等が出来ない限り、人口が増え続けている地域の水不足は解消されない。少雨、干ばつ以前も水不足が起きる可能性は指摘されていたのだから、州政府や水道公社の事前対策の欠如が水危機をさらに深刻化させたとも言えるが、雨水の再利用や節電などの工夫で水がめを擁護する姿勢は続けるべきでは。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 樹海拡大版=給付金集めて「日伯200周年基金」にしたら?2020年6月23日 樹海拡大版=給付金集めて「日伯200周年基金」にしたら?  少し気が早い話だが、もしも在外邦人にも給付金10万円が出た場合、その使い道について提案したいことがある。  共同通信は10日付で《『在外邦人に10万円給付検討/政府、自民の意見考慮』  政府は10日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた緊急経済対策としている1人1 […]
  • 自己陶酔の革命家ごっこ2020年6月19日 自己陶酔の革命家ごっこ 「300・ド・ブラジル」の主宰者、サラ・ウインター容疑者が逮捕された。彼女のことはブラジルの一般メディアが大きく取り扱う前から本コラムで「大統領府前で武装して立てこもっている危ない集団がいる」として紹介したが、それから約1カ月後の逮捕となった。  コラム子からすると、 […]
  • 現場の人達は必死なのに…2020年6月18日 現場の人達は必死なのに…  ジョアン・ドリアサンパウロ州知事が、ブタンタン研究所と中国企業が予防接種ワクチンの治療検査(治検)と生産で提携と発表した。  コロナ禍は「予防接種か特効薬が出来るまで終わらない」とされ、開発プロジェクトは130以上あるが、開発には治験が不可欠だ。ブラジルではイギリス […]
  • 記者コラム「樹海」=外出自粛でも2週間で抗体所持率50%増の現実2020年6月16日 記者コラム「樹海」=外出自粛でも2週間で抗体所持率50%増の現実 「時間を稼げば良いのだ、と少し気が楽になりました」との読者の声  先週の記者コラム「樹海」《これからが危ない感染ピーク/でも年末にはコロナフリー?!》を読んだアマゾナス州マナウス市在住の読者からメールで、《この感染爆発中の中で、時折気がくじけそうにもなるのですが、科学 […]