ホーム | コラム | 樹海 | 〃神〃のようなブラジル最高裁

〃神〃のようなブラジル最高裁

リカルド・レヴァンドウスキー最高裁長官(Foto: Carlos Humberto/SCO/STF)

リカルド・レヴァンドウスキー最高裁長官(Foto: Carlos Humberto/SCO/STF)

 日本の最高裁は単なる「司法のトップ」だが、ブラジルの最高裁は大統領の上に君臨し、〃民主主義の守護神〃、もしくは〃生き神さま〃に近い存在ではないかと、時々思わされる▼ラヴァ・ジャット作戦(LJ)などの汚職捜査で、大統領や大臣を含めた連邦議員を裁くのは最高裁。司法取引証言(報奨付供述)を承認し、司法機密を知っているのは最高裁や連邦検察庁の周辺だけ。マスコミに漏えいしているのも〃その周辺〃だろう▼つまり、どんな爆弾証言がどんなタイミングでマスコミに出てくるかは〃その周辺〃の思わく次第…。漏えい自体が司法やそれに結託したマスコミから問題にされたことは一度もないという経緯から、「意図的だ」としか思えない▼先ごろもトランスペトロ社のセルジオ・マッシャード元総裁の司法取引証言の盗聴記録が暴露されて、LJ作戦をひそかに妨害しようとしていた現役大臣2人が辞任した。「新政権発足自体は良いし、さっさと経済立て直しをすべきだが、LJを妨害する芽は早々に摘むよ」―という〃神の意思表示〃に見えなくもない▼今週、伯国最大手建設会社の元社長、マルセロ・オデブレヒト被告が「司法取引証言に向けた交渉に前進」との報道があった。政治家らが恐れに恐れていた事態が起きるかもしれない。その証言には300人もの政治家名が列記されている。いずれ、折りをみて暴露されるだろう▼先に暴露されたマッシャード元総裁の盗聴記録によれば、サルネイ元大統領は、オデブレヒト被告が司法取引証言に応じたら「100口径の機関砲並だよ」とその威力の凄さを苦々しく表現していた。最も一般的な重機関銃M2が50口径だから、その2倍(実在するか?)の機関〃砲〃がバリバリと火を吹いたら、政治家はなすすべもなくバタバタとなぎ倒されるということか▼とはいえ、現在の司法至上主義的な有り方が手放しに素晴らしいかといえば、それはそれで極端だ。どこか危険な匂いすらする。この2日、それを象徴する出来事が2件起きた。一つ目は、上院のジウマ大統領罷免特別委員会で審議日程短縮化が審議された件だ。8月末までという当初の予定から、7月末までに大幅に前倒しされる方向に。最終判断はリカルド・レヴァンドウスキー最高裁長官に委ねられた。大統領代行の周辺としては、五輪前に罷免を完了させたいだろう▼二つ目は、下院議会で連邦公務員の大幅な給与調整が可決され、上院に回された件だ。先ごろ1700億レアルもの巨額財政赤字を承認し、「財布のひもを締める」とメイレーレス財相が発表した矢先に、この先4年間で580億レから1千億レもの大幅支出増が議会で承認され、テーメルも承認を喜ぶコメントを出した。明らかに財相の敗北であり、チグハグだ▼でも政治評論家のケネディ・アレンカール氏は2日朝のラジオで「この〃爆弾法案〃に関して最も強く圧力をかけていた一人はレヴァンドウスキー長官」との内幕を指摘した。最高裁判事の給与が調整されれば、シャワー効果で連邦、州、市の公務員もそれに倣って調整される。つまりLJをけん引する最高裁、連邦検察庁、連邦警察も利益を享受する▼首に縄をつけられた300人の政治家らは司法界に強く出られない。その状況の中で、現体制は給与調整を承認する代わりに、ジウマ罷免を早く終わらせる審議を通す水面下の交渉をしたのか―と勘ぐってしまうタイミングだ。上院にしても、ジウマ罷免を直接審議するだけに、弾劾法廷を司る最高裁長官の意に反して、給与調整法案を葬り去るのは難しいだろう▼現行憲法で、大統領罷免より難しいのは、最高裁判事の罷免―という識者もいる。司法界トップである以上、同僚判事が裁くことになるからだ。今回の給与調整が、万が一にも〃司法暴走の兆し〃でないことを切に祈りたい。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 大統領「息子を優遇して何が悪い?」には幻滅2019年7月23日 大統領「息子を優遇して何が悪い?」には幻滅  大統領には、本当にいい加減にしてほしい。まだ下院の社会保障改革案承認の2回目が控えており、いわば詰めの段階だ。本来なら今こそが政権の最重要課題の正念場、一番大事な時だ。それなのに大統領は、開いた口が塞がらないような発言を各方面に連発して、世間を呆れさせ、重要案件への集 […]
  • なぜCOAFの所属をめぐって激論になるのか?2019年5月28日 なぜCOAFの所属をめぐって激論になるのか?  ボウソナロは連邦議会で負け続けている。一番象徴的なのが金融活動管理審議会(COAF)の所属に関する票決だ。  モロ法相が「汚職撲滅のために法務省に絶対に必要」と希望しているのを尊重して、現状のままにする動きが与党側から何度出されても、ことごとくセントロン(中道議員に […]
  • 「樹海」拡大版=何が〃救世主〃ボウソナロを生んだのか?=国民が持つ既成大政党に対する絶望感、PT政権復活への恐怖、大不況による経済的切迫感2018年10月9日 「樹海」拡大版=何が〃救世主〃ボウソナロを生んだのか?=国民が持つ既成大政党に対する絶望感、PT政権復活への恐怖、大不況による経済的切迫感  「絶望感から来る救世主願望」――ボウソナロ(PSL)が大統領選の一次投票で46%を獲得、ダントツ1位になった勝因を一言で表せば、そうなるのではないか。これは「既成大政党への絶望感」「相互嫌悪の連鎖」「PT復権への恐怖」「長引く戦後最悪不況への経済的な切迫感」などが背景 […]
  • 「樹海」拡大版=大統領選の候補陣営を隔てる〃バカの壁〃2018年10月2日 「樹海」拡大版=大統領選の候補陣営を隔てる〃バカの壁〃  「人間同士が理解しあうというのは根本的には不可能である。理解できない相手を、人は互いにバカだと思う」――ベストセラー『バカの壁』(2003年、養老孟司著、新潮社)には、そう書かれている。帯には「『話せば分かる』なんて大ウソ!」、広告には「バカの壁は誰にでもある」という […]