ホーム | コラム | オーリャ! | パウリスタ・スポーツ賞貰うと五輪に近づく?

パウリスタ・スポーツ賞貰うと五輪に近づく?

 創設から早60年―。体育振興を願って始まったパウリスタ・スポーツ賞がまた一つ節目を迎えた。たかがコロニア表彰とあなどるなかれ。後のブラジル代表も輩出するなど歴史には重みがある。
 合併した98年以降だけを見ても、仲尾次オスカル投手や大相撲の魁聖といった現役選手から、五輪柔道初の金メダリスト、アウレリオ・ミゲルサンパウロ市議などそうそうたる顔ぶれだ。
 さらに驚くべきは、リオ五輪出場が確定している日系選手14人中、実に5人が既に表彰されていること。今年9月には野球世界大会WBCの予選も始まる。東京五輪には野球、ソフトも種目に加わるだろうから、活躍の場がさらに増えそうだ。
 「自分も日系社会の一員だ」。表彰を機に、受賞者はそんな自我が芽生えるのではないか。彼らには世界一を決める舞台で、日系という自覚を胸に戦ってほしい。(祐)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 柔道の真髄に学んだブラジル人2016年7月21日 柔道の真髄に学んだブラジル人  著名な柔道家マックス・トロンビニ氏は、映画「A Grande […]
  • コラム オーリャ!2014年2月14日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2014年2月14日  連載「リオ五輪で期待のブラジル柔道」で多くの方々に取材した中でも、10年間の無給期間含め35年以上に渡って貧困層への柔道指導に奉じる松尾三久さん(第6回)の話が印象に残った。  教室を続けるため、家族に大きな犠牲を強いてきたという。「妻は […]
  • ブラジル五輪委員会=ヌズマン会長が辞表提出=逮捕で遂に長期政権終焉2017年10月14日 ブラジル五輪委員会=ヌズマン会長が辞表提出=逮捕で遂に長期政権終焉  【既報関連】アンフェアプレー作戦第2弾で5日に逮捕されたカルロス・アルトゥール・ヌズマン・ブラジル五輪委員会会長が、11日に辞表を提出し、22年間務めた委員長職を去った。12日付現地紙が報じている。  辞表は、11日に開かれた委員会の会議中に読み上げられた。委員たちは既に、 […]
  • ピンドラーマ=10月号2017年10月6日 ピンドラーマ=10月号  コジロー出版社のブラジル情報誌『ピンドラーマ』10月号が発刊された。  「ブラジル凸透鏡(とつレンズ)」は、リオ五輪に難民チームとして参加したコンゴ人柔道家、ポポレ・ミサンガの生い立ちを綴る。9歳の時に村を焼き払われ、母親が殺され、兄とも生き別れに・・。その後柔道と出会い、 […]
  • 東西南北2017年9月5日 東西南北  2日、サンパウロ市ブリガデイロ・ルイス・アントニオ大通りを走行中のバスの中で女性の恥部に触った上、逃げようとした女性を捕まえて性器を押し付け、自慰行為を行ったとして、ジエゴ・ノヴァイス容疑者(27)が逮捕された。同容疑者がバスの中で同様の犯罪を繰り返したのは少なくとも17回目 […]