ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 厳しい審査が行われたお手玉品評会。梟や人形など可愛らしいお手玉が並ぶなか、最も重視されたのは、大きさや重さなどの実用性だ。特別賞を受賞した2作品は、それに加え、精密な裁縫技術や、なんとも言えない色合いなど繊細なセンスが目立った。日本祭りでは高齢者広場にて受賞作品が展示されるほか、お手玉を使った与那覇さんによるワークショップも行われる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2018年7月26日 大耳小耳  6月2日付けに本面で紹介した「デカセギから日本文化伝道師に=大人気ユーチューバー夫妻=移民110周年の記念動画製作」のユーチューバー、Pritさん、Lohgannさん夫妻が伯国に来ている。2人は県連日本祭りで撮影したほか、ファンとも会っていた様子。200万人以上が視聴するYo […]
  • 大耳小耳2018年6月29日 大耳小耳  日伯文化連盟(アリアンサ、大城幸雄理事長)が同ピニェイロス文化センター(Rua Deputado Lacerda Franco, […]
  • 大耳小耳2018年7月19日 大耳小耳  今回初めて日本祭りにブースを設置するサンリオは「ハローキティ」などのキャラクターで有名なグッズ企画・販売会社。国民的漫画「モニカ」とコラボレーションするなど、ブラジルでも人気を高めている。日本では「ご当地キティ」という、ハローキティが日本各地の文化や名産品に関係する姿をしたキ […]
  • 大耳小耳2017年5月13日 大耳小耳  10日、「埼玉県出身者の集まり」があると聞いて、同県出身の耳子も足を運んだ。出席者は駐在員や、現地採用社員など20~40代が10人ほど。呼びかけ人はブラジル日本商工会議所に勤める吉田章則さん。「今年は埼玉からの移民100周年の節目。日系社会と一緒に何かできないかと模索している […]
  • 大耳小耳2018年4月19日 大耳小耳  聖州パウリスタ線の中心都市にあるマリリア日系文化体育協会(シミズ・ケンイチ会長)が主催する「第16回ジャパン・フェスチ」が、19、20、21、22日の4日間、同協会(Av. Benedito Alves Delfino, […]