ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2014年2月12日

 元日本代表選手のラモス瑠偉が、今年から日本のプロサッカーリーグ2部の「FC岐阜」監督に就任した。新シーズンのチーム標語を日伯両語の「共進共闘! BOLA PRA FRENTE GIFU!」としたことを発表したとスポニチアネックスが報じている。それに加え、2002、06年のW杯2大会に出場した元日本代表選手の三都主アレサンドロも加入し、ブラジル色を強める同チーム。直近の3年は最下位、または下から2番目が定位置となっているだけにブラジルパワーでの大躍進に期待!

     ◎

 昨年ブラジルをおそったデモの波。政府と無関係の一般の商業施設まで破壊するはた迷惑な行為も目立ったが、「ランゲツ・オブ・トーキョー」の関係者によれば、「デモのせいで客が外出しなくなって飲食業界は大損だった」。同店のあるレボウサス大通りはデモコースだったため、「日本からお客様が来ている時に催涙弾が庭に飛んできたこともあった」とか。現在は雷に伴う停電など脆弱な都市インフラが悩みの種という。当地レストランの〃戦い〃は、他店との味の比較以上に、実は人災との〃勝負〃が大変なようだ。

     ◎

 昨年に創立60周年を迎えた全国珠算教育連盟(本部・京都)は3月末、約1千人を集め記念式典を行う。当地からは斉藤会長が招かれ、伯国以外にも発祥地の中国、台湾、米国、ハワイ、メキシコなどから関係者が来日するという。諸外国でもそろばんの普及が行われている様子だが、現在最も盛んなのが、意外にもオセアニアのトンガだとか。国王がそろばんをえらく気に入り、公立小学校の授業でも正式採用されているという。日本では現在、小学3、4年生で3~5時間程度が必修だとか。もしかするとトンガの学童の方が、日本よりもそろばん力は高いかも。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2014年3月28日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年3月28日  川目武彦弁護士によれば「日本の弁護士は今ひっ迫している」。というのも、産業界の要請で法科大学を増やした所、弁護士の数が増えすぎたせいとか。そうでなくても外国人支援に踏みこむ人は少ないのだから、司法サービスから疎外されがちな在日ブラジル人を […]
  • 大耳小耳2014年3月22日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年3月22日  サンタカタリーナ州のラーモス移住地が誇る和梨が、東洋街の食材店にも並び始めた。ひょうたんマークのついたRAMOSと書かれた箱に入っていれば間違いない。このところ暑かったせいか、今年の和梨はとても甘味が強く、いつにも増して爽やかな風味がある […]
  • 大耳小耳2014年3月20日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年3月20日 リベルダーデ歩こう会のサントス旧街道ツアーに参加したアラブ系二世のソニア・ジビさん。亡夫とともに、ルス公園など各地に支部を発足させてきたラジオ体操協会の重鎮だ。「なぜかアラブ系より、日系社会とのつながりが濃い」という彼女は、同会のツアーにも […]
  • 大耳小耳2014年1月25日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年1月25日  コシノジュンコさんが企画した「かたつむりアート」。在東京ブラジルのマルコ・ファラニ総領事の依頼で、群馬大泉町のブラジル学校の子どもたちも参加することに。「ポルトガル語も話せない子どもたちだが、絵だけでも里帰りをさせたい」との思いがあったと […]
  • 大耳小耳2014年1月14日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年1月14日  聖市杯で、外国勢初の決勝トーナメント進出を決めた柏レイソルの若手チーム。コーチらがチームの様子を報告する「アカデミースタッフブログ」によれば、選手たちは11日にグループリーグで戦ったサンパウロFCと練習試合(45分1本)を行い、2対0で勝 […]